ポポーって何?どんな効果があるの?食べ方や料理法について

公開日: 

ポポー,ポーポー

幻のフルーツとも呼ばれているポポーについて調べてみることにしましょう。

まだ1度も目にしたことはないのですが、どんな味がするんでしょうね?

また、健康や美容効果と食べ方についても調べてみましょう。

スポンサードリンク

ポポーって何?

ポポーというのは北米を原産とするバンレイシ科の果実で、ポポーと呼ばれていますが実際の名前はポーポーです。

見た目はアケビ、果肉や種は柿に似ています。
長楕円形の形をし実の大きさはバラバラで、表面は薄い緑色をしていて熟してくると黒いシミが出来てきます。
中の果肉は薄いオレンジ色でたくさんの種が入っていて、甘味がとても強くて良い香りがします。

ポポーの樹皮や種子、新葉にはアセトゲニンという殺虫成分がたくさん含まれているので、栽培する時も無農薬で育てることができます。

ポポーは収穫後すぐに熟してしまうので海外から輸入するのが難しく、大量に栽培するのも難しいことから家庭園芸のような小さな範囲での栽培が向いています。
日本でもポポーを栽培しようと、愛媛県の櫛生(くしう)では「日本一のポポーの里」を目指して日々頑張っています。

頑張って作ってはいるもののその数は少なく、市場にあまり出回らないことから、ポポーは「幻のフルーツ」とも呼ばれ、私ももちろん食べたことはありません。
(でも食べた~い♪)

マンゴーとバナナとパイナップルを足して3で割った味とも言われるポポー。
その味を1度は味わってみたいものですね(笑)

ポポーにはどんな効果があるの?

幻のフルーツとも言われるポポーには一体どんな成分が含まれていて、どんな効果があるんでしょうね?

ポポーに一番多く含まれているのがビタミンCです。

ビタミンCには免疫力を高め、老化やガンの原因となる活性酸素を除去する効果があります。

スポンサードリンク

その他、マグネシウムや鉄、カルシウム、カリウム、亜鉛、リンなどのミネラルや食物繊維がポポーには豊富に含まれています。

そんな栄養価の高いポポーですが、肌を綺麗にしてくれる効果があって美容効果も高いとして注目されています。

また、老化やガンの予防にも効果がある他、白血球の免疫を高める効果があることも分かっています。

原産国のカナダやアメリカでは「美容の果物」とも言われるほどその美容効果が高いポポーですが、収穫時期も9月末から10月初めだけで、しかもすぐに熟してしまうため市場にはあまり出回りません。

しかし、ポポーは育てるのは比較的簡単なので、自宅で自分の食べる分だけ栽培するのも良いかも?です♪

ポポーの食べ方や料理法は?

ポポーの食べ方として最も適しているのは、熟したポポーを包丁で半分に切って果肉をスプーンですくって食べるオーソドックスな食べ方。

もしポポーをアレンジして食べるなら…

・スムージー
ポポーの果肉とヨーグルト、氷をミキサーに入れてスムージーにします。

・シャーベット
ポポーの果肉をピューレ状にし、それを凍らしてシャーベットにします。

・ムース
ポポーの果肉と同量の生クリームを立てた後ゼラチンで固めてムースにします。

・ジャム
ポポーの果肉だけを鍋に入れ、火にかけて焦げつかないように5分程混ぜ、それに砂糖とレモン汁を加えて更に5分~8分程混ぜれば出来上がりです。

などなど
アレンジして食べることができます。
でも、やはり生で食べるのが美味しいらしいです。

ポポーはせっかく手に入れてもすぐに熟してしまうので、もしも一度に大量のポポーが手に入るような、私におすそ分けしてください。
ではなく… ジャムなどにしておくと長持ちして良いかもしれません。

まとめ

ポポーは収穫期間が短く、すぐに熟してしまうことから市場にはあまり出回らない(つまりなかなか口に入らない)ことが分かりました。
幻のフルーツとも言われるポポーの味をずひ一度味わってみたいものです(笑)

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑