目の下のクマの原因と種類。クマを取る方法や頭痛との因果関係

公開日: 

目の下のクマ

やべっ、目の下にクマができちまった。。。
こうなるとなかなか取れなくてまいるんだよなぁ…

なーんて困ってる人も多いのでは?

寝不足や疲労が原因のクマもありますが、原因が分からないクマもあります。
目の下のクマが原因で頭痛がするなんて話もあるのだとか。

今日は目の下のクマについて詳しく調べてみることにしました。

スポンサードリンク

目の下に何故クマができるのか?

クマと一言で言ってもクマには3種類あります。

・青クマ
一般的に一番多いクマで、血行が悪くなることで出現。 

・黒クマ
皮膚の弛みが原因でできるクマ。
上を向くと弛みがなくなってクマもなくなるのが特徴です。

・茶クマ
色素沈着が原因でできるクマ。

・シロクマ
北極にいるクマ(笑)

青クマは色白の人の方がよけいに目立ってしまいます。
生活習慣・疲労・ストレスなどが原因ですが、血行促進とコラーゲンで対処します。

黒クマは目の下の筋肉が弛むことが原因で現れます。
加齢で筋肉が衰えることで起きる現象です。
むくみがある人ほどクマが目立ち、コラーゲンやツボ押しで対処します。

茶クマはメラニン色素が大きく関係している、いわゆる色素沈着です。
洗顔時の刺激やメイクの刺激、紫外線や乾燥などが原因です。
目をこする癖のある人はこのクマができやすくなり、対処法は美白です。

ところで、なぜクマができるのかというと、目の下や瞼の皮膚が他よりも薄いことから、皮膚の下の血管が透けて見えたり、色んな原因が重なってそれがクマとして目の下に現れるんですね。
血液が赤いのに目の下のクマが黒っぽく見えるのは血流が悪くなっている証拠なので、目元の血行を良くしてあげるように心がけましょう。

ちなみ、クマは男女ともにできますが、やはり悩みは女性の方が深いようです。

目の下のクマを取る方法は?

目の下のクマを取るにはどうすればよいのでしょう?

クマには種類があるのは先述の通りですが、それぞれに対処法が違ってきます。

【 青クマ 】
青クマの場合、原因は血行不良なので、生活習慣を見直す必要があります。
目の周辺の血行が悪くなっていると思われるので、以下のことに留意します。

スポンサードリンク

・適度な運動
適度に運動をするようにして身体の血行を良くするようにします。
デスクワーク中心の人などは、座りっぱなしで身体全体の血行が滞っている可能があるので、ストレッチをするなどして身体を活性化させましょう。

・目元のマッサージ
目の周りのツボを軽く押すようにしてマッサージをします。

・鉄分摂取
血行を良くする成分が含まれている、レバー、ひじき、あさり、はまぐり、鰻、納豆などを積極的に食べるようにします。

【 黒クマ 】
黒クマの場合、原因は加齢なのでアンチエイジングケアにプラスしてむくみを取る方法をとります。

・コラーゲンを増加させる
コラーゲンを増やすための成分として、ナイアシン、ビタミンC誘導体、レチノールがありますので、そういった成分を含む化粧水などをつけると良いでしょう。
また、むくみを解消するために塩分を控えたり、身体を冷やさない、適度な運動をするなどもプラスして行いましょう。

【 茶クマ 】
茶クマの場合、原因は色素沈着なのでシミやくすみを取る方法で対処します。

・クレンジングや洗顔
クレンジングや洗顔をする際にゴシゴシ擦ると肌に負担がかかるので優しく洗うようにします。

・目を擦らない
目を擦る癖のある人は極力意識して擦らないようにしましょう。

・美白化粧品を使う
美白成分が含まれている化粧品を使うようにします。

・ビタミンCを摂る
メラニンの生成を抑える成分が含まれている、赤・黄パプリカ、ゆず、ブロッコリーなどを積極的に摂るようにしましょう。

目の下のクマが原因で頭痛が起きる!?

目の下のクマは血行が悪くなっていることに起因することが多く、その血行の悪さが頭痛を引き起こすケースがあります。
目の下のクマが直接頭痛を引き起こすのではなく、クマの原因であるところの血行の悪さがそもそもの原因です。

目の下の血行が悪いということは身体全体の血行も悪くなっているので、様々な悪影響を及ぼす恐れがあります。
また、運動不足の人は体内の血液循環が悪く代謝も良くないことから、冷え性や肩こりといった症状が現れ、さらに頭痛に発展するケースもあります。
目の下にクマができやすい状態 = 頭痛が起こりやすい状態ということで、クマの原因である血行の悪さは、様々なところで悪影響を及ぼす恐れがあります。

まとめ

いくら睡眠をとっても目の下のクマがなくならないという場合は他の原因も考えた方がよいでしょう。
むやみに力ずくで目のマッサージをするのも良くないし、自分の目の下のクマに合った改善法を試すようにしてください。
また、目の下のクマは血行のトラブルだということを忘れずに、生活習慣を見直すということも大切ですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑