アイテープで憧れのぱっちり二重に!使い方と注意点

公開日: 

アイテープ

二重メイクに欠かせないアイテム、アイテープ。
一重さん、奥二重さんの心強い味方ですよね。

でも、使い方は案外難しく、店頭には種類もたくさん並んでいて、「どれをどう使ったらいいの?」とお困りの方も多いでしょう。
そこで今回は、アイテープの種類と使い方について詳しくご紹介いたします。

スポンサードリンク

こんなにある!アイテープの種類

一言でアイテープといっても、実は種類がたくさんあります。

まずは接着面の違い別にご紹介します。

・片面接着タイプ
接着面が片面のみのタイプです。
二重のラインを作りたい部分に貼ることで、目を開けると貼った部分が瞼に織り込まれる仕組みです。
まぶた同士をくっつけないので自然な二重を作りたい方におすすめです。
ただし、厚い一重には向いていません。

・両面接着タイプ
接着面が両面のタイプです。
まぶた同士をを貼り合わせるので片面タイプと比べると強力です。
くっきりとした二重を作りたいかたにおすすめです。
ただし、不自然になりやすいのでコツが必要です。

・布テープタイプ
薄い不織布に接着剤がついているタイプです。
片面接着タイプが多いです。
伸縮性に優れており、ナチュラルな肌色のものが多いので、よりナチュラルに仕上がります。

・ファイバータイプ
細い糸状のものに接着剤がついているタイプです。
透明なものが多く、細いため目立ちにくいのが特徴です。

次に、形の違い別にご紹介します。

・三日月形
まぶたの形にあった形状をしています。
貼り付けるとテープの形がそのまま二重の形になるようになっています。
貼るだけで簡単なので、初心者におすすめの形状です。

・糸形
糸のように細い形状です。
二重にしたいラインの下に貼ることで二重になります。
自分で二重にしたい位置を決められるので、ある程度アイテープになれた人向けの形状です。

ぱっちり二重に!アイテープの使い方

それでは、実際にアイテープを使う際の方法について説明します。

スポンサードリンク

1.まぶたをきれいにする
まぶたに余分な水分や油分がついていると、アイテープの接着力が弱まってしまいます。
アイテープを貼る前に、コットンや綿棒などでまぶたの汚れをきれいに拭き取っておきましょう。

2.二重にしたいラインを決める
付属のスティックなどを使って二重のラインを決めます。
この時、あまり欲張って幅広くしすぎないことが成功のポイントです。

3.アイテープを貼り付ける
2で確認した二重のラインにアイテープの上部のカーブがくるように貼り付けます。
このときファイバータイプなどは余った部分を切り取りましょう。

4.形を整える
スティックなどで形を整えます。
さらに、上からアイシャドウなどのメイクで目立たなくすると完成です。

失敗しないコツは、自分に合った二重幅を見つけることです。
あまり欲張って二重幅を広く取りすぎると、うまく二重になってくれません。
また、ファイバータイプなどはアイプチを併用するのもひとつの手です。

そして、やはり1番大事なのは、何度も練習することです。
自分のまぶたに合ったアイテープを見つけ、貼り方を研究しましょう。
100均のアイテープは安くてクオリティも高く、練習用におすすめです。

アイテープを使用する際の注意点とは?

アイテープは理想の二重を作ってくれる素敵なアイテムですが、瞼の皮膚はとてもデリケートなので、使用する際には注意が必要です。

アイテープには接着剤の成分が含まれているので、それが刺激となり炎症を起こすことがあります。
また、繰り返し使用することで瞼の皮膚がたるんでしまう可能性もあるのです。
使用後、アイテープをはがす際はゆっくり丁寧に、優しくはがすようにしましょう。
クレンジングなどで粘着力をゆるめてからはがすのがおすすめです。

まぶたや目に異常を感じたら使用を中止し、皮膚科や眼科を受診しましょう。
トラブルを避けるためにも、説明書をよく読み、正しい使用を心がけましょうね。
自分に合ったアイテープを探すのも大事です。

まとめ

いかがでしたか?
アイテープにはさまざまな種類があります。
色んな種類のものを試して、自分に合った形状のものを見つけるのが理想の二重への道です。
使いこなせれば、きれいな二重を作れるようになるので、根気よく練習をしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑