開運商法とは?グッズや祈祷を押付ける手口と被害に遭わない為に

公開日: 

開運商法

開運を謳った商品は数多く販売されていますね。
ブレスレットやお財布は定番ですが、無理やりこじつけたようなものもけっこう売られています。
試しに楽天市場で「開運グッズ」と検索してみてください。
害のなさそうな他愛もないものから、アホみたいなもの、更にはいかにも!みたいなものまで「開運」と称して売られています。

でも中には悪徳な業者もいて(楽天にはいないでしょうけど)、一度開運グッズを購入すると、次々に売りつけられることもあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

開運商法とはなんぞ?

雑誌の広告で開運のお財布や開運ブレスレットを購入したら、それをきっかけに次々と開運グッズを売りつけられる…

そういう事例は思いのほか多くて、中には開運グッズにとどまらず、祈祷サービスの勧誘を受けたという例まで散見されます。
こういった販売・勧誘は、まとめて「開運商法」と呼ばれ、中には(いや、その多くが)詐欺的な要素を含んでいて、かかる金額は高額です。

最初の時点では、「金運に恵まれる」「運気が上がる」といった広告に釣られた消費者が、運気の上昇を期待して軽い気持ちで開運グッズを購入するわけですが、その時点では、それをきっかけに(悪徳)業者から次々と勧誘を受けることになるなんてことはまったく考えていません。

元々、「金運に恵まれる」「運気が上がる」などの言葉に釣られて、財布やブレスレットを購入する人というのは、メンタルが弱い人です。
そもそも開運を謳った財布を持ったくらいで、運気が上がるなら苦労はありませんよね。あなたも私もそこら辺の人も皆、その財布を持てばハッピーになれるのですから。

ところが、当たり前ですが、そんなことはありません。

つまり、開運グッズに頼る人は、いいことがあればそのグッズのおかげだと思い、悪いことが重なれば開運グッズの力が足りないと感じるのです。

そこに業者はつけこみます。

「これを買って身に着ければ、あなたの運気は更に上昇しますよ」とか「あなたがツイテないのは運気が足りないからです。これを買って身につけなさい」などと言っては新たなものを売りつけようと虎視眈々と狙っています。

メンタルの弱いあなたは、たとえ半信半疑でも、「運気が上がるなら…」と購入しては業者のカモになるのです。
そしてそういった流れはとどまるところを知らず、なし崩し的に次から次へと開運グッズを買わされて、気づけば相当の額のお金をつぎ込んでいた… なんてことになります。
場合によっては高額なクレジット契約を結んでまで購入させられるケースだってあるんです。

開運商法の被害に合うメンタルと開運商法の手口

不謹慎だと怒られそうですが、ずいぶん昔に水晶を売ったことがあります。
というか、水晶をたくさん在庫していた業者さんがいて、その人がうまい売り方が分からずに、相談を受けたわけです。

私は水晶の専門家でも何でもありませんから、ヒアリングしたところ、水晶はパワーストーンという位置づけとのこと。
そこで思ったのが、「これを持ったら運気が上がって勝てる!」みたいな広告を大げさに作って、ギャンブル系の雑誌に広告を打ってみたらどうかというアイデア。

パチンコの攻略系と競馬の情報系の二種類に広告を打たせてみたのですが、正直言ってパチンコの雑誌に掲載した広告は大当たりしました。
一度購入した人がリピートしてくる有様で、不良在庫は完売し、逆にこいつは本当にパワーがあるのかも?なんて思ったものです。

また、リピート客は一人や二人ではなく、けっこうな数いましたが、そういう人たちって不思議なもので、感謝の手紙とか寄こすんです。
「おかげでパチンコで勝てた! ありがとう!!」ってね。

スポンサードリンク

常識で考えれば、水晶がいくらパワーストーンと言われているとはいえ、水晶を持っただけでパチンコに勝てるはずはなく、恐らく偶然勝てたんだと思います。
でも、「今日は水晶持ってる、だから勝てる!」っていうその人の「気」が勝たせてくれたのかもしれませんよね?(そんなの本当は信じていませんが)

つまり、気の持ちようはギャンブルにも効果的かもしれなくて(そんなはずないけど)、なんらかのポジティブな心的作用があったのでしょう。

幸いというか、この水晶の企画は、不良在庫がはければそれでよかったので、当初の目的を達成し、完売すると同時に宣伝も打ち切りましたが、今思えば、その時の購入者のリストって価値あったかもです(笑)
なぜなら、そういった人に次々と攻勢をかけていったらなんでも売れそうな気さえしてしまいますから。

で、話を戻せば、そういったところから、開運商法の深みにはまっていく人は多いのです。
気が付けばドツボにはまっていて、金運が上がるどころから、有り金も底をつき、ひどいと借金までして開運グッズを買っていたなんてこともしばしば。

もっとひどいのは、グッズの購入にとどまらず、祈祷を迫られるなんてケースがあって、これはさらに高額だったりするのでタチが悪いです。

一例として、祈祷を迫る巧妙な口車をご紹介しましょう。

  • 雑誌の広告で見た開運グッズを購入したら、その後に業者から「あなたには何かが取り憑いているのでお払いしなければならない」などと言われた。
  • どこどこの寺の住職を名乗る男から「あなたの護摩木を火に入れたら真っ黒い煙が出たので、除霊と供養が必要」などと言われて代金を請求された。
  • 開運財布または開運ブレスレットを購入後、業者から「金運上昇の祈祷すれば、あなたの金運は更に上がる」と言われて祈祷料を請求された。

以上はほんの一例ですが、こうした勧誘は、不安や恐怖心を煽って冷静な判断ができない状況に追い込むものです。
先述のように元々メンタルが弱い人が、こうして不安を煽られると、運気が下がることを恐れ、お金を払いさえすれば運気が上がるものと思い込みます。
そうして更なる深みにはまっていくのですが、やり口は極めて悪質です。

そういった業者こそ、バチが当たって運気が下がりそうなものですが、元々そういったデリケートなメンタルの持ち主ではないので、開運商法は廃れません。
悪評がたてば、また社名を変えて同じ商売にいそしみ、カモになる人は何度も吸い取られ、また新しいカモも日々増えているのが実情です。

開運商法の被害に遭わないために

開運グッズを購入後に、業者が「不安を煽るような言葉」や「さらに運気が上がる」といったセールストークで新たな商品やサービスを勧誘してきたら、難しいかもしれないけど、一呼吸おいて即断しないことです。
急いで返事をせずに、その業者の言動に矛盾や不審な点がないかをよーく考えてみましょう。
そうした考えるための時間を設けることで、開運商法の手口から逃れられる可能性が高まります。

もしもご自身で冷静な判断や対応ができそうにないと思ったら、業者に連絡は取らず、相談できるなら家族に、もしも家族に相談しずらければ消費者生活センターなどに相談してください。
万一契約してしまったとしても、ケースによってはクーリング・オフを申し出ることも可能です。

不安を解消するために更に不安をしょい込むのは馬鹿げています。手遅れになる前に、冷静な行動ができるようになりましょう。

まとめ

はっきり言えば、ものに頼っても運気は上がりません。
開運財布を買っても「打ち出の小槌」や童謡の「ふしぎなポケット」みたいにお金は増えません。
ただの縁起担ぎで買う分には問題ありませんが、それに頼るようになるとメンタル的にやばいです。

日常生活を送る上で、何かにすがりたいと思うことは誰にでもあるものですが、どんな時でも冷静さは失わず、運気はお金で買うものではないことを忘れないでください。特にギャンブル好きの人にその傾向は顕著なので、そういう人はなお注意が必要です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑