日焼けで皮がむけない方法は?日焼け対策と手作りパック

公開日: 

日焼け

日焼けするのは「夏」って思いがちですが、実は冬でも焼けるし、日焼けは一年中します。
特に紫外線が強い夏場に焼ける印象ですが、紫外線が降り注がない季節はありませんのでいつだって日焼けはするんです。
現に雪山でしょっちゅうスキーしてる人ってけっこう焼けてたりしますよね。

一年中日焼けするなら対策を怠るわけにもいきませんが、どんな日焼け対策が有効なんでしょう。
また、日焼けをすると皮がむけてボロボロになっちゃいますが、日焼けしても皮がむけない方法はあるのかしら?

スポンサードリンク

日焼けしても皮がむけない方法は?

日焼けして皮がむけた経験のある人は少なくないと思いますが、皮をむくのが楽しくて、ついついむいてしまうという人も多いのでは?

日焼けして皮がむけるのは、皮膚の表面の水分が失われて細胞が乾いてしまったからですが、そんな時に無理に皮をむくと、ただでさえ日焼けでダメージを受けたお肌にますます負担をかけることになるので良くありません。
日焼けした後は「まず冷やす」ことが大切で、その後「しっかり保湿」を行うのが基本です。

ところで、日焼けの度合いにもよりますが、いくら日焼けしても皮がむけない人もいれば、ちょっと焼けただけですぐにむける人もいます。
日焼けしても皮がむけないようにする方法はあるので、すぐにむけちゃう人はぜひお試しください。

・日焼け止めを塗る
ありきたりですが、日焼け止めを塗るというのが一番効果的です。
日焼け止めを塗っているのと塗っていないのでは大分違うので、皮がむけやすい人は特にこまめに日焼け止めを塗るようにしましょう。

・保湿
日焼けして皮がむけるのは肌が乾燥してしまった結果。
なので肌が乾燥しないようにクリームを塗ったり水分補給をしたりしてしっかり保湿をします。

・長時間日にあたらない
長時間日にあたると、一気に日焼けして肌の水分が失われていきます。
長時間日にあたるような場合は、たまに日陰に入るなどお肌を休ませる必要があります。
それだけで、お肌が受けるダメージはずいぶんと減らすことができるんです。

日焼け対策について

日焼けはシミやシワの原因になりうるので、できればしたくないものです。
そこで日焼け対策をするわけですが、日焼け止めといったお肌に塗る方法だけでなく、対策のひとつとして「食べ物」があります。
日焼けに効果のある栄養素を含んだ食べ物を積極的に摂ることで内側から日焼け対策を行いましょう。

日焼けに効果のある食べ物は…

・トマト
抗酸化作用があり、肌の老化を抑えてくれるリコピンが含まれています。
リコピンは加熱することでより効果を発揮するので、熱を加える調理法でトマトを食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

・サツマイモ
酸化防止効果のあるオレンジ色素や日焼け対策に効果の高いβカロチンを多く含んでいます。

・ブロッコリー
美白効果が期待できるビタミンCが、レモンの2倍含まれています。
日焼けした肌を修復してくれる効果が期待できます。

・コーヒー
シミに効果のあるポリフェノールが多く含まれていて、その量はワインに含まれるポリフェノールの量に匹敵します。
 
・アーモンド
紫外線から肌を守ってくれるケルセチンや、ビタミンEを多く含んでいます。

・鮭、イクラ
強い抗酸化作用があるアスタキサンチンが含まれています。
シミやシワを防止する効果があります。

・レバー
皮膚や粘膜を頑丈にするビタミンAを多く含んでいます。

・オリーブオイル
肌のターンオーバーを促進するビタミンEを多く含んでいます。

季節を問わず日頃から上記のような食べ物を意識的に摂取することで、体の内側からも日焼け対策を行えます。
また、日焼けのみならず、美容健康にも大変良いので試してみてください。

日焼けに効果のあるパックを手作り

もし、日焼けしてしまったとしてもパックをしてしっかりケアしましょう。
以下に日焼けに効果のある手作りパックをご紹介します。

・紅茶パック
飲んだ後のティーパックを、しっかり絞ってから破いて中身を取り出します。
そこにヨーグルトとハチミツを加え、更に小麦粉を加えてよく混ぜ好みの固さにします。
出来上がったパックを洗顔後の顔に塗り、10分ほどおいてから洗い流します。
肌の火照りを抑える紅茶の効果とメラニンの生成を抑えるヨーグルトの効果が日焼け後のお肌を優しくケアしてくれます。

・ハチミツとアーモンドのパック
スキムミルク、ハチミツ、レモン果汁、アーモンドオイルをよく混ぜ、肌に乗せて10~15分おいてから洗い流します。
肌をつややかにし、日焼けした肌を改善してくれます。

・トマトとライムのパック
トマトをすりおろし、ライム果汁を加えてペースト状にしたものを肌に塗って20分おいてから洗い流します。
これを1日2回行うことで美白効果が期待できます。

・オートミールとトマトのパック
オートミールパウダー、トマト、ヨーグルトを混ぜたものを肌にのせ、20分おいて洗い流します。
日焼けした肌を落ち着かせる他、肌の色を明るくする効果があります。

以上のように、日焼けに効果があるパックは意外と簡単に手作りできます。
材料代も安いし案外楽しいので、ぜひ自分で作って効果を実感してみて下さい。

まとめ

できることなら日焼けはしたくないものですが、強弱の差こそあれ紫外線は一年中降り注いでいるので、何も対処しなければ冬だって日焼けしてしまいます。
一年を通してしっかりと日焼け対策を行い日焼けから肌を守りましょう。
また、もし日焼けしてしまっても手作りのパックで対処できますので、しっかりとケアしたいものですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑