雪見鍋/みぞれ鍋の作り方としめにいれるもの。一風変わった具材

公開日: 

雪見鍋,みぞれ鍋

冬の寒い日は鍋料理に限りますよね。
大人数で食べるのも美味しいけど、最近はひとり鍋も流行っているみたいです。

そんな寒い冬には、雪見鍋(みぞれ鍋)!
ぽっかぽかに温まること間違いなし。
消化も良いので、風邪をひいた時などにもぜひどうぞ!

スポンサードリンク

雪見鍋の作り方 2人前

【 材料 】
豚バラ:300g
白菜:1/4
にんじん:1本
しいたけ:1袋
えのきだけ:1袋
とうふ:1丁
長ネギ:1本
しらたき:1袋
鍋の素:適宜

【 作り方 】
1.
白菜、にんじん、しいたけ、えのきだけ、とうふ、長ネギ、しらたきを適当な大きさに切る。

2.
鍋に水をいれ、沸騰したら具材を入れる

3.
具材がやわらかくなったら鍋の素を入れる

4.
大根をすって大根おろしを作る

5.
器に盛ってできあがり♪

雪見鍋、しめに何を入れる?

野菜のだしが加わってひと味もふた味もおいしくなっているスープ。
それを捨てるのはとってももったいない。

しめに何をいれましょうか。

まずはうどんが考えられます。
白米をいれて卵をかけるのもとっても美味しい。
ラーメンをいれて食べるのもGOODです。

具材が多くて余ってしまったら次の日に入れても美味しいですよ。
うちはだいたい煮込み用うどんが多いです。
豚バラのかわりに鳥肉を入れて雑炊にして食べることもあります。

たまに豚肉ではなく鱈を使うこともありますが、そういう時はしめは何も入れないで、最後まで食べきることが多いです。
どうしても魚のくさみが出てしまんですよね。そうすると「しめ」がイマイチ。

スポンサードリンク

また、豚バラのほかに肉団子を入れても美味しいです。
肉団子を入れる場合には、生姜と片栗粉をちょっと入れるか、卵の黄身を入れるとよくまとまります。

雪見鍋の変わった具材

雪見鍋は、先述のわりとノーマルな具材意外に、ミスマッチと思われる意外な具材が美味しかったりします。

まずはトマトです。以外に鍋に合うと評判。

他にはチーズ、餃子、餅、ソーセージ、納豆、キャベツ、レタス、シュウマイなど。とりわけ餃子や餅を入れるのは美味しそうですね。

他にもそうめん、りんご、あんこう、かきなどを入れるところもあるようです。

要するに、好きなものを色々入れて煮込むと自分流の旨い鍋ができるということなんですね。

鍋料理は他にも色々ありまして。。。
白菜のうま煮、鍋キューブ寄せ鍋しょうゆ味、キムチチゲ、広島にはレモン鍋なんていうレモンが鍋の上に浮かんでいるものもあります。

他にもまだまだ、トマト鍋、グリーンカレー鍋、白菜と豚バラのミルフィーユ鍋、イタリアン鍋、マーボー鍋、ボンゴレ鍋、餃子鍋、いくらたっぷり石狩鍋、クリームシチューなどがあります。

まとめ

冬の寒~い夜には、鍋が恋しくなりますよね。

ところで、鍋を外で食べる機会ってありませんか?
たとえば会社の飲み会などで居酒屋とかで。

そういうとき、上司とかあまり好きじゃない人と一緒の鍋に箸を入れるのって、なんだか気持ち悪くてダメでした。
お菜箸で取り分ければいいのですが、なぜか平気で自分の箸で鍋をつつく人の多いこと。

その時は、おつまみが鍋だけだったので、食べもせずひたすら日本酒ばかり飲んでいましたね。

仲間内や家族とならいいんだけど、男性でも女性でも一つの鍋をつっつくことができる面子って限られていますよね。
そんなこともあってか、最近は外で鍋を食べないという人も増えているのだとか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑