ハロウィンイベントにオススメの可愛いお菓子のラッピング方法!

公開日: 

ハロウィン

ドラキュラや魔法使いに扮した可愛らしい子どもたちが「トリック・オア・トリート」と言いながら、ドアをノックするハロウィンイベントを行っている自治体もたくさんあります。

トリック・オア・トリートとは、「お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ」という意味で、訪ねてきた子どもたちにお菓子をプレゼントするため、子どもたちが訪ねてくる日までにお菓子を用意しなければなりません。

ですが、ただお菓子をプレゼントするだけでは子どもたちの気分も下がってしまいますし、なによりハロウィンイベントを企画された人たちに「あそこのお宅はノリが悪い」なんて思われてしまうのは避けたいですよね。

そこで、今回はハロウィンイベントにピッタリの可愛いお菓子のラッピング方法を3つご紹介します。

スポンサードリンク

カラフルな小分けバッグ!

ハロウィンイベントでは子どもたちがたくさん訪ねてくるため、一つ一つラッピングするのは大変だという人にオススメなのが、ジップ付きの透明なビニール袋とカラフルなマスキングテープを使った「カラフルな小分けバッグ」です。

このラッピングの嬉しいところは、不器用な人や時間の無い人でもパパッと簡単に作れる点と、材料が全て100円ショップで購入可能という点です。

では、さっそくラッピング方法をご紹介します。

【 材料 】
・ジップ付きの透明なビニール袋:人数分
※お菓子がピッタリ入るサイズを選びましょう。
・マスキングテープ:数種類
・丸いシール:お好み
・四角シール:お好み
・三角シール:お好み

【 作り方 】
1.
マスキングテープを正方形にカットし、ビニール袋の中央部分に2列の市松模様に並べて貼ってゆきます。

2.
上記1.の模様と並行して三角のシールを貼ってゆきます。

3.
別の色のマスキングテープを正方形にカットし、ひし形を並べるように2.の下に横1列に貼ります。

4.
上記3.の下に丸いシールをポチポチと並べて貼り付ければ完成です。

シールの柄や種類を変えたり、ハロウィンらしくコウモリやおばけカボチャのシールをペタッと貼るなど、あなたにしか表現できないオシャレなデザインの小分けラッピングが完成します。

この機会に低コストで大量生産できる小分けラッピングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

【難易度★★☆】おばけカボチャラッピング!

キャンディーやマシュマロなど、既に個包装されているお菓子を子どもたちにプレゼントしようとお考えのあなたにオススメなのが、不織布を使った「おばけカボチャラッピング」です。

スポンサードリンク

カラフルな小分けバッグと比べるとやや難易度の高いラッピング方法ですが、必要なものはオレンジ色の不織布2枚巻ロールと緑色のリボンのたった2つです。

では、ラッピング方法をご紹介します。

【 材料 】
・オレンジ色の不織布2枚巻ロール
・細い紐
・緑色の小巻リボン

【 作り方 】
1.
不織布を正方形にカットし、真ん中にお菓子を置きます。

2.
お菓子を包み込むかたちで上下左右を持ち上げ、細い紐でしっかり留めます。

3.
上の部分を裏返すように広げてゆき、端の部分を中心に寄せてゆきます。

4.
緑色のリボンでキュッと留めれば完成です。

上記3.の工程を行う際、空気感を持たせて端を中心に寄せてゆくとフワッとして可愛さがアップします。
今回はハロウィンで子どもたちにお菓子を配るためのラッピングですので、不織布におばけカボチャの目と口を書いてプレゼントすると子どもたちも喜びますよ。

【難易度★★★】テトラ型ラッピング

せっかく子どもたちが訪ねて来てくれるのだから、少し手の込んだラッピングをしたいという人は、折り紙とテープのりで作る「テトラ型ラッピング」がオススメです。

このラッピングはバレンタインデーの際に義理チョコや友チョコを包むのによく用いられるラッピング方法なので、中高生の女の子たちの定番となっています。

作り方は簡単なのですが、テープのりを貼ったり、組み立てなければならないので、カラフルな小分けバッグやカボチャおばけラッピングよりも難易度は高めです。

では、作り方をご紹介します。

【 材料 】
・折り紙
・テープのり(無ければ両面テープでもOK!)
・マスキングテープ

【 作り方 】
1.
折り紙を縦横「2:1」の割合で長方形に切ります。

2.
上記1.を裏返し、短い方の辺にテープのりを貼り、両サイドをピタッとくっつけて筒を作ります。

3.
筒の片方を5mmほど潰したら半分に折ります。

4.
その上からマスキングテープを貼り付けて隠します。

5.
筒の反対側を先に潰した方とは逆の方向に5mmほど潰します。

6.
半分に折ってクセを付けたら、お菓子を中に入れ、マスキングテープを貼り付けたら完成です。

折り紙とマスキングテープをハロウィンデザインのものを使用すると、雰囲気が出るのでオススメです。

まとめ

いかがでしたか。

子どもたちにとって、ハロウィンは年に1度たくさんのお菓子が貰えるとっても嬉しい日です。
そんな日に可愛くラッピングされたお菓子をプレゼントされたら、子どもたちもテンションが上がりますよね。

今回ご紹介したラッピング方法は、全て100円ショップで販売されているものを使用しており、作り方も比較的簡単なものばかりですので、ラッピングが苦手なあなたでも簡単に作ることが出来ます。

ハロウィンまでまだまだ時間がありますので、この機会にラッピングの練習をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑