母の日にお義母さんや彼氏のお母さんに喜ばれるプレゼント!

公開日: 

母の日

実の母親に贈る「母の日のプレゼント」と違って、お義母さんや彼氏のお母さんに贈る「母の日のプレゼント」選びは、ちょっと勝手が違います。

カタチだけというなら定番のカーネーションになってしまうのでしょうが、それではあまりにもありきたり過ぎて喜んでもらえるのかどうかも分かりません。
(まぁ表面上は「ありがとう」と言ってはくれるのでしょうが…)

でもどうせ贈るなら、心から喜んでもらえるプレゼントを選びたいものですよね?

また、お義母さんとはまだ呼べない「彼氏のお母さん」へのプレゼントなら、将来のことも考えて、ここはポイントを稼いでおきたいところ。
だって、将来「義理のお母さん」になるかもしれない人なのだから、現状の「息子の彼女」というイメージから、「息子の将来のお嫁さん」にイメチェンできるかもしれませんからね♪

まぁ、そんな打算は置いておいて、お義母さんや彼氏のお母さんに心から喜んでもらえるプレゼントってどんなものだろう…? を考えていきましょう。

本当に喜ぶ顔を見るために、Let’s Go!!

スポンサードリンク

母の日のプレゼントはやっぱりカーネーションなの?

母の日は、毎年5月の第2日曜日で、プレゼントとしてはカーネーションを贈るのが定番になっています。
でも、母の日にカーネーションではあまりにも定番すぎてありきたりだと思いませんか?

もらった方も「ありがとう」の言葉とは裏腹に、心の中では「やっぱりカーネーションなのね…」と、形式的なプレゼントと捉えるかもしれません。

だったらそんなありきたりなプレゼントではなく、もっと本音で喜んでもらえる、そんなプレゼントを考えてみたいものです。
特に、自分の母親ではなく、お義母さんや彼氏のお母さんに対するプレゼントなのでなおさらです。

母の日に義母や彼氏のお母さんに喜ばれるプレゼント

カーネーション等のお花以外の「母の日のプレゼント」として、よく雑貨や小物、服飾品も選ばれます。
でも、これらはもらった人の趣味に合うかどうかという問題があるので案外難しいものです。
なんといっても、ただ贈ればいいや、というわけにはいきませんからね。

だったら、ここは食べ物にしてみませんか?
食べ物といっても、普段はあまり食べられないような高級で極上のスイーツなどです。

もちろん、食べ物だって好みはありますが、スイーツが嫌いな人はそうそういません。
だから、お義母さんや彼氏のお母さんに贈るプレゼントとしてはなかなかピッタリなのではないでしょう?

スポンサードリンク

食べ物を選ぶ際は、賞味期限が今日明日といった短い「生もの」より、日常のティータイムにちょっといただけるような、小分けになった常温保存可能なものがよいでしょう。
量はそうたくさんは要らないので、ちょっとお値段は張っても、見た目も味も良い、インパクトがあるものが好印象です。

ただ、事前にお義母さんや彼氏のお母さんに糖尿病といった持病がないことをだんな様や彼氏に確認しておきましょうね。
甘いものを食べてはいけない病気をお持ちだと、かえって困らせてしまいますから。

また、どうせなら、だんな様や彼氏と一緒にプレゼントを選んでみるのも手です。

だんな様や彼氏なら、実の母親のわけだから、好みを把握している可能性もありますよね?
ただ、ある程度の年齢になれば好みも変わるし、離れて暮らしていたりすると必ずしも好みを把握しているというわけでもないでしょうが、実の息子と息子の嫁(将来の嫁)が選んだプレゼントを喜ばない母親もいませんから、だんな様や彼氏と一緒に選んでみるのも方法としてはアリですね♪

また、その際、デパートや高給な老舗、人気のパティスリーで選ぶのもいいですが、二人で一緒にネットで検索して選ぶのもいいと思います。
ネットだと、なにしろ豊富な品揃えというか、本当に様々な魅力ある商品が揃っています。
二人で母親(義母)の喜ぶ顔を思い受べながら探してみるのも素敵だと思いませんか?

プレゼントにはできるだけ言葉を添えて

お義母さんや彼氏のお母さんに喜んでもらえそうなプレゼンが見つかったら、できればカードなどに何か一言でもいいので言葉を添えて渡しましょう。

ある統計によると、世のお母さん方がもらって嬉しいものの一番は、カーネーションでも食べ物でも洋服でもなく、手紙だそうです。
渡す相手が実の母親ではないだけに、手紙というのもなかなか難しいでしょうから、ここは気の利いたカードにほんの一言でもいいので何か言葉を添えましょう。
それだけでもずいぶんとプレゼントの価値が上がり、より印象深く相手の心に刻まれ、喜んでくれる度合も深まるはずです。

母の日 感謝

まとめ

母の日は、毎年カーネーションの価格が高騰するそうです。
それだけ世間一般的に、母の日のプレゼントはカーネーションということなのでしょう。

だけど、母の日があたかも儀式のようにプレゼントが形骸化しないよう、あなたらしさをきらりと演出できれば最高のプレゼントになります。

今度の母の日には、お義母さんの素敵な笑顔が見られるよう、プレゼント選びもまた心を込めてあなたらしさを表現してみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑