ルイボスティーとは?ルイボスティーの味や効果や選び方

公開日: 

ルイボスティー

「ルイボスティー」というお茶をご存じですか?

何となく名前は知っていてもその中身については知らない…
と言う人も多いのではないでしょうか?

最近は健康茶として日本でも「ルイボスティー」愛飲者が増えていて、「奇跡のお茶」や「不老長寿の秘薬」とも呼ばれているんですよ。

ここでは、健康を気にする方や美容が気になる女性にオススメの「ルイボスティー」についてご紹介します。

スポンサードリンク

ルイボスティーとは

では、ルイボスティーとはどのようなお茶なのでしょうか?

ルイボスティーとは、南アフリカで生まれた飲み物です。
南アフリカの先住民族により「不老長寿の秘薬」として、古来より飲み継がれてきました。
ルイボスティーという言葉は、現地の意味で「赤いやぶの奇跡」と言う意味だそうです。

ルイボスティーの茶葉は、低木で針葉樹の一種です。
その葉を乾燥させて作られますが、この植物は広大なアフリカ大陸の中でも、南アフリカの南の端にあるセダルバーヅ地方でしか栽培することが出来ません。
ごく限られた地域にしか成長しない貴重な原料なんですね。

また、南アフリカは鉱物産出国として知られています。
ルイボスは、南アフリカの大地に10mもの長い根を伸ばし、鉱物のミネラルを吸収し、茶葉に蓄えて成長します。

ルイボスティーは、1905年頃から世界各国で優れた健康・美容茶として親しまれるようになりました。
ただ、日本に入ってきたのは数十年前なので、割と最近の事なんですね。

茶葉の製法は酵素発酵の工程を含む「発酵茶」で作られています。
紅茶やウーロン茶と製法が似ています。

ルイボスティーを煎じると、紅茶を濃く出したときの色に似ていて、とても鮮やかな色合いになります。
渋みや苦味、甘みも無く、ミント程ではないもののスーッとした香りがします。
紅茶や緑茶の様にクセが無く、飲みやすいお茶です。

また、ルイボスティーの良いところは、赤ちゃんからお年寄りまで 家族皆で安心して飲める点です。
ノンカフェインなので 一歳未満の赤ちゃんにミルクと混ぜて飲ませても大丈夫ですし、妊婦さんでもOKです。

最近はパックされていて簡単に煮出すだけの商品が多いので、パックを水に入れて沸かし、20~30分沸騰させるだけで簡単に飲むことが出来ます。
また、アイスでもホットでも美味しく飲めるので、季節やシーンに合わせて楽しめますよ。

ルイボスティーの効果

では、ルイボスティーには、身体にどんな嬉しい効果があるのでしょうか?

スポンサードリンク

・抗酸化作用
ルイボスティーといえば、抗酸化作用が有名です。
老化の原因とされている「活性酸素」を除去できる「酵素」がタップリと含まれている事が分かっています。

ルイボスティーを飲むことで、痛み・腫れ・発熱といった一般的な炎症反応や、花粉症や喘息などのアレルギーの症状の改善にも良いとされています。

また、活性酸素は、しわ、しみ、そばかす、抜け毛、ほうれい線や吹き出物などの原因にもなるため、女性の美容の天敵でもあります。
これらの活性酸素にもルイボスティーは有効であると言われています。

・身体に必要な栄養素がたっぷり
ルイボスティーには、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、ミネラルもバランスよく含まれています。
美味しい上に栄養があるなんて嬉しいですよね!

・不妊・妊活の女性にも
ルイボスティーは、体内の生殖器の老化を促進する、活性酸素を除去してくれる効果があります。
ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体へサポートしてくれるため、妊活中の女性にも人気があります。
もちろん、ノンカフェインなので、最近は妊娠中の女性にも多く飲まれています。

・代謝の改善
体の代謝を促進したり、脂肪の燃焼や皮膚の再生化にも効果があります。
また便秘気味の人は便通の改善も助けてくれるため、ダイエット効果も期待できちゃいますよ。

ルイボスティーの選び方

ルイボスティーは、最近はネット通販でも手軽に購入出来る様になりましたが、種類がありすぎてどれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

実は、ルイボスティーの茶葉には3つの「ランク」があります。
上からスーパーグレード、チョイスグレード、スタンダードグレードの3段階。

これは、ルイボスティーの茶葉に含まれる、SOD(活性酸素分解酵素)含有量によってランクが決まります。

スーパーグレードにはSODが1グラム当たり110,000unit以上も含まれています。
ランクが下がるにつれてSODの含有量が下がっていきます。
ルイボスティーの、より高い効果を狙うなら、SODが多い茶葉を選びましょう。

さらに重要なのが、茶葉の鮮度です。

茶葉を輸入してから半年、1年と時間が経つにつれて、栄養成分が減っていきます。
輸入時期などが記載されている業者さんから買うことで、より新鮮な茶葉でルイボスティーの効果を高めることが出来ます。

まとめ

ルイボスティーは、メーカーによっても甘味があったり苦味が強かったり味が若干異なるので、最初は色々飲み比べてみて、自分のお気に入りの茶葉を見つけるのがオススメです。

身体にも良く、味的にも美味しいルイボスティー。
ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑