マキベリーの優れた効果・効能。マキベリーの食べ方や副作用など

公開日: 

マキベリー

最強のフルーツと言われるマキベリー。
あまりなじみがありませんが、その美容・健康効果はすごくってミラクルフルーツと称されています。

今日はそんなマキベリーに関するお話です。
どんな成分が含まれていて、何がどんだけそんなにすごいのか?
などなど、マキベリーに関してまとめました。

スポンサードリンク

マキベリーの効果は?

ミラクルフルーツと呼ばれるものはいくつかあります。
このブログでも何種類か取り上げたかもしれません。
そして、その度に「これこそミラクル!」って言ってきたような気もしますが、今日のマキベリーこそミラクルかも(@_@;)
ミラクルフルーツの中でも王様級! それがマキベリーです。

マキベリーは、その名の通り「ベリー」の一種です。よくご存じのブルーベリーなどの仲間なんですね。見た目は黒に近い紫色をしています。
実が完熟するのは1月~3月、香りの良さからチリワインベリーとも呼ばれていて、稀少なフルーツとしても知られています。

そんなマキベリーの特徴としてまず挙げられるのは、抗酸化作用の強さです。
抗酸化作用が強いフルーツとしてはアサイーが有名ですが、マキベリーの抗酸化作用はなんとアサイーの5倍!
これがミラクルと称される所以でしょうかね。

また、マキベリーは抗酸化作用が強いだけでなく多くの栄養素を含んでいます。
ビタミンCや鉄分、カリウムはもとより、ポリフェノールの一種「アントシアニン」を豊富に含むのもマキベリーの魅力です。

ここで、マキベリーを摂取することで得られる効果の一例を挙げましょう。

・美肌、美容効果
シミやシワ、肌のたるみ対策、紫外線対策に効果的。

・コレステロールの酸化防止効果
コレステロールが酸化するのを防止し、心臓発作や脳卒中、動脈硬化を予防する働きがあります。

・アンチエイジング効果
老化の原因「活性酸素」を取り除き、アンチエイジング効果が期待できます。

・炎症を抑える
体内の炎症や細菌を原因とする炎症を抑える働きがあり、喉の痛み・発熱・下痢・潰瘍などの改善に効果があります。

・目の老化、疲れを防止
白内障や緑内障、老眼を予防する働きがあります。

・抗ガン作用
細胞が悪化するのを防ぎ、体内の環境を整えてくれるので、ガン細胞が増殖するのを抑えてくれます。

スポンサードリンク

・ダイエット効果
代謝が良くなることから、ダイエット効果が期待できます。

マキベリーはどうやって食べると良い?

マキベリーは日本で栽培されていないので輸入に頼るしかないのですが、その多くがパウダー状に加工されています。
つまりブルーベリーみたいに粒のまま生で食べるということが今のところできないんですね。(いつか粒のままのマキベリーが出回ればいいのですが…)

ではパウダー状のマキベリーをどうやって食べればいいのかしら?
一例を挙げましょう。

・ヨーグルト
パウダー状のマキベリーを混ぜるだけです。ヨーグルトとの相性はバッチリです。

・スムージー
豆乳やバナナと一緒にスムージーにすると味の相性も良く、見た目も鮮やかで美味しくいただけます。

・グラノーラ
グラノーラを食べる時に一緒にかけるだけでOKです。

・アイス
アイスにかけて食べるとソースのようになって美味しくいただけます。

もちろんパウダー状のまま食べてもOKだし、水や牛乳なんかに溶かすだけでもおいしくいただけます。
思いのほか色々アレンジできるので、自分に合った好みの食べ方を見つけてみるとよいでしょう。

マキベリーに副作用はある?

以上のように、マキベリーには優れた美容・健康効果があります。
でもいいとこばかりで悪いとこはないのでしょうか?たとえば副作用とか…。

その答えは…
マキベリーに特に悪いとこや副作用はありません。

ただ、唯一気を付けたいのは…
摂り過ぎです。
過剰摂取はいけないんですね。

まぁ、これはマキベリーに限ったことでもありませんが、何でも摂り過ぎは良くありません。
特にマキベリーはポリフェノールの量がとても多いのが特徴なんですが、過剰摂取するとそこが災いします。

ポリフェノールには鉄の吸収を妨げる性質がありますが、ご存知のように鉄分は人間の身体になくてはならないものです。血液の生成なんかにも深くかかわります。
もしも鉄分のサプリメントなどを摂取している場合には、医師の指示に従ってマキベリーを食べていいかどうか判断して下さい。

でも、常識的な範囲で摂取するには特に何の問題もないので、安心して召し上がってください。
変な心配をするより、優れた効果を享受する方がずっといいです。

まとめ

マキベリーはその栄養価の高さからスーパーを通り越しミラクルフルーツと呼ばれています。
原産国では普段の食事に取り入れられているフルーツなので、安心して摂取することができます。
いつか日本でも、パウダー状のものだけじゃなく、粒のままのマキベリーが食べられるといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑