淡路島そうめんの歴史。鯛そうめんって?淡路島ぬーどるとは?

公開日: 

淡路島そうめん

淡路島のそうめんの歴史はとても古く、淡路島の南の地域でそうめんは作られています。

鯛そうめんや淡路島ぬーどるなどのご当地グルメも大人気!
そんな淡路島の麺事情についてまとめてみることにしましょう。

スポンサードリンク

淡路島のそうめんの歴史について。

淡路の手延べそうめんはとても歴史が古く、伝統ある手延べそうめんですが、現在ではそうめんを作る人が減ってしまい「幻のそうめん」とも呼ばれています。

淡路島で手延べ素麺が作られたのは1830年~1843年の天保年間で、淡路島の福良出身の「渡七平」が、伊勢詣の帰りにそうめん発祥の地「三輪の里」を通った際にそうめん作りに魅了されたのが始まり。

渡七平はその後2年ほどその地に残って製法を学び、それを地元に持ち帰ったのが淡路そうめんの始まりです。

そうめん作りは漁師の副業として始まりました。
淡路島は年間降水量が少なく温暖な気候で、特に南あわじ市は冬場に冷たい季節風が吹く事からそうめん作りにとても適している土地です。
当初は130世帯もの人がそうめんを製造していましたが、残念ながら現在ではその数も17世帯へと減少してしまっています。

しかし、現在でもそうめんを製造している世帯では、昔ながらの製法を守り、一つ一つ時間をかけ手作業でそうめんを作っています。

近年は機械化が進み、そうめんを製造しているところの多くは機械で製造しているのですが、淡路島では昔ながらの手作りのそうめんにこだわっています。
その努力の甲斐あって、淡路島そうめんは高級料亭で使用されるなど高い評価を受け、品質の良さから一部のそうめんマニアからとても愛されると共に珍重されています。

淡路の手延べそうめんは、知る人ぞ知る「幻のそうめん」なので、機会があれば食べてみて下さい♪

淡路島の鯛そうめんって?

淡路の手延べそうめんを使った「鯛そうめん」が美味しいと話題になっています。

淡路島では淡路島産の鯛とそうめんを使った「鯛そうめん」を郷土料理として提供しています。

鯛そうめんはお祝いの時に食べる郷土料理で、鯛からとったダシの中に丸ごと揚げた鯛と淡路の手延べそうめんを入れたとっても豪快な麺料理です。
鯛の旨味が存分に味わえるとっても美味しい料理なんですよ。

淡路島で鯛そうめんが食べられるところは…

・あわぢ阿呍(あわぢあうん)
鯛そうめんの他にもハモやフグなど、淡路島のグルメを満喫できるお店です。
 
住  所:兵庫県南あわじ市福良甲1528-25
電  話:0799-52-1514
営業時間:17:30~22:00(要予約)
定 休 日:水曜日、年末年始

・やぶ萬
料理のコースに鯛そうめんが含まれています。

スポンサードリンク

住  所:兵庫県南あわじ市福良乙4
電  話:0799-52-0017
営業時間:11:00~15:00 17:00~要相談
定 休 日:不定休

・阿那賀
ホテルアナガのB1Fのお店で食べることができます。
 
住  所:兵庫県南あわじ市阿那賀ホテルアナガB1F
電  話:0799-39-1111
営業時間:朝7:00~10:00 昼11:30~14:00 夜17:30~21:00
 
鯛そうめんは上記のお店で提供しています。
鯛そうめんはどこのお店でも食べられる訳ではないので、調べて予約するなどしてから行くことをお勧めします。

淡路島ぬーどるって?

淡路島ぬーどるとは、淡路島のご当地グルメとして開発された麺料理で、2009年9月に洲本商工会議所の御食国(みけつくに)プロジェクト実行委員会の人たちが企画したものです。

淡路島ぬーどるは、淡路島の福良地区の製麺業者が開発したオリジナルの麺と玉ねぎを使って作るというのがルールで、淡路島内の飲食店では趣向をこらしたオリジナルの淡路島ぬーどるを競って販売しています。

淡路島ぬーどるの麺は淡路島の手延べそうめんとはまた違い、長さ38cm、太さ2mmで、普通のそうめんの2倍もの長さがあります。

そんな淡路島ぬーどるが食べられるお店を一部紹介すると…

【淡路市】

・創作料理 鼓や
住  所:兵庫県淡路市多賀1119-52
電  話:0799-85-0167
営業時間:12:00~15:00 17:00~22:00
定 休 日:木曜日

・淡路島の玉子料理 キッチンたまご亭
住  所:兵庫県淡路市志筑新島10-51
電  話:0799-62-6252
営業時間:11:30~15:30 17:00~21:00
定 休 日:火曜日

【洲本市】

・淡路ごちそう館 御食国(みけつくに)
住  所:兵庫県洲本市塩屋1-1-8
電  話:0799-26-1133
営業時間:11:30~14:30 17:00~21:00
定 休 日:第2・3水曜日

・ビストロ
住  所:兵庫県洲本市本町1-7-9
電  話:0799-23-1915
営業時間:16:30~0:00
定 休 日:火曜日

【南あわじ市】

・展望レストラン うずの丘
住  所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3(大鳴門記念館内)
電  話:0799-52-2888
営業時間:9:00~16:00
定 休 日:無休

・サンライズ淡路
住  所:兵庫県南あわじ市広田広田1466-1
電  話:0799-45-1411
営業時間:11:00~14:00 18:00~21:00
定 休 日:無休

などがあります。

淡路島ぬーどるを取り扱っているお店は淡路島の上から下までいくつかあり、それぞれのお店でアレンジ方法が違うので色んなものが楽しめます♪

そうめんよりも太くて長い淡路島ぬーどるもなかなか良いものです^^

まとめ

淡路島のそうめんは絶品だと言われる所以は、一つ一つ丁寧に手作りで作られているからでしょう。

淡路島のそうめんを使って作った鯛そうめんや、アレンジして作った淡路島ぬーどるを一度は食べてみてほしいものです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑