幸せ物質 セロトニンって?その効果と増やす方法とは?

公開日: 

幸せ物質 セロトニン

「幸せ物質」と呼ばれるセロトニンという名前を聞いたことはありますか?
実は、私たちの生活に深く関わっている物質なんです。

そんなセロトニンには、どんな効果があるのでしょう…?
幸せ物質といわれるその効果と、セロトニンを効果的に増やす方法をご紹介します。

スポンサードリンク

セロトニンって何?その効果とは?

セロトニンとは、脳内にある神経伝達物質のひとつです。
ほかの脳内物質ノルアドレナリンやドーパミンが精神を興奮させるのに対して、セロトニンは精神を安定させる効果のある物質です。

ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑える働きがあるため、セロトニンがきちんと分泌されていれば大きな精神的なストレスにさらされた場合も、不安や怒りなどの感情を抑え、気持ちを落ち着かせてくれる役割をします。

逆にセロトニンが不足すると、怒りやすくなったり、気分が落ち込みやすくなったりしてしまいます。
さらに、セロトニン不足はうつ病の原因になるともいわれています。

それくらい、精神の安定に欠かせない物質ということです。

スポンサードリンク

また、セロトニンは睡眠にも深く関係がある物質です。
夜になると体内のセロトニンメラトニンという睡眠ホルモンに変化するのですが、メラトニンには寝つきを良くしたり、眠りを深くしたりする作用があります。

セロトニンを増やす食材!

セロトニンの元となる栄養素は、「トリプトファン」という必須アミノ酸の一種です。

トリプトファンが多く含まれる食材として、乳製品(卵、チーズ、ヨーグルト)、大豆食品(豆腐、豆乳)、魚、肉、ナッツ類などがあります。

肉は牛豚鳥の種類は問わないものの、赤身が多い品種および部位に多く含まれ、 魚は赤身白身を問わずトリプトファンを多く摂取できます。

運動してセロトニンを増やそう!

セロトニンを増やすためには、運動も効果的です。
運動によって、セロトニンを伝達する「セロトニン神経」を活性化させることができます。

中でも、リズム運動はセロトニンを増やす効果が大きいといわれています。
リズム運動とは、同じ動きを同じテンポですることをいいます。
例えば、ウォーキングや踏み台昇降、さらにはガムを噛むといったことなども含まれます。

さらに、太陽の光を浴びることもセロトニンを増やすために効果的なので、ウォーキングはセロトニンを増やすにはもってこいの運動といえるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
セロトニンが私たちの健やかな生活に欠かせないものだとわかっていただけたかと思います。
食事や運動など、身近なところからセロトニンを増やす行動を取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑