牛乳の変わりに?!ライスミルクとは?その効果やアレンジ

公開日: 

ライスミルク

最近話題のライスミルクをご存じですか?

ライスミルクとは、その名の通り、お米から作られたミルクのことです。
「日経トレンディ」が発表した2015年ヒット予測ランキング4位にランクインもしています。

そのおかげか、日本でも牛乳・豆乳に続き、第三のミルクとも言われるようになりました。
そんなライスミルクについてご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

牛乳の変わりに?!ライスミルクとは

ライスミルクは、お米から作られる植物性の穀物ミルクです。
欧米では以前からポピュラーな飲み物でしたが、日本ではここ最近スーパー等でも見かけるようになりました。

原料は玄米を使うことが多く、その他に植物油、食塩、水が含まれています。
牛乳や大豆が使われていないため、乳糖不耐症や大豆アレルギーの人も牛乳の代替品として飲むことが出来ます。

ライスミルクは見た目は牛乳や豆乳に似ていますが、牛乳や豆乳に比べて、サラッとしてあっさりしています。
甘酒に似た、ほのかにお米の優しい甘味を感じられます。

栄養面では低カロリー・低脂肪で、コレステロールを含まないので、ダイエット中の女性にも嬉しいですね♪

ライスミルクの効果

ライスミルクの原料はお米ですが、絞って作る豆乳と違い、お米と水分を擦り合わせて作られるため、お米に含まれる栄養素がそのまま含まれています。

お米の主な栄養素は「炭水化物」ですので、効率の良いエネルギー源となります。

また、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富にふくまれているため、栄養たっぷりです。
市販されているライスミルクの中には、カルシウム、ビタミンB、鉄等のビタミンがプラスで添加されている物もあるようです。

スポンサードリンク

さらに、脂質が少なく、コレステロールも含まないため、ヘルシー。
牛乳1杯が134kcalなのに対して、ライスミルクは66kcalしかないので、カロリーを気にする女性でも安心して飲めそうです。

また、原料の玄米は老化防止の抗酸化作用があるビタミンEや、むくみ防止のカリウム、美肌に良い食物繊維も多く含んでいるため、美容面でも嬉しい効果が期待出来そうですね!

ライスミルクのアレンジ

ライスミルクは牛乳や豆乳の代わりに飲むだけでなく、調味料としてお料理にももちろん活用出来ます!
例えば・・・

・パンケーキに使う
パンケーキを作る際に、牛乳の代わりににライスミルクを使うだけ!
お米のほのかな甘みがプラスされて、モチモチとした弾力性のある食感に仕上がります。
表面はお米のおこげのようにパリッとしていてとても美味しくなりますよ。
ライスミルクにほんのり甘みがあるため、お砂糖を少なくしてもヘルシーで美味しくいただけます。

・スムージーに使う
スムージーを作る際に、牛乳や豆乳の代わりにライスミルクを使いましょう。
牛乳や豆乳より炭水化物が取れるため、腹持ちが良いスムージーになり、朝食にピッタリの一品です。

・ホットにして飲む
はちみつとシナモンをライスミルクに入れてレンジで温めるだけ♪
ヘルシーなので、夜寝る前にもオススメです。

・ライスミルクでフレンチトースト
これも牛乳の代わりにライスミルクを使用するだけです。
牛乳で作るよりもしっとりモッチリとした仕上がりになり、新しい味わいですよ!

まとめ

最近ではライスミルクを取り扱うスーパーも増えてきましたし、ネットでも簡単に購入できるようになりました。
牛乳や豆乳が苦手という人やアレルギーのある人は、ぜひライスミルクを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑