ココナッツウォーターとは?その健康効果とダイエット効果

公開日: 

ココナッツウォーター

ココナッツウォーターがいいらしい!?
それもとってもいいらしい!!

そんな風に聞きました。

海外セレブもこぞってココナッツウォーターを飲んでいる!らしいのですが、そんなに良いのなら私も飲んでみたいものです(笑)
とまぁ、それだけではやじ馬と変わらないので、ココナッツウォーターがどんなもので、何がいいのか?その辺を突き止めましょう。

スポンサードリンク

ココナッツウォーターとは?

ココナッツの実には水分がたっぷり入っているというのは聞いたことがあります。
よく漫画か何かで、ココナッツの木を揺らして実を落とし、それの片方の端を鉈でスパッと切り落としてそこから中の水をゴクゴク飲んでいる、みたいなのを見たことがあります。
あんな風に、ココナッツの実には水分が入っているのでしょう。
そしてそれが今日のお題「ココナッツウォーター」というわけですね。

ココナッツウォーターは、ココナッツの実が完熟する前の緑色の固い状態のときに採取されます。
熟れた実からは採取出来ないとのことでちょっと意外な感じ。
液体自体はサラサラで甘みがあって飲みやすいのだとか。

ココナッツウォーターは昔から天然の栄養源として珍重されてきました。
ミネラルや電解質を豊富に含んでいて体にとても良いんだそうです。
ミネラルと電解質なんて聞くと、なんだかスポーツドリンクみたいですね(笑)

ところが、そうなんです!
スポーツドリンクみたいなところはミネラルや電解質だけではなく、なんと身体と同じ浸透圧というところもスポーツドリンクさながらなんです。
実際、「天然のスポーツドリンク」と言われ、海外ではアスリートの間で注目度が高く、最近日本でも愛飲者が劇的に多くなっているとのこと。

ココナッツと聞くと、ココナッツオイルやココナッツミルクを連想しがちですが、ココナッツウォーターは何が違うんだろう?って思いますよね。
以下は、ココナッツミルクとココナッツオイルの特徴です。

・ココナッツミルク
成熟したココナッツの果肉を圧搾して抽出した甘味のある乳状の液体。主に料理に使われます。

・ココナッツオイル
成熟したココナッツの種子の胚乳部分を乾燥させ、圧搾して抽出した油分。栄養価が高く中鎖脂肪酸が含まれています。

ということで、ココナッツウォーターとは別物になります。

ココナッツウォーターの効果は?

「天然のスポーツドリンク」「飲む点滴」とも言われるココナッツウォーター。
何やら身体に良さそうですが、実際の特徴や効果を見ていきましょう。

身体と同じ浸透圧で、スポーツドリンク並みの効果が見込めるココナッツウォーターですが、嬉しいのがスポーツドリンクよりもカロリーが低いということ。
スポーツドリンクとココナッツウォーターのカロリーを比較すると、概ね1:6。
ココナッツウォーターはスポーツドリンクの6分の1以下しかカロリーがないというから驚きです。
しかも、電解質の含有量はスポーツドリンクよりも多く、それでいて脂肪分がゼロというのがまたすごい!
栄養豊富でカロリーが低く、脂肪分は含まないことからダイエットにも最適だと言われています。

スポンサードリンク

以下はココナッツウォーター効果の一例です。

・疲労回復、デトックス効果
バナナ2本分ものカリウム、その他マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが豊富なことから、酵素の働きが良くなって疲労回復が期待できます。
また、新陳代謝が活性化するのでデトックス効果も期待できます。

・ダイエット効果
栄養価が高いのにカロリーが低いというのが特徴で、ダイエットをサポートするのに最適な飲み物といえます。

・イライラ解消効果
カルシウムにはイライラを解消する効果がありますが、ココナッツウォーター100gに11mgものカルシウムが含まれているので、イライラ解消に効果的。
また、マグネシウムも多く含まれているので骨粗しょう症、高血圧、動脈硬化の予防にもなります。

とにかく、栄養満点なのにカロリーが低いというのがココナッツウォーターの嬉しいところです♪

ココナッツウォーターでダイエットするには?

ココナッツウォーターは栄養価が高いのにカロリーが低いことから、ダイエット効果が期待されています。

バナナダイエットなんていうのがありますが、これはバナナに含まれるカリウムの効果を期待したものです。
ところが、カリウムの含有量ならココナッツウォーターの方がはるかに多く、それでいてバナナよりカロリーはずっと低い。
こう考えただけでも、ココナッツウォーターのダイエットにおける優位性が分かります。

ダイエットにおいて、カリウムにどんな効果が期待できるのかというと、身体に溜まった塩分を排出してくれる働きです。
身体に塩分が蓄積されるとむくみが生じ、その状態を放置しておくと代謝が悪くなって老廃物が体内に残るようになります。
体内に残って蓄積された老廃物は、やがて脂肪と絡まってセルライトを形成し、ダイエットを妨げます。
つまり、ダイエットにおいてカリウムの働きは重要で、そのカリウムを豊富に含むココナッツウォーターはダイエット向きの飲料ということになります。

また、ココナッツウォーターに含まれるマグネシウムには糖をエネルギーに変えるのを手助けする効果、カルシウムには脂肪の吸収を抑える効果がそれぞれ期待できます。
カリウム・マグネシウム・カルシウムだけみても、ココナッツウォーターの高いダイエット効果が分かりますね。

ところで、
ココナッツウォーターを飲むタイミングですが、食後や起床後、寝る前が良いと言われています。
量的には1日にコップ1杯程度。(1回ではなく1日です)
飲み過ぎると身体を冷やしてしまう恐れがあるので、いくら効果が高いといっても多く飲むのは感心できません。

また、ココナッツウォーターはちょっと味にクセがあるんですね。
この味が好きという人もいれば苦手だと感じる人もいて、ちょっと苦手かも?といった場合には冷蔵庫で冷やすと飲みやすくなります。
常温で飲むと臭みを感じることもあるので、苦手じゃない人も冷やして飲んだ方がいいかもしれません。
スムージーなどの他の飲み物と混ぜて飲むとずいぶん飲みやすくなります。

まとめ

海外セレブの間で大流行している(らしい)ココナッツウォーター。
最近日本でも流行の兆しを見せていますね。

少しクセがあって飲みにくいと感じる人もいるようですが、他の飲み物と混ぜて飲むようにすれば気にせず飲めるようになります。
飲み過ぎは身体を冷やしてしまうので、いくら身体に良いからといっても飲み過ぎは禁物ですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑