うさぎ島♪大久野島へ行こう!うさぎとのふれあいを満喫!

公開日: 

うさぎ島,大久野島

大久野島という島をご存知ですか?
とても小さい島でありながら、海外からも観光客が後を絶たない注目の観光スポットです。

人気の秘密の一つは島内にたくさんいるうさぎ♪
うさぎ島という別名を持つこの島の魅力と楽しみ方を、たっぷりご紹介します。

スポンサードリンク

大久野島へのアクセス方法

大久野島は、広島県竹原市忠海町の沖合3kmの瀬戸内海に浮かぶ、周囲約4.3kmの小さな島です。
離島なので、大久野島へ行くにはフェリーを使うことになります。

大久野島には、JR呉線の忠海駅からすぐの忠海港からフェリーで約12分。
忠海港には無料駐車場も用意されているので、車でも行くことができます。

大久野島でうさぎとふれあおう!

大久野島の魅力といえば、なんといってもうさぎです!
かつて島外の小学校で飼われていた8羽のウサギがこの島に持ち込まれて放され、それが野生化し繁殖していったといわれています。
そしてなんと現在では、島全体で700羽ものウサギが生息しているそうですよ♪
ホテル前の広場と港の周りに特に集中して生息しているので、たくさんのうさぎに囲まれたい人はぜひ行ってみてください。

うさぎ島

では、うさぎとふれあうためのポイントをご紹介します。

まず、うさぎとふれあうために必須なのが、エサです。
エサを持っていると、ウサギが次々と寄ってきます。
おすすめのエサは、キャベツやニンジンなどの野菜です。
ペレットのような小さいものより安全にあげることができます。

スポンサードリンク

野菜をもっていく場合は、必ず、うさぎに与えてもよい野菜かどうか調べてからにしましょう。
注意すべきなのが、今は島内ではエサを買うことができないということ。
エサを用意してくるのを忘れたら、忠海港で売っているのでそこで買っておきましょう。

また、うさぎは暑さに弱く、夏は常に日陰などに隠れています。
そのため、大久野島へ行くのは春や秋など涼しい気候のときがおすすめです。

さらに、時間帯にも注目してみましょう。
観光客が多い日中の時間帯には、エサをたくさんもらっているためうさぎの食いつきはあまりよくないことも。
なので、早朝や深夜など、ほかの観光客のいない時間帯を狙うとうさぎたちを独占できるかもしれませんよ♪

宿泊して大久野島を満喫しよう!

大久野島には、宿泊施設はひとつしかありません。
休暇村 大久野島です。
島で唯一の宿泊施設であるこの場所は、宿泊客だけでなく観光客も利用できます。

館内1階には、レストランや喫茶「うさんちゅ」、売店「USANCHU」など、観光客のための施設がこの一か所に集まっています。
レストランでは、タコを使ったメニューや、喫茶「うさんちゅ」ではオリジナル商品「兎人コーヒー」や「ウサギのはなくソフト」、1日限定10食の新ご当地グルメ「竹原いもタコカレー」など、特徴的なメニューが盛り沢山!

この他にも、釣りやレンタサイクリング、テニスコート、キャンプ場もあり、夏には海水浴場やプールもオープンします。
休暇村には瀬戸内海を眺めながらのんびり浸かることのできる温泉もあり、これは宿泊客以外も利用することができます。

〒729-2311
広島県竹原市忠海町大久野島
電話:0846-26-0321

まとめ

大久野島の魅力をお伝えしてきました。
うさぎとふれあえる珍しい島で、あなたも癒されてみてください。
ただし、うさぎとふれあう際のルールはきちんと守ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑