二重あごはどうしてなるのか?解消法は?簡単ダイエット法は?

公開日: 

二重あご

ふと鏡を見たとき…

ガ━(゚д゚;)━ン!!
自分の顔が二重あごになっているのを見つけると本当にショックを受けます。。

ちょっと食べ過ぎたかなぁ…

老化現象?!

など色々考えてしまいますが、二重あごの原因はいったい何なのかを調べてみることにしました。

また、即効性のある二重あご解消法を知っていれば、いざという時に役立ちますので頭に置いておきましょうね!

スポンサードリンク

二重あごになってしまう原因は?

太っている人だけじゃなく、痩せている人でも二重あごの人はいます。
そう考えるとただ太っているからという理由だけで二重あごになる訳ではなさそうです。

二重あごの原因として考えられるのは…

・表情筋の衰え
顔には20種類以上もの表情筋がありますが、その表情筋が衰えることで二重あごになってしまいます。
最近は表情豊かな人が減っているせいか、表情筋を使わないために顔の筋肉が衰えている人も少なくありません。
それも二重あごの原因になっているんです。

・咀嚼数の減少
最近は硬いものをあまり食べずに柔らかいものばかりを好んで食べる人が増えていますよね。
咀嚼の回数(噛む回数)が減ってしまったことが二重あごの原因になっています。

・姿勢の悪さ
姿勢が悪く猫背の人や、自分に合っていない枕で寝ていると二重あごの原因になります。

・呼吸法
口呼吸をしていると鼻とその周辺の筋肉が落ちて重力でたるんできます。
それが二重あごの原因になります。

・脂肪のつき過ぎ
肥満気味の人は身体に脂肪が多く付きますが、もちろんあごやその周辺にも脂肪が付きます。
それが重力で下がって二重あごの原因になってしまいます。

自分が二重あごかどうかを確認するには、壁に頭と背中を付けて下を向いてみて、あごの下の肉が盛り上がっているのが確認できると…
それは二重あごの証拠です。

一度確認してみて下さい。

即効性のある二重あご解消法は?

二重あごになるだけでだいぶ太って見えてしまいますよね。

そんな二重あごを解消できる即効性のある解消法は…

スポンサードリンク

・簡単エクササイズ
顔を真っ直ぐ上げ、舌を上に上げて5~10秒その状態をキープします。
その後、舌を右に、舌を左にと同じ動作を繰り返し、最後に舌を時計回りに3周、半時計周りに3周まわすだけでOK。
これを毎日、朝晩繰り返し行うだけで二重あごはすぐに解消されます。

・リンパマッサージ
右手で右の頬を支え、左の親指を左のあごの下に置き、その指を左の耳の下まで滑らすように移動させます。
耳たぶの後ろでその指をキープした後、指を真下に下ろします。
これを右側も同じように行い、5セットを1回として朝晩2回行います。

・ガムを噛む
ガムを噛むことで、普段柔らかいものばかり食べて咀嚼回数が減少しているのを増やします。
ガムを口に入れ、右側で20回噛み、次は左側で20回噛みます。
回数が多ければ多いほど良いという訳ではなく、あまり噛み過ぎると筋肉の使いすぎで今度はエラがはってきますので気をつけましょう。

などなど、色々方法があります。
これらは普段の生活の中で手軽に行えて、また即効性がある二重あご解消法なので、ぜひ実行してみて下さい。

二重あごの人の為の簡単ダイエット法

二重あご解消は、食事制限や運動したりといった通常のダイエットではなかなか効果が得られません。

二重あごを解消するにはどうすれば良いのかというと…

・食事の時によく噛むようにする
たくさん噛むことで衰えた筋肉を鍛える事ができる他、よく噛んで食事をする事で満腹中枢が刺激されて、少ない食事量でもお腹が満たされるようになります。

・顔のむくみを解消する
顔にむくみがあると余計に二重あごに見えてしまうので、顔全体のマッサージをしてむくみを解消させます。
顔のマッサージをすることで血行が良くなって顔色も良く見えるので一石二鳥です。

・普段の姿勢を良くする
オフィスワークの人はどうしても猫背になりがちですが、普段から姿勢に気をつけて生活するだけで二重あごの解消ダイエットに繋がります。

このような二重あごダイエット法を試しつつも、適度な運動をするなどして身体全体の脂肪燃焼を心がけるのは言うまでもありません。

まとめ

二重あごの原因はただ太っているということだけではありません。

痩せていたとしても、日常生活の中には二重あごになってしまう原因はいくつもあるので、気をつけていないと気が付いた時にはもう二重あごになっているかもしれませんよ?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑