パイナップルを食べるとどうして口の中がが痛くなるの?

公開日: 

パイナップル

パイナップルを食べると、何となく口の中が痛くなる!?
そんな経験ありませんか?

ちなみに、皮を剥かないで食べてるわけではありませんよ(笑)
ちゃんと実のところだけ食べてそう感じるのですが、それって私だけ?

そんなわけで、今日はパイナップルの不思議についてです。

スポンサードリンク

なぜパイナップルを食べると口が痛くなるのか?

パイナップルを食べて口の中や喉に違和感を感じた人もいると思います。
どうしてそんな感覚が起こるのでしょう?

その答えは…
パイナップルに含まれる「ブロメライン」という成分が関係しています。

ブロメラインにはタンパク質を分解する働きがあります。
そして、舌の表面はタンパク質に覆われています。

つまり、パイナップルを食べると、パインに含まれるブロメラインによって舌の表面のタンパク質が溶けだし、無防備になった舌の表面にパイナップルの酸がしみて痛みに似た感覚を覚えるんです。

こういった痛みに似た感覚を引き起こすフルーツは他にもあって、キウイやパパイアなんかもそうです。
ただ、パイナップルは他のフルーツに比べて酸味が強いことから痛いという感覚になるんですね。

パイナップルに含まれるブロメラインの作用は特別強く、なんと指の指紋も溶かすほどだといいます。
そう聞くと、パイナップルって大量に食べるとヤバいかもしれませんね(笑)

パイナップルを食べて舌が痛くなるのは何かのアレルギーかも?なんて心配する人もいるかもしれませんが、以上のことから分かるように基本的にアレルギーではありませんからご安心下さい。

ただ、中にはパイナップルに対してアレルギー反応が出る人もいて、その症状が以上のようなブロメラインによるものによく似ているんだそうです。
ただし、舌に症状が現れることはなく、舌以外の喉などに反応が出るそうです。そういった場合はアレルギーも疑って下さい。

パイナップル豆乳ローションの効果は?

パイナップルのあれこれを調べていると、パイナップル豆乳ローションなるものがあることを知りました。

スポンサードリンク

どうやらこのローション、ムダ毛対策に効果的とのこと。
簡単にムダ毛処理ができて肌にも優しいことから人気なんだそうです。

パイナップル豆乳ローションには、先述のパイナップルを食べると舌が痛くなる原因とされた「あの成分」が含まれていて、タンパク質を分解する効果を利用してムダ毛に働きかけるんだそうです。
あの成分とは… そう!ブロメラインです。

それに加え、豆乳を配合することで肌にやさしくより良い効果をもたらすことから女性の間で人気が出ました。
パイナップル豆乳ローションは直接的に除毛をするものではなく、使い続けることでムダ毛処理の回数を減らして美しい肌に変化させていくローションです。

使い方は簡単!

気になる部分に塗るだけです。
化粧水なので、全身に使えるし洗い流す必要もありません。

もちろん顔に塗っても大丈夫!
使い続けることで透明感のあるお肌に仕上がり、ムダ毛ケアの回数も減る「一石二鳥」の人気のローションです。

パイナップルが妊婦さんに与える影響・効果

妊婦さんがパイナップルを食べると流産しやすい!?
という話しがありますが、それって本当なのでしょうか?

パイナップルに多く含まれる成分は、食物繊維や先述のタンパク質を分解するブロメラインですが、食べ過ぎると食物繊維の影響か下痢になることがあります。
その「下痢になる」という要素が「流産する」と置き換わってしまったのか、流産する説が喧伝されていますが、パイナップルを食べたからといってそれが直接的な原因で流産することはありません。
それどころか、本当は、パイナップルには流産を防止する働きがあると言われています。

パイナップルにはビタミンB1が多く含まれていますが、妊娠初期にはビタミンB1を含む食品を摂ると流産防止になります。
さらにパイナップルの酸味は悪阻にもいいことから、妊婦さんにはむしろオススメかもしれません。
また、妊婦さんはどうしても運動不足から便秘になりがちなので、食物繊維を豊富に含んだパイナップルは便秘解消にも一役買います。

ただ、果物は食べ過ぎると身体を冷やしてしまうので、食べ過ぎにはご注意を!

まとめ

パイナップルを食べた時に口の中が痛くなるのは、基本的にアレルギーではないのでご安心を。
ほどよい酸味が美味しく、食物繊維がお腹にやさしいパイナップル、すすんで食べたいものですね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑