ビール腹になる原因は?引っ込めるには?ビール腹の危険性など

公開日: 

ビール腹

ビールが好きでたくさん飲んでいると…
そのうちにお腹が出てきたなんて話はよく耳にします。

そんな人のお腹を「ビール腹」と呼んだりしますが、ビールばっかり飲んでると本当にお腹が膨れてくるんでしょうか?
それに、お腹が膨れてくるのはビールに限ったこと?なのかしら。他のアルコールでもやっぱり膨れちゃうとか?

また、もしもビール腹になっちゃっても、引っ込める方法があるなら知りたくないですか?

そんなわけで、今日はビール腹についてのお話しです。ビール腹の危険性についても調べてみましょう。

スポンサードリンク

どうしてビール腹になるの?

ビールが大好きで毎日ガブガブ飲んでると、気づいた時には下っ腹がポッコリ!?
なーんてことはよくある話です。

実はビール腹というのは、ビールを飲み過ぎたために下っ腹が出てしまったのではなく、ビール樽のようなお腹といった意味なんですね。

元々アルコールはカロリーが高い飲み物ですが、ビールは数あるアルコールの中でも実はカロリーが低いほうなんです。

ビール中ジョッキ(500ml)が210kcalなのに対して、焼酎1合(180ml)は260kcal、日本酒1合(180ml)は190kcalもあります。
そう考えるとビールは量の割にはカロリーが低いことが分かります。

だったら、どうしてカロリーが低いのにビールを飲むとビール腹になってしまうんでしょう。
その理由は…

・食事の量が増える
食事中にビールを飲む人はたくさんいますが、アルコールは胃を活発にして胃液の分泌を促進する働きがあります。
そのため食事が進み、いつもより食事の量が増えてしまうことがままあります。
また、ビールに含まれる苦味成分のホップには食欲増進作用もあるので、なおさら食が進むというわけです。

・量を飲む
ビールはアルコール度数が低いので、つい飲み過ぎてしまいます。結果的に量が増えカロリー過多になりがちです。

・おつまみ
ビールは苦味と炭酸が口の中をサッパリさせてくれるので、脂っぽい食べ物と実に相性が良くて、ついおつまみもたくさん食べてしまいます。
鶏のから揚げとか焼き鳥とか、つい高カロリーのおつまみを頼みがちです。結果的にカロリー過多になります。

以上のように、ビールがビール腹の原因というより、摂取カロリーに問題がありそうです。
また、男性と女性を比べると、男性の方がビール腹になりやすい傾向があることが分かっています。

男性でも女性でも脂っこいものを多く食べると内臓脂肪が増えますが、男性の場合、胃や腸などの内臓を包む腹膜に脂肪が多くつくことで、よりビール腹になりやすいと言えます。

スポンサードリンク

ビール腹を引っ込める方法は?

ビール腹にならないために注意すべき点は…

・予め喉を潤しておく
喉が渇いている状態でビールを飲むとつい飲み過ぎてしまいます。ビールを飲む前にお茶や水を飲んで喉を潤しておくとがぶ飲みを防げます。
しかし・・・
乾いた喉にビールってのが実に旨いので、その前に水を飲むなんて、なんとなくもったいないというか邪道な気もしますがね…。

・低カロリーのものを選ぶ
低カロリーのビールは味がイマイチという人も多いですが、飲んでいるうちに慣れてくるものです。ビール腹を解消するためには少し位の我慢は必要です。

・筋トレ
ビール腹に効果があるのは腹筋を鍛えることです。また、有酸素運動をして脂肪を燃焼させるのも効果的です。

・飲んですぐ寝ない
食べてすぐ寝ると太ると言われますが、ビールを飲んだ時も同じです。飲んですぐ寝ると太っちゃいますよ。

・おつまみに気をつける
たしかにビールには脂っこい揚げ物がよく合います。しかしそればっかりにしないで、野菜サラダや枝豆など食物繊維も摂るようにします。

以上のように気を付けるだけでもビール腹を予防できるでしょう。
しかし、すでにビール腹になってしまっている場合はインナーマッスルである腹斜筋を鍛える必要があります。
腹斜筋というは横腹辺りにある筋肉ですが、その辺りの筋肉を鍛えるような運動を行うようにしましょう。

ビール腹の危険性について

ポッコリお腹のビール腹を可愛い♪と勘違いしている人もいるかもしれませんが、ビール腹には危険な要素がたくさんあります。

ビール腹の人は、手足は痩せていても糖尿病や心臓病になる可能性が高いことが研究結果から分かっています。
また、ビール腹ということはそれだけ内蔵脂肪がついている証拠なので、下記の病気に罹りやすいということです。

・痛風
尿酸値が高くなることで発症し、ビール腹の30~50代の男性に多い病気です。痛風は激しく痛いといいますから、そうならないためにも用心しないとダメですね。

・糖尿病
インスリンが正常に働かないことで発症しますが、ビール腹の人は要注意です。

・動脈硬化
メタボの人は動脈硬化を起こしやすく、中性脂肪が増加することでリスクが高くなります。ビール腹で内臓脂肪が多いと即ちメタボなので改善が望まれます。

以上のようにビール腹は色んな病気の注意信号です。
ビール腹は決して可愛いものなんかではなく、病気になるリスクを高めるだけなので、なるべく早く解消させるようにすべきですね。

まとめ

ビール腹になっちゃったなんて笑っている場合ではありませんね。
ビール腹は即ち病気になるリスクを抱えている証拠なので、そうならないような飲酒を心掛けたいものです。
また、もしもビール腹になってしまっても、諦めずに腹斜筋を鍛えてビール腹を解消する努力をしてみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑