世のダイエット法には頼らない!体験から言える本当に痩せる方法

公開日:  最終更新日:2016/11/20

痩せる,ダイエット

世事に疎い私ですが、世の中にはいろんなダイエット法があるのは知っています。
バナナだリンゴだ納豆だ・・・

その時々の流行りというか情報に踊らされ、その度に何にでも挑戦する人もいるでしょう。
でも結果はどうだったでしょうか?

何度も色んなダイエットに取り組むということは、それぞれ結果が芳しくなかったということ。
つまりダイエットは成功しなかったんですよね。

私は本当に痩せるなら、これっきゃない!と思っています。

スポンサードリンク

デブは不細工。だから痩せなきゃって思う

ダイエットが趣味という人もいるのかもしれませんが、要は痩せたいという願望の現れですよね。
つまり、太ってる人や、太ってるまでいかなくても、まぁポッチャリということだと思います。

たしかに太っていると着るものも限られるし、可愛いとかカッコいいとかそういうお洋服がほとんどありません。
仮にあっても大きいサイズでは可愛いものも可愛くないし、カッコよくてもカッコよく見えるなんて無理。
それに異性にもあまり相手にしてもらえないというか、恋愛対象に見てもらえないことは正直多いですね。

何より極論を言えば、太っているとやっぱり不細工。
渡辺直美だって売れてるけど、はっきり言えば不細工。
デブを売りにしているところは度胸があるけど、あの人の場合は痩せたらきっと売れない。

とにかく太ってると腕も太い、足も太い、顔もデカい、下を向けば二重顎。
あっちもこっちもハミ肉だらけで素敵な着こなしなんて全くの無縁。
だからやっぱり痩せたいんです。

これらは誰かを侮辱しているのではなく、自分自身に言っているので気を悪くなさらないでください。
そうです、昔の私に言ってるんです。

なんとかダイエットでは痩せない

〇〇ダイエットのたぐいにすぐ走る人は恐らく痩せられない…。
それが私の偽らざる感想。
いちいち情報に踊らされる時点でもう勝負はついています。

そういう情報に振り回されて、あれもこれも手を付ける人は、恐らく楽して痩せたい人。
それは誰だって楽して痩せたいよね、私だってそうだもの(そうだったもの)。
だけどね、そんなのは無理、そんな楽して痩せる方法なんてありません。

たまに「クリックするだけで100万円」とか「寝ている間に不労所得」なんていう詐欺っぽいバナーを見かけることがあるけどあんなのと同じ。正直ありえない。
それはね、楽できればそれに越したことはないし、苦労が美徳だとも思わない。

でも、痩せるのは、そんなに楽じゃないのは周知の事実。
それだけは認識しとかないと、いつまでたっても太ったままの自分でいるしかありません。

でも、こうしたら本当に痩せる

でも、私はそんなにつらくなかった。
そう、あんまり苦労せずに痩せたんです。
もちろん過去には苦労しても痩せないことばっかりだったけど。

結論から言えば、3か月で10キロ落ちました。
それだけ極端に落ちたということは、どんだけ余分なものがついてたか!ということで、元の体重により落ち方は人それぞれ違うと思う。

じゃあ、相当つらいダイエットしたんでしょ? って思うかもしれないけど、それが実は大してつらくありませんでした。
さっきまで言ってたことと矛盾してる気もするけど、苦労という苦労はしなかった気がします。

何をしたのかって?

スポンサードリンク

ただ夕食の量が減っただけです。
朝食と昼食は何も変えていません。
夕食だけ食べる量が減ったんです。それと脂っこいものをあまり食べなかった。

これらは、特に決意して苦労してそうしたんじゃなく、デブで思いつめたらそうなった。
だからつらくなかったというのが偽らざる思い。

ほんと単純に、たとえば夜はご飯を食べない日があったり(おかずは食べてる)、揚げ物を食べる回数は自然と減りました。
ちなみに空腹感とかなくて、ひもじい思いも一度もなかったです。

痩せたいって強く思ったら、脳の回路が変わったのか、自然と食べる量が減って、脂っこいものを好まなくなりました。
だけど、お酒は好きで、特にやめようとも思わず普通に飲んでました。

そんだけ。

たったそれだけのこと。
で、そこから学ぶことは、太ってるのは恥ずかしいと心の底から思うこと。
そして単純に夜に食べる量を減らすこと。

最初は変化なんて起きないよ。
だけどしばらくすると体が少し軽くなる。
そこからは反比例のグラフみたいな曲線でギュイーンって軽くなっていくのが実感できます。

そうなってくると、不思議なもので、食べ物の好みがより以上に変わってきて、なぜか野菜が食べたくなる。
だからおつまみに、サラダやお漬物、枝豆なんかが最高に美味しく、そういうの食べてるとそれだけでお腹いっぱいになるからご飯もあまり食べない。
すると余計に痩せるみたいな。

要は、摂取カロリーが消費カロリーを下回れば誰だって痩せるんです。
単純だけどそれだけのこと。
だけど、断食とかそういうつらいことはしたくないし、そういうのは健康にも良くない。

私の場合は時間こそ三か月かかったけど、健康を害することもなければ肌荒れも便秘もなかった。
ひとつ付け加えれば、青汁は夜飲んでました。不味いんじゃなく甘いやつね。
強いて言えばそんだけのことで、あとは先述の通り、夕食が減ったこと。
そのおかげで摂取カロリーが消費カロリーを下回り、それが続いたことで三か月でマイナス10キロという結果として現れました。

実際、お腹はダブダブしてない。
顔もシュッとして表情が自分でもよくなったと思う。
二重顎にもならない。
穿いてたものは全部ゆるくて買い直さないとダメ。
体軽くて楽、それに前かがみになってもお腹のお肉がじゃまだったりしない。
これだけの変化が起こります。

それはそうだよね。10キロのお米を24時間365日持って歩いてたようなもの。
痩せるのはやっぱりどんなに素晴らしいか今更ながら喜びとともに実感してます。

まとめ

あなたも痩せたいなら、同じようにすればいいと思います。
まずは太ってる自分の醜さを卑下すること。そうして痩せなきゃって思うこと。

あとは断食なんてしなくたって、私が書いたように、夕食を減らすだけ。
特に空腹で辛いなんてことはないし、体質により初めの内もしかしてつらくても、そんなのは数日だと思うし、なにしろ夜だから、つらければ寝ちゃいなよ。
そしたら起きたら朝食は別に制限なんかないんだから。

あとはこの青汁飲むといいよ。
お肌やお腹の調子が良くなるし、痩せるのに弾みもついて体にいい循環ができやすいから。
よくこういうステマがあるけど、これはそんなんじゃなく、私の正真正銘の体験で書きました。
痩せたらどんなにいいかは、痩せた人にしか分かりません。

⇒ 痩せるのに役立った青汁

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑