グリーンコーヒーとは?その効果や飲み方と副作用について

公開日: 

グリーンコーヒー

グリーンコーヒーをご存知ですか?
健康や美容、果てはダイエットにも効果もあると言われるコーヒーです。
海外セレブも愛用しているとかで話題なのですが、その飲み方や効果・副作用など、普通のコーヒーとの違いをまとめました。

スポンサードリンク

グリーンコーヒーとは?その効果は?

グリーンコーヒーは焙煎前の生のコーヒー豆。
淡い緑色をしていることからそう呼ばれています。

コーヒー豆は、焙煎することでクロロゲン酸という「香りや苦味」を作る成分が失われてしまいます。
クロロゲン酸は香りや苦み以外にも健康効果が高く、焙煎することでそれらも大半が失われてしまうんです。
対して、焙煎していないグリーンコーヒーは「クロロゲン酸」の効果が失われずに残っています。

クロロゲン酸の健康効果は以下の通りです。

・ダイエット効果 
・ニキビ予防
・ガン予防
・老化防止
・動脈硬化予防
・コレステロール値の減少
・糖尿病のリスクを減少

グリーンコーヒーを摂取するだけで肝臓の脂肪も燃焼されるので、内臓脂肪で悩むメタボ体質の人にはうってつけのコーヒーと言えそうです。

スポンサードリンク

グリーンコーヒーの飲み方

グリーンコーヒーは、焙煎された普通のコーヒー豆よりもカフェインが少ないのが特徴です。
その飲み方ですが、一般のコーヒーのように淹れるのではなく、また生豆をそのまま食べるのでもなく、多くは粉末タイプとして販売されています。
その粉末をお湯に溶いて好みによりハチミツなどで甘さを加えたり、パンやホットケーキ、クッキーの生地に入れて調理したりという感じですね。

普通のコーヒーのような感覚とは異なるので、香ばしさやホッとする癒しを求めることはかないませんが、高い健康効果を享受するにはうってつけです。
また、ダイエット効果を期待するなら、食事の30分前に飲むようにすると、食事の際に糖の吸収を抑えて脂肪をつきにくくしてくれますよ。

グリーンコーヒーに副作用は?

さて、グリーンコーヒーには高い健康効果があることが分かりましたが、副作用等はないのでしょうか?

ということで、調べてみましたが、今のところ副作用の類は報告されていません。
むしろ、焙煎した一般的なコーヒーよりカフェインが少ないので、誰でも安心して口にできるようです。

なにしろカフェインは過剰摂取すると、神経過敏や興奮、睡眠障害などの急性中毒を引き起こす恐れもありますが、グリーンコーヒーはカフェインが少ないのでその点安心というわけです。
とは言え、ノンカフェインというわけではないので、妊娠中などはやはり摂取量に気を付けるべきでしょう。

まとめ

グリーンコーヒーは普通のコーヒーに比べてカフェインが少なく、身体にも良いことが分かりました。
普通のコーヒーとは趣が違うので、コーヒー好きの方の代用にはならないかもしれませんが、ダイエット効果も期待できるし、適度な摂取はお勧めです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑