ズバリ年齢別お年玉の相場!そして入学・卒業祝いの相場など

公開日: 

お年玉の相場

お年玉は子供にとってうれしくて待ち遠しいもの。
お正月で一番楽しみなことかもしれません。

「親の苦労も知らないで…」なんて内心思っていませんか?

でもおつきあいは大事です。
姪っ子や甥っ子といった子供たちとの付き合いも大事だし、要はその親、つまり自分の兄弟や親せきとの付き合いも大事ということですね。

ところで、お年玉の金額で毎年悩みます。
あなたもそうではありませんか?

特に渡す相手が多い人にとっては、けっこうな痛手だったりしますよね。
中にはお年玉のせいでお正月が来るのが怖いなんて人もいるとかいないとか…。

最近のお年玉の調査から年代別に渡す金額を調査してみました。

スポンサードリンク

0才から小学生までのお年玉や入学祝い・卒業祝いはいくらぐらい?

0才~2才のお年玉としては、1,000円くらいが妥当。
また、図書券でもいいそうです。
絵本でも買ってあげてと言って渡してもいいですね。
このくらいの年齢だとだいたい親に渡すものですし。
(お金だと親が使っちゃうから図書券とかの方がいいかも…笑)

出産祝いを渡していなかった場合は、出産祝いも一緒に渡すようです。
その相場はというと…

兄弟の子で 1万円~3万円
いとこの子だと 5千円~1万円
会社の同僚・上司・後輩の子の場合 5千円

といったあたりが妥当です。

お年玉と出産祝いは封を別々にした方がいいですが、一緒にする場合には「出産祝いもかねて…」と一言添えて渡すようにしましょう。

3才のお年玉は、1,000円が圧倒的。次いで2,000円です。
入園祝いを渡していない場合にはお年玉とセットで渡すのが良いとされています。

金額はというと…

孫なら 5,000円~1万円
兄弟の子なら 5,000円~1万円
親戚の子なら 3,000円~5,000円
知人や友人の子の場合 3,000円

といったあたりですね。

小学生1年生~4年生までのお年玉は3,000円、小学3~4年生が3,000円で低学年は1,000円でもいいようです。
5~6年生までは、3,000円~5,000円ぐらいが多いです。
今どきは小学生も5~6年となるともっともらってそうですが、相場的にはこんなもんのようです。

入学祝を渡す場合ですが、

孫なら 1万円
兄弟の子も 1万円
親戚なら 5,000円~1万円
友人知人は 5,000円

といったところ。

高学年になると気になるのは卒業祝いですが、相場的には1万円が妥当だそうです。

スポンサードリンク

中学生・高校生のお年玉や入学祝・卒業祝いの相場は?

さて、小学生までのお年玉などの相場はだいたい以上の通りです。
では中学生、さらに高校生の場合はどうでしょう?
年齢も上がってくれば渡す金額も高くなってきそうですが…

中学生なら5,000円のお年玉が多いです。

中学生への入学祝や卒業祝いの相場は、

孫なら 1万円
兄弟の子なら 5,000円~1万円
親戚の子なら 5,000円~1万円
友人知人の子なら 3,000円~5,000円

といった相場ですね。

さて、では以下は高校生の場合。
高校生になったらアルバイトをしている子も多いでしょう。
でもそれはそれとして、お年玉の嬉しさはまた格別でしょう。
毎年期待して待っている子もたくさんいると思います。

高校生のお年玉の相場は、普通はだいたい1万円、血縁関係が遠ければ3,000円~5,000円です。

3月にその子(高校生)に会う予定がなければ入学祝や卒業祝いを一緒に渡すのがよいでしょう。
相場は、圧倒的に1万円が多いようです。

お年玉と合わせて渡すと2万円となり縁起が悪いので両方で1万円、別々の封で5,000円ずつとしてもよいでしょう。

大学生でもお年玉はいる場合がある!入学祝いや卒業祝いは必要!

大学生になったら、もうお年玉はいらないのでは?と思う人も多いでしょう。

でもお年玉が必要な場合もあるんです。
それは、相手の親があなたの子供(大学生)にお年玉を渡した場合。
いとこの場合が多いかもです。

他にも、大学生にも渡すケースとして…

未成年までは渡すという暗黙のルールが親戚間に存在する場合。
成人(成人式)のお祝いを兼ねてお正月にお年玉として渡す。
遠い親戚で数年ぶりに会う(今まで渡していなかったので)。
バイトをしていない苦学生(大変だねと同情の意味をこめて)。

などの場合です。相場は1万円が圧倒的でした。

大学生の入学祝・卒業祝いの相場ですが、孫1万円、兄弟の子1万円、その他の親戚1万円、友人知人5,000円だそうです。

まとめ

冬のボーナスをもらったと思ったら、お年玉や入学・卒業祝いで出て行くお金が多過ぎるとお嘆きのあなた。
あげる側としてみれば、喜ぶ顔を見るのは嬉しいけれど、けっこう痛手なんよね… って複雑な心境でしょう。
でも、お付き合いとはそういうものなんだと割り切りましょう。

なんといっても、子供たちは期待して待っています。
早くもらえないかな… と、お正月が来るのを心待ちにしている子供も多いはず。
それほどまでにお年玉は子供にとってうれしいものなのです。

もうすぐボーナス。
だけどお年玉や入学・卒業祝いもあるなんて場合には、羽がはえてお金が飛んで行ってしまうと感じることも少なくないかもしれませんね。
残りのお金はせめて大事に使うことといたしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑