チアシードの効果・効能。妊婦さんや赤ちゃん、ダイエットにも

公開日:  最終更新日:2016/04/17

チアシード

スーパーフードとして注目を集めるチアシード。
その効果や効能についてまとめました。
赤ちゃんや妊婦さん、さらにはダイエットにも効果があると言われる理由も掲載。

スポンサードリンク

チアシードって何?

チアシードというのは、シソ科サルビア属の植物「チア」の種です。
オメガ3脂肪酸を非常に多く含むことから「スーパーフード」と呼ばれ、大変注目されています。

チアシードにはプロテインが20%、油分が32%、食物繊維が25%が含まれ、チアシードから摂れた油にはナトリウムが豊富に含まれています。
なお、毒性の成分は一切含みません。

チアシードが「スーパーフード」と呼ばれる理由は栄養バランスがとても良いからで、体内では生成することができない必須アミノ酸9種類のうち8種類を含み、且つ体内に不足しがちなαリノレン酸やタンパク質をも含んでいることから、別名「奇跡の食物」とも呼ばれています。

また、チアシードは水を吸って膨らむという特徴からダイエットにとても有効だと言われています。
チアシードは水分を含むと種の周りにタピオカのようなゼリー状のものが形成され、元の10倍の大きさにも膨らみます。
そのゼリー状のものはこんにゃくにも含まれるグルコマンナンという成分で、人が消化できない食物繊維です。
つまり、少し食べるだけで満腹感を得られ、それがダイエットにとても効果があると言われる所以です。

チアシードの効果や効能について

チアシード大さじ1杯(58kcal)に含まれる成分は以下の通り。
特にオメガ3脂肪酸は自然界トップと言われています。

・食物繊維4.1g
・オメガ3脂肪酸2.14g
・カルシウム76㎎
・鉄分0.93㎎
・マグネシウム40㎎
・亜鉛0.55g
・タンパク質2g

チアシードを摂取することで得られる効果は以下の通り。

・栄養素の補給
たくさんの栄養素を豊富に含むことからマルチサプリメントとも呼ばれています。
心臓病や糖尿病、ガン予防にも効果が期待できるのだとか。

・デトックス効果
人の体内では消化できないグルコマンナンという食物繊維を多く含むので、腸内環境を整え便秘解消が期待できます。
腸内が綺麗になることで肌の調子も良くなり、活性酸素を除去するオメガ3脂肪酸の効果で美肌効果も期待できるんです。

スポンサードリンク

・記憶力アップ
オメガ3脂肪酸の効果で脳が活性化し記憶力がアップします。
その他、血糖値やコレステロール値を正常にし、憩室炎(けいしつえん)の予防にも役立ちます。

・ダイエット効果
水分を含むと10倍にも膨らむことから、少しの量で満腹感が得られるので、摂取カロリーを減らすことができます。

チアシードが赤ちゃんや妊婦さんに与える影響とは?

チアシードには豊富な栄養素が含まれているので、妊娠中や授乳中のお母さんや赤ちゃん、子供にも効果があると言われています。

特にオメガ3脂肪酸は胎児の脳の発達に大きな関わりがあるとされ、妊娠期間中や母乳にも影響するので、お子さんが生後1ヶ月位までのお母さんは、積極的に摂るようにと推奨されている栄養素です。

このように、チアシードには子供が健康に成長するのに必要な栄養素がたくさん含まれており、脳の発達や視力向上、身長を伸ばすのに効果があるそうですよ。
アメリカでは子供に進んでチアシードを食べさせるほか、妊婦さんには必須の食べ物とされています。

子供に与えても大丈夫なのかな?と心配する親御さんもいるかもしれませんが、チアシードはグルテンを含まないためアレルギーを起こしにくいと言われています。
とは言え、絶対にアレルギーを起こさないという保証はありませんので、子供に与える時には少量からはじめ、生で与えると消化されにくいので必ず水に浸けてから与えるようにして下さい。
チアシードはサルビア属なので、同じサルビア属のゴマにアレルギーがある人は、一応アレルギー反応に気をつけましょう。

まとめ

チアシードは身体に良い栄養素をタップリ含んだ「スーパーフード」です。
アレルギーの心配もほとんどなくて、子供から大人まで安心して摂取できます。
また、水に浸けることで10倍にも膨らみ、少量で満腹感を得られることからダイエットにはもってこいの食材です。
無味無臭だからどんな料理に使えるし、タピオカのような食感は子供にも喜ばれることでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑