脂質異常とは?原因や脂質異常と診断された場合の対処法

公開日:  最終更新日:2016/04/27

脂質異常,高脂血症

健康診断で「脂質異常」と診断されたらどうしましょう…!
脂質異常なんて聞くと、なんだか太ってるみたいなイメージもありますが、痩せている人でも脂質異常と診断されることはあります。

そもそも脂質異常とは何なのか?
どうしてそうなってしまうのか?
改善策はあるのか?

などなど、
脂質異常についてまとめてみました。

スポンサードリンク

脂質異常って何?

脂質異常というのは、血液中に含まれる中性脂肪やコレステロールが一定の基準よりも多いことで、高脂血症とも呼ばれます。
「血液がドロドロ」なんて表現がありますが、まさに脂質異常の人の血液はそんな状態になっています。
脂質異常になると血管の壁にコレステロールが溜まって血管が狭くなり、動脈硬化や脳や心臓の疾患を引き起こす原因になりかねません。

脂質異常は自覚症状がないため、健康診断で少しくらいコレステロール値が高くても、放置してしまう人がほとんどなんですね。
そのため、何ら手を打たずある時突然発作が起きるというケースも散見されます。

自分が脂質異常かどうか判断する基準値は下記の通り。
(空腹時の血液中の脂質を測定)

・LDLコレステロール(LDL-C)
140mg/dL以上で高LDLコレステロール血症
120~139mg/dL以上で境界域高LDLコレステロール血症

・HDLコレステロール(HDL-C)
40mg/dL未満で低HDLコレステロール血症

・トリグリセライド(TG)
150mg/dL以上で高トリグリセライド血症

健康診断の結果が出たら、自分は大丈夫なのかどうかを必ずチェックしましょう。
また、数値が基準値ギリギリの場合は、それ以上悪化しないように気をつける必要があります。

脂質異常になる原因は?

脂質異常になる原因として考えられるのは以下の通り。

【 生活習慣 】
・肥満
運動不足や過食などによる肥満は、脂質異常の大きな原因となります。

・動物性脂肪
動物性脂肪には飽和脂肪さんが多く含まれており、これを摂り過ぎることで血中のコレステロールが増加します。
 
・コレステロール
コレステロールを多く含む食品を摂り過ぎることで血中のコレステロールが増加します。
 
・甘い物
摂り過ぎることで、中性脂肪値が上昇し善玉コレステロール値が減少します。

スポンサードリンク

・お酒
飲み過ぎると血中の中性脂肪値が上昇します。
 
・タバコ
タバコを吸うことで善玉コレステロールは減少し、悪玉コレステロールや中性脂肪が増加します。
 
・ストレス
ホルモン物質がたくさん分泌され、血中のコレステロールが増加します。

【 遺伝 】
遺伝的な要因で、気をつけていても若いうちから動脈硬化を発症しやすいといったケースがあります。

【 病気 】
・糖尿病
血中の余分なブドウ糖が肝臓で中性脂肪やコレステロールになってしまうため脂質異常になりやすくなります。

・その他
甲状腺機能低下、慢性腎不全、ネフローゼ症候群、閉塞性黄疸なども原因になります。

【 薬 】
利尿剤やβ遮断薬、ピル、ステロイド剤、向精神薬、エストロゲン製剤などを服用している人は副作用で脂質異常となる場合があります。

脂質異常と診断された時の改善策は?

自覚症状はないものの、健康診断の結果、脂質異常と診断された人や数
値がギリギリの人は改善策をとり改善しましょう。

・適度な運動
運動をして身体を動かすことでリポたんぱくリパーゼという酵素が活性化され、脂肪の流れが良くなります。
結果、中性脂肪が減少して善玉コレステロールが増加します。
また、血流が良くなることから、血管が拡張して動脈硬化の予防にもなります。
有酸素運動をすると効果的で、1日に30~60分もしくは1週間で180分以上の運動をするように心がけましょう。

・禁煙
タバコを吸うことで中性脂肪や悪玉コレステロールが増加し、善玉コレステロールが減少します。
また、血液が固まりやすくなることから血栓ができやすくなるので動脈硬化の要因になりかねません。
できることなら禁煙を心がけましょう。

・飲酒
適度な飲酒は善玉コレステロールを増加させますが、飲み過ぎると中性脂肪が増加して肥満の原因にもなります。
また、毎日お酒を飲むと肝臓に負担がかかるので休肝日も作るように心がけたいものです。
以下は飲酒の一日の適量です。

日本酒:1合
ビール:中ビン1本
赤ワイン:グラス2杯
ウイスキー:ダブルで1杯

・ストレス
ストレスは血圧や血糖値、中性脂肪コレステロールを増加させるので、ストレスを感じにくい生活を心がける必要があります。
とは言え、ストレスを感じない生活なんてなかなか難しいので、上手く発散できる方法を模索しましょう。

まとめ

脂質異常は健康診断を受けるなどして調べないと自分では気付きにくいものです。
痩せているからといって脂質異常ではないとは言い切れないので、食生活に不安がある人は調べてみると良いでしょう。
調べた結果が脂質異常だったり、それに近い診断が出た場合は、早めに改善策をとり動脈硬化などの予防に努めるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑