バナナパックの効果と作り方♪髪に使うと美髪になれる?!

公開日: 

バナナパック

食べても栄養価が高いバナナですが、それをパックにしたものがとても効果的なんだとか。

ちょっと魅力的ですがそれって一体どんな効果があるんでしょうね?

バナナパックの作り方とその効果についてちょっと調べてみましょう♪

スポンサードリンク

バナナパックの効果とは?

栄養価が高く、食べても美容やダイエット効果があるとされるバナナですが、そんなバナナを使って作ったバナナパックにはいったいどんな効果があるのでしょう?

バナナには、ビタミンB群、ビタミンC、ポリフェノール、オリゴ糖、食物繊維、カリウム、マグネシウムと美肌効果のある成分が豊富に含まれてるので、それを使ったパックもさぞかし効果的なことでしょう♪

バナナがもたらす美肌効果とは…

・むくみ改善
・肌に潤いやハリを与える他、美白効果
・肌のターンオーバー
・シミやシワの防止
・ニキビや吹き出物の改善

などがあります。

バナナは「天然の美肌サプリ」とも呼ばれるほど美容効果がタップリなので、食べるだけでなくパックにして顔に塗るたけでも効果が得られます。

また、手作りのバナナパックは化学添加物を一切含まないので、自然由来100%ということになります。
そのため肌の弱い人でも安心して使えますよ。

バナナパックの作り方は?

バナナパックの作り方は至って簡単で、
バナナ3分の1をフォークの背でつぶし、適量の小麦粉を入れてペースト状にするだけです。
ちょっと固すぎるときはお水を加えてちょっとだけゆるくします。

それを顔にのせて15~20分置くだけでOK♪
その後はぬるま湯で洗い流し、化粧水などでお肌を整えれば完成です。

また、バナナパックに少し加えるだけで
より良い効果が得られるものは…

スポンサードリンク

・ハチミツ
大さじ1を加えるだけで効果てきめん!
ビタミンB群を多く含んでいるので肌荒れに効果があり、保湿力にも優れた効果を発揮します。

・無糖ヨーグルト(ハチミツ併用も可)
大さじ1を加えるだけでOK!
保湿や美白効果、シミやそばかすを薄くする効果、ニキビ予防、毛穴引き締めに効果があります。

より良い美容効果を得るために、これらをバナナにプラスすると良いですね。

髪の毛にバナナパックをすると美髪に?!

バナナの効果はお肌だけではありません。
実は髪の毛にも効果があるんですよ。

髪の痛み具合や原因は人それぞれですが、痛んだ髪に潤いを取り戻し、元のサラサラヘアーに戻すためにもバナナパックはとても有効です。

美髪効果のあるバナナパックの作り方
そして使用方法は…

半分に切ったバナナに水50ml、ハチミツ小さじ2、マヨネーズ、オリーブオイル、ココナッツオイル、ホホバオイルを4分の1カップ用意し、これらをミキサーに入れて混ぜれば完成です。

出来上がったバナナパックを髪の根元から毛先までまんべんなく塗り、その後15分程置いてから洗い流します。
そしてトリートメントをした後、普段通りシャンプーをするだけです。

バナナに含まれるビタミンB2やB6には、傷んで乾燥している髪のキューティクルを補修して髪に輝きを取り戻す働きがあります。
ハチミツやマヨネーズには乾燥している髪に潤いを与える効果があるんです。
それらの相乗効果で美髪が期待できるんですね。

市販のトリートメントには化学成分が含まれているものが多いので、気になるという人はバナナを使えば自然成分のみなので安心して使えます。
また、美容院に通うことを思えばかなりリーズナブルに美髪効果が期待できるので、経済的にも優しいのがバナナパックです。

まとめ

バナナは食べるだけでなくパックにしてもたくさんの効果がある事が分かりましたね。
天然成分でリーズナブルなのもとても嬉しいです♪

食べても良し!パックにしても良し!のバナナ効果をぜひ実感してみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑