育毛剤の成分と効果について。正しい使い方は?副作用はあるの?

公開日: 

育毛剤,薄毛

薄毛に悩んでいる人は、男性に限らず女性にも多いと思います。

薄毛の悩みでよく使用されのが育毛剤ですが、その効果は実際のところどうなのでしょう?

育毛剤の正しい使い方や副作用について解説します。

スポンサードリンク

育毛剤の成分とその効果について。

育毛剤と似て異なものとして養毛剤や発毛剤があります。

それぞれ効果や特徴は…

・育毛剤
フケやかゆみを抑え脱毛を予防して髪の毛の育成を促します。

・養毛剤
頭皮や髪の毛に栄養成分を補給して健やかな状態にします。

・発毛剤
毛を生やす事が第一の目的です。

これらは薬事法により医薬品と医薬部外品に分類されています。
育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品、養毛剤は化粧品という分類です。

化粧品は主に美容目的で、医薬部外品は副作用が少なく優しい作用、医薬品は病気の治療や予防を目的としています。

効き目もそれぞれに違い、医薬品が最も効果がありますが、それに伴い副作用も少なくありません。

そんな中、中間に位置する育毛剤には
どのような成分が含まれているのかというと…

・医学的に立証されている育毛効果の成分
育毛剤は医薬品ではありませんが、育毛の成果が医学的に認められている成分が含まれています。

・頭皮の血行促進を促す成分
薄毛の原因が頭皮の硬化や、温度が低くて血行不良を起こしている人に効果が認められます。

・毛母細胞を活性化する成分
薄毛の原因が髪にコシがなく薄毛細胞が増加してきた人に効果があり、毛母細胞に働きかけて新陳代謝を高めてくれます。

・男性ホルモンを抑制する成分
薄毛の原因が、遺伝子からきている人や体毛が濃い人に効果があり、男性型脱毛症に効果がある女性ホルモンです。

・皮脂を抑制し、除去する成分
薄毛の原因が、皮脂が多く頭皮がベタついてしまっている人に効果があります。

・フケを抑え髪を育毛する成分
フケを防止し頭皮を清潔にする成分で、発毛に害を及ぼす雑菌の繁殖を抑えます。

などがあります。

育毛剤の正しい使い方は?

育毛剤を使うにしても、どうせならその効果を最大限に引き出したいものです。

どんな使い方をすれば育毛剤の効果をより得られるのかというと…

・夜、ゆっくりと湯船に浸かって温まる
湯船に浸かって身体を温めることで血行が良くなり、育毛剤の成分をより良く吸収することができます。
また、毛穴も開いて頭皮の汚れやフケが落ちやすくなります。

スポンサードリンク

・正しくシャンプーして毛穴の汚れを落とす
爪を立てず指の腹を使って優しく頭皮をマッサージするようにシャンプーします。
頭皮が汚れていると育毛剤の成分を上手く吸収することができません。

・きちんとした方法で髪を乾かす
タオルを使う際にはゴシゴシ擦らずポンポンと叩くように水分を取ります。
ドライヤーは使い過ぎず、ある程度まで乾いた後は自然乾燥するようにします。
どちらの方法で乾かすにしても髪のキューティクルを傷めないことが大切です。

・育毛剤は適量を頭皮に直接付ける
特に薄毛が気になる部分に髪の毛を掻き分け直接育毛剤をつけます。

・頭皮マッサージ
育毛剤をつけた後、育毛剤が頭皮によく浸透するようにマッサージします。
指の腹を使って頭皮を揉み解すようにマッサージし、爪で傷をつけないよに気をつけます。
マッサージで頭皮の血行が促進され育毛効果も期待できます。

これらを順に行います。

育毛剤の使用は夜ではなく朝でも良いのでは?と思うかもしれませんが、夜の方が副交感神経が活発に働くので、その時に育毛剤を使う方がより効果を得られます。

育毛剤には副作用はあるの?

育毛剤は医薬品ではなく医薬部外品に分類されますが、まったく副作用が無いとは言えません。

育毛剤にはどんな副作用があるのかというと…

・肌アレルギー
化学添加物が含まれているものだと肌が拒否反応を起こして、ニキビやふきでもの、痒み、発疹などの症状が起きるケースがあります。
症状が酷いと皮膚が剥けてしまう場合だってあるんです。
どんなものを使うにしても、まずはパッチテストをして拒否反応を起こさないか調べる必要がありますが、天然由来成分などの化学添加物を使っていない育毛剤を選ぶと副作用も軽減できるでしょう。

・服用型は副作用が起きやすい
服用タイプの育毛剤は塗るタイプのものより副作用が強く、酷いと身体に危険が伴う場合があります。
育毛剤を選ぶ場合は塗るタイプのものを選んだ方が無難でしょう。

・フィナステリドが含まれている
これは主に男性に起きる副作用ですが、フィナステリドにはEDに似た男性特有の副作用が起きる場合があります。
できればこの成分が含まれているものは避けた方がよいでしょう。

・ミノキシジルが含まれている
ミノキシジルには動悸、息切れ、眩暈、嘔吐などの副作用の症状が起きる可能性があります。
含有量が少ない育毛剤を選ぶようにしましょう。

上記のことを念頭に、なるべく副作用が起こらない育毛剤を選んで使うようにしたいものです。

まとめ

薄毛の人の強い見方「育毛剤」の効果を存分に得るためには、より良いタイミングで育毛剤を使うことが大切です。
副作用の事も考えて、身体に優しい育毛剤を使うようにしたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑