手がかさついて嫌!手荒れ・手のかさつきの原因や予防と治療

公開日: 

手のかさつき

夏場はほとんど気にならない手のかさつき。
ところが冬場になると、どういう訳かやたら「かさつく感じ」がしますよね。

手がかさついたら、まずはハンドクリーム。
これが定番ですが、他には何か改善策はないのでしょうか…?

手がかさつく病気もあるっていいます。
もしもそんな病気だったら困りますよね。

そんな訳で、今日は手のかさつきに関して探ってみます。

スポンサードリンク

手がかさつく原因は?

手がかさつくと何が嫌かって、タイツやストッキングに引っかかって厄介なことですよね。
指先の表面が何というかイライラするというか…。
おまけに症状が進行すると、ひび割れて出血したりして痛い思いをします。

では、どうして手がかさつくのか?

それは乾燥です!

この乾燥が手のかさつきの一番の原因。
夏場より冬場の方が手がかさつく感じがするのは、それだけ乾燥しているからなんですね。

手は体の中で一番「水に触れる」場所で、しかも手には皮脂腺がありません。
手の表面にはわずかな皮脂膜しかないので、水に触れるとその皮脂膜が流れ落ちて無防備な状態になってしまいます。
さらに、冬場は特に指先の血行が悪くなることから余計に保湿力も落ちちゃうんですね。

手のかさつきにも段階があって、初めは症状が軽くても放置しておく事で症状が進みます。

・初期
指先がカサカサしてきます。

・要注意期
カサつきが手全体に広がり、皮が剥けたり指紋が消えたり、軽くひびわれしたりします。

・進行期
ひび割れし、肌がゴワつきます。赤いところが目立ち、血が滲んだりします。

・重症
赤く腫れて痒みを伴い、割れて痛みが出る他、出血もします。

・最重症
痒みが酷くなり、水膨れができて指が曲げにくくなります。

このように、単なる手のかさつきと思って放置しておくと症状は進行してしまうので、初期段階で早めにケアするようにすべきです。

手のかさつきを治すには?

手のかさつきにはハンドクリームが定番です。
ドラッグストアにはいろんな種類のハンドクリームが売られていて、付け心地などテストできるお店もあります。

でも、ハンドクリーム以外に対策はないの?という、そんなあなたは下記を試してみましょう。

・手袋をする
食器洗い、洗濯、お風呂掃除、拭き掃除など水を使う作業にはビニール製の手袋をするようにします。
また、外出の際にも乾燥した外気に触れないように皮でも綿でもかまわないので手袋を着用します。

・パラフィンパック
ネイルサロンでもよく用いられていますが、保湿効果がとても高いのでカサカサの指先に効果があります。

以上は、予防的意味合いもありますが、やはり手のかさつきにはハンドクリームは欠かせません。

スポンサードリンク

酷いかさつきの時にはハンドクリーム+手袋が最強で、まずハンドクリームを手の平で軽く温めた後、爪周辺~指先、指の関節~手の甲、手の平と、指1本ずつ丁寧にすりこむようにして延ばし、その上に手袋をして保湿をします。

水を使った後は素早く水分を拭き取りハンドクリームを塗るようにしましょう。

ところで、ハンドクリームにも色んな種類がありますよね。
以下に主な成分を記しますが、自分の症状に合わせて、また使い心地が好きなものを選ぶといいですね。

・保湿成分配合
角質の奥にも成分が浸透して、手の表面だけでなく皮膚の内側からも潤いを与えてくれます。
ただし、重度の手荒れには効果が期待できないので、かさかさしているくらいの軽度の時に使います。

・ビタミン系
ビタミンEは血行促進効果、ビタミンCは美肌効果が期待できます。
軽度の手荒れに向いていて、成分を末端まで浸透させるように指先までしっかり塗るようにします。

・尿素系
手荒れが進行して皮膚が硬くなってしまっているような場合はこれです。
反対に症状が軽ときや敏感肌の人には向きません。

・ワセリン
石油を精製して作られたもので、刺激が弱いことからアトピー性皮膚炎の人でも使用可能です。
ただし、油膜を張る事で乾燥を防ぐものなので、予防策として使いましょう。

・かゆみ止め
乾燥で痒みが酷い時に使います。

手がかさつく病気って?

手がかさついているのは乾燥のせいだと思っていたけど、実は病気だった…
そういったこともないではありません。
単なる手荒れと侮らず、症状がひどいときには病気も疑ってみましょう。
早期の治療は早期の治癒につながります。

皮膚がかさつく病気は…

・皮脂欠乏性湿疹
皮膚の表面の皮脂が少なくなり、水分が蒸発して皮膚がカサカサになります。
強い痒みがあり、掻き過ぎて湿疹ができてしまいます。

・皮膚掻痒症
肝疾患、痛風、甲状腺疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因となり皮膚に痒みが生じます。
特に異常がないのに痒いという時には疑ってみましょう。

・脂漏性皮膚炎
カビの一種が原因となり、手の他、頭や顔などがカサカサになり痒みを伴います。

・デルマドローム
内臓疾患が原因で、手の他、背中に強い痒みが出たり、関節が角化したりします。

・乾癬
原因は不明で、ストレスや環境が問題になっていると言われています。
皮膚が赤く盛り上がり、次第に剥がれ落ちます。

・甲状腺機能低下症
甲状腺ホルモンの分泌量が低下する事が原因で、皮膚がカサカサになるといった症状も現れます。

原因が分からず皮膚に何か異常がある時は、乾燥が原因ではなく他の病気の可能性もあります。
早めに皮膚科で診察を受けるのが賢明です。

まとめ

夏場より冬場の方が手がかさかさになりやすい原因は乾燥にありました。

普段からよく水を触る人は余計に乾燥しやすいので、水を触った後はきちんと水気を取り、ハンドクリームを塗るなどしてしっかりケアするようにしましょう。

また、原因が分からない肌荒れは、原因が病気の可能性もあるので、おかしいな?と思ったら早めの受診が大切です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑