筋肉痛のメカニズムと早く治す方法。筋肉痛が遅れてくる理由

公開日:  最終更新日:2016/05/03

筋肉痛

筋肉痛を経験したことがないなんて人はきっといませんよね。
学生時代なら運動会の翌日とか、大人になってからは大掃除の翌日とか、なんだかあっちこっちが筋肉痛になるものです。
でも、どうして筋肉痛になるのか?そのメカニズムは意外と知らなかったりしますよね。
また、筋肉痛が遅れてくると「年寄りだ」なんて言われたりしますが、本当にそうなのかしら?

ということで、今日は筋肉痛について色々調べてみることにしましょう。

その他、もし筋肉痛になったとしても早く治す方法を知っておけば便利ですよね。
筋肉痛を早く治す方法についてもまとめましたよ。

スポンサードリンク

どうして筋肉痛になるのか?

筋肉痛のメカニズムについては、現在もハッキリとした原因は分かっていません。
ただ、以下のようなことがその要因と考えられています。

・疲労物質
きつい運動をすればするほど、筋肉の中に乳酸などの疲労物質が蓄積され、その蓄積した疲労物質が痛みを引き起こします。
運動をしたすぐ後に痛みが生じる場合は、疲労物質が原因となっていることがほとんどです。

・炎症
壊れた筋繊維を修復する際に炎症が起きますが、その炎症が痛みを引き起こすことがあります。

・筋肉や組織の損傷
筋肉が収縮を繰り返すことで小さく断裂したり、結合組織が筋肉の形を変えることで傷ついたりし、その部分が炎症を起こして痛みを引き起こします。

また、筋肉痛と一言で言っても、実は筋肉痛には種類があって、大別すると2種類に分かれます。
もし、筋肉痛になった場合は、以下のどちらかの種類に分類されます。

・筋疲労
激しい運動をすることで筋肉が収縮し、筋肉が酸欠状態になることでブドウ糖が不完全燃焼を起こして乳酸をつくります。
そして、できた乳酸が筋肉の中に蓄積されることで痛みが生じます。

・筋損傷
普段使っていない筋肉を急に使うと筋繊維が損傷して炎症を起こします。
この炎症が痛みを引き起こす原因となります。

筋肉痛が遅れてくるのは何故?

運動などをした後、早く筋肉痛がくるのは若い証拠で、遅れてくると年寄りなんて話を聞いたことがあります。
あれは本当なのでしょうか?

実は筋肉痛が遅れてくる原因は加齢が原因ではないようです。

通常筋肉痛は、運動をした直後にくるものと、半日から数日経ってからくるものがあると言われています。

スポンサードリンク

早めにくる筋肉痛は「現発性筋肉痛」と呼ばれ、トレーニングなどを行っている最中に出る痛みで、運動が終われば自然と痛みはなくなります。
遅めにくる筋肉痛は「遅発性筋肉痛」と呼ばれ、運動などをして筋肉を使った後、半日から数日経ってから痛みを感じるようになります。

筋肉痛が遅くくる=老化だと言われるメカニズムについてはハッキリ分かっていませんが、年を重ねると共に運動をする回数が減る中、急に運動をすると若い時と比べると筋肉痛になるのが遅くなったり、痛みが長引いたりすることからそのように言われるようになったみたいですね。

簡単に言うと、老化が原因で筋肉痛が遅くくるのではなく、単なる運動不足ということになります。

筋肉痛を早く治す方法は?

どの位の運動をするかによって筋肉痛の度合いも変わってきますが、辛い筋肉痛を早く治すにはどうすれば良いのでしょう?

辛い筋肉痛を素早く治すには…

・アイシング
痛みが強い時は筋肉の炎症もひどいので、アイシングをして炎症を鎮めてあげるようにします。運動や筋トレをした当日はしっかりとアイシングをして筋肉を休めてあげましょう。
また、痛みが激しいときはお風呂に入るのは控えた方が良さそうです。
余計に痛みが増してしまう場合もあるのでシャワーの方がいいみたいですよ。

・筋肉をほぐす
筋肉が固くなってしまっている場合は筋肉が酸化していることが考えられるので、マッサージをするなどして筋肉を緩め、血流やリンパの流れを良くするようにしましょう。
マッサージをする際は力任せにするのではなく、ぬるま湯に浸かりながら手でさするようにして優しくマッサージするようにします。

・温冷浴
42℃位の熱めのお風呂に3分程浸かって身体を温めた後、冷水のシャワーを1分程浴びます。
その後、熱い湯船3分、冷水1分のセットを3回から5回程繰り返し、最終に冷水で終了します。
温冷の水を交互に浴びることで毛細血管が伸縮して血流が良くなって筋肉痛が緩和されます。

・栄養補給
運動をすることで、エネルギー源となる糖質や筋肉を作るタンパク質・脂質が消費されているはずです。
そこで、食事をする際には意識して積極的に栄養補給するようにします。
また他に、乳酸に効果的なクエン酸を摂取するのも良いですね。

・睡眠
睡眠中は成長ホルモンが分泌されて筋肉を修復してくれます。しっかりと睡眠をとって疲労回復に努めましょう。

まとめ

ちょっと身体を動かすだけで筋肉痛になったり筋肉痛が遅れてくる場合などは運動不足の可能性が濃厚です。
年と共に運動する機会はたしかに減っていきますが、できれば少しでもいいので努めて運動するようにしたいものです。
また、運動したら早めにケアして筋肉痛がひどくならないようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑