夫婦関係を劣化破綻させない為に妻ができる修復方法と改善策

公開日:  最終更新日:2016/02/29

夫婦の破綻

ちょっとショッキングですが、夫婦関係というものは、何らメンテナンスせずに放置し続ければ劣化していきます。

「夫婦といっても元々は他人だし、夫婦関係というものは相手があるから思うようにはいかないのよね…」

などと、あなたは夫婦関係をメンテナンスせずに放置していませんか?

そんな風に夫婦関係をなるがままの放置状態にしておくと、いつしかお互いの心が離れ、気がつくとすっかり破綻しているかもしれません。

縁あって愛し合って結ばれた二人ですから、そんな寂しい結末は迎えたくありませんよね?

ここでは夫婦関係を破綻させないために、妻側ができる修復方法と改善方法を考えてみます。

スポンサードリンク

夫婦関係を劣化させないために

夫婦関係は夫と妻の協力関係によって成り立っています。
だから、夫だけが努力するとか、妻だけが努力するとか、本来そういうことではないのですが、一般に夫は仕事に出かけ、妻は家で家事や育児をしながら留守を守るというケースが多いものです。

そう考えると関係はイーブンであり、どちらが偉いとか、どちらの方が大変ということはないのですが、夫は得てして「仕事で大変だから家ではくつろぎたい」と考えるものです。

そこで妻としては、夫が求める安らぎのある家を演出しなければいけなくなるのですが、これがまた結婚から数年が経つと、馴れ合いからおざなりになり、夫婦はただの同居人へと変貌していきます。

その様にして夫婦関係は冷めていくのですが、冷めてる程度ならまだしも、夫が帰宅拒否症になったり、夫婦関係が破綻して、その先に「離婚」という結末が待っているなら、あなたはそれを避けたいでしょう。

そこでそういった事態を回避するには、妻の努力が必要不可欠になるのです。

「なぜ妻である私の方ばかり努力するの?」といった不公平感や不満もあると思いますが、夫婦の危機は妻の努力で回避できるケースが多いのも事実です。

夫婦関係を破綻させないために妻が心掛けるべきこと

妻に魅力を感じなくなったり、妻に女を感じなくなると、夫はあなたや家に対する興味が薄らぎます。

子供がいる家庭では、子供がつなぎになったりしますが、父性愛のあまり強くない夫の場合、子供に対してすら、妻ともども興味が薄らぎます。
そうすると夫にとって、家はただの寝場所になり、夫婦のコミュニケーションは失われ、夫は家に安らぎも居場所も見つけられなくなり、帰宅拒否症になったり、ひどいと浮気に走ったりするようになります。

一見、夫の一方的な我儘のようにも感じますが、人間色んなことに冷めてしまうと、興味を持つことができなくなるのは、ある意味抗いがたいことで、我儘に見える夫をただ責めてみたところで何ら解決にはなりません。

そこで妻であるあなたが、夫にとって常に興味の対象である必要が生じます。
興味の対象であるということは、夫から見てあなたは魅力的で大事な存在であらねばなりません。

スポンサードリンク

よく浮気されやすいタイプの女性というものがいます。
あなたの夫が浮気をしているということではなく、浮気されやすい女性を反面教師とすれば、あなたは夫から見て興味の対象というポジションを保てるでしょう。

夫婦関係の修復方法を改善策

冷めて破綻寸前の夫婦関係を修復・改善する方法は、ずばりあなたが夫から見て欠かせない存在であり続けるということです。

夫のよき理解者であり、妻として女として魅力的な女性である必要があります。
そこから考えて、あなた自身が自分を振り返り、夫に対して日頃どの様に接しているかを考えてみる必要がありそうです。

たとえば、人が自身の存在に意義を見出し、自分の価値を実感できるのは、誰かの役にたった時です。
「ありがとう」の言葉が更に自分の価値を裏付けてくれたりもします。

そして、家庭を持っている男性が最もその傾向が強かったりするのをあなたはご存知でしたか?
夫は、「妻子を守りたい、家族のために頑張ろう!」と仕事に励み、それを家族に認めてもらいたいだけでなく、感謝されたいと常々願っています。

そんな夫の気持ちをくじき、興醒めさせるのが「感謝してくれない妻」なんですが、夫は「働いて当然」みたいな高飛車な態度は本当に夫を失望させます。

夫にしてみれば、外で仕事で頑張っているのに、逆に妻からは家事や育児に非協力的だと責められ、挙句の果てに「妻への感謝が足りない」などと言われた日には、愛情など一発で冷めてしまうでしょう。

妻だって、家事に育児に大変だから、夫が外で稼いでくるのは当然というのも一理あります。
でもそこはぐっとこらえて、夫には感謝の気持ちを前面に出して接してあげれるのが波風立てないうまい過ごし方です。
そうすれば夫は気分よく、それにより妻であるあなたもぎくしゃくするよりは精神衛生上よろしいと思います。

「我慢するのに生成衛生上いいわけないよ…」というかもしれませんが、愚痴ったって家事や育児をしなくていいわけではありませんよね?
だったら、仕事から帰ってきた夫を気分良くさせておけば、あなた自身もまた気持ちよく暮らせるというものです。

他にも、あなたに子供がいたとして、夫そっちのけで子供ばかり溺愛していると、夫は疎外感から家庭を疎んじはじめます。
また、あなた自身が「女であること」を諦め、あるいは忘れ、男性である夫から見て魅力が失われると、夫は顔には出さなくてもひどく失望します。

以上のことは、一般に浮気されやすい妻を元に考察したものです。
他にも色々と要素はありますが、夫をガッカリさせないことはとても大事なことです。
さりとて、そのために妻であるあなたが自我を捨ててまで犠牲になりなさいと言っているわけではありません。

妻であるあなたの小さな努力の積み重ねこそ、冷めて破綻しかねない夫婦関係の修復策であり最も有効な改善策なのです。

月1回、2時間ある場所を訪れただけで夫婦関係が驚くほど改善された方法とは?

まとめ

男は女よりロマンチストでナイーブです。
そしてある意味デリケートだったりします。
(これは女性がデリケートじゃないと言っている訳でありませんよ?)

だから何というか…、大所高所からうまくコントロールしてみましょう。

口もききたくないほど冷めてしまっているご夫婦なら、残された方法も少ないでしょうが、まだ修復方法や改善策をあなたが模索しているなら、先述の諸々は役に立つことでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑