2017年の花粉飛散予想と、これは使える!花粉症対策グッズの数々

公開日: 

花粉症

花粉症に悩む人が毎年気になるのが、その年の花粉飛散の量でしょう。
多い予想だとうんざり、少ない予想だと少しはホッとするという感じ。

とは言え、花粉の飛散量が少なくても症状が出ないわけではないので、憂鬱なことは変わりませんが、多いよりずっといいのは確かです。

ではズバリ、2017年の花粉飛散量はどうでしょう!?

花粉対策グッズと合わせてご紹介します。

スポンサードリンク

2017年の花粉の飛散予想

さて、気になる2017年の花粉の飛散予想です。
必ずしもこの通りになるとは断言できませんが、目安にはなるので、上手に活用して早めの対策を心掛けましょう。

概要としては、北日本で少なく、西日本で多い地域が多い模様。

近畿、四国、九州では、例年の2倍ぐらいの飛散量が見込まれています。

東海、中国地方はやや多く、北陸地方は少ない見込みです。

東北と関東地方はやや少なく、北海道は少ないでしょう。

ざっと以上のような感じですが、西日本の方はちょっと苦戦しそうですね。
早めの対策が望まれます。
花粉対策にヨーグルトを試してみる人はこちらも参考に早めの摂取を!

さて、個人的には関東地方に住んでいますが、例年よりやや少ない模様でちょっとホッとしています。
なにしろ目や鼻にくる花粉症なのでティッシュが手放せません。目薬や花粉症の薬で毎年どうにかしのいでいます。
ぶたくさにも反応してしまうので、花粉症のシーズンが長いこと(苦笑)、ほんとに嫌になっちゃいます。

パソコンを使う仕事なので目にくるのは致命的。目薬をさしてパチパチやりながら仕事をしています。
春先だけスギのない北海道に逃げたい!なんて毎年思いますが、そんな優雅な生活は送れそうにありません(笑)

病院と同じ効果のある市販の薬

花粉症も病院へ行けばより良い治療法があるだろうと(実際あるけど)、混んでるのを覚悟で行きますが、案の定、ハンパなく混んでいてさんざ待たされます。
待たされるのが好きな人なんかいませんが、勝手な思い込みで暇そうに見える人が自分より先に呼ばれるとなんだかムカつきます。(ただ我儘なだけ…笑)

とにかく、自分の順番がなかなか回ってきませんよね。
あなただって、そういった経験があると思いますが、ホンっト嫌ですよね、病院で待たされるのって。
まったく生産性のない時間がどんどん過ぎていくあたり、この時間に仕事してたらどんだけはかどるかって考えちゃいます。(これも我儘なだけ…笑)

で、治療としては、注射や舌下免疫療法やレーザー治療などがありますが、実際は花粉が飛んでいる時期ではもう遅いんですよね。
数か月前から対策を講じないとあんまり意味がないようです。

やっぱり何でも早め早めがいいわけで、例年花粉症に悩まされている人なら自分の症状が予知できるわけですから、お医者さんに行くのなら、症状が出る前、というより花粉が飛散する前から行って対策すべきだってこと。

でもねぇ、そうは言っても、実際は誰だって日々忙しいわけだら病院に行くのに何時間も避けないのが現実。
それに、病院に行くほどの症状でもない人もいますよね。

そんなあなたは、まず市販薬。
最近は病院と同じ効果や成分の市販薬が薬局で手にはいります。
有名なところだと、アレグラFX、アレジオン10、スカイナーAL、ストラリニZ、エバステルALなど。

症状がそう重くないとか、病院へ行くのが嫌だって人は、薬局でこういった薬を買って使って見るのもひとつの手かもしれません。

花粉症対策グッズも利用してみる

花粉症対策グッズといえば、まずはマスクですよね!
月並みだけど、花粉を吸いこまないようにするにはやっぱりマスクが効果的。
ということで、花粉症の対策に有効な有名どころのマスクをご紹介。

【 マスク 】
・ダチョウ抗体マスク
静電気フィルターにダチョウ抗体を浸透させたダチョウ抗体マスク!花粉やウイルスを瞬時に捕集遮断してくれます。
花粉症が和らいだという評判が高く、売り切れることもままあるので買うならお早めに!

・PITTA MASK
新ポリウレタン素材で、花粉の侵入を徹底ガード!立体網目構造に作り上げたマスクでお顔によくフィットします。3回まで洗って繰り返し使えるのが便利。

スポンサードリンク

・ノーズマスクピットスーパー
鼻に入れてつかうマスク。普通のマスクといっしょに使えばダブルの効果が期待できますよ。

以上が花粉症対策に優れたマスクでしたが、鼻や口ばかりガードしても目だってヤバい。そんなわけでメガネも大事。

【 メガネ 】
・スカッシ―
目に入る花粉を減らすためにレンズまわりのフレームが顔にフィットする形状。つるがとても柔らかく、普段眼鏡をかけない人でもかけやすいと評判の花粉症対策メガネ。種類も豊富で、おしゃれも怠らないものからスポーツ用まで色々用意されています。

・アイセーバー
街中でかけても違和感がないのが特徴。実際にかけている人もたくさん見かける人気の花粉症対策メガネ。
カバー付きのフレームで、花粉だけでなく、黄砂、粉じん、ドライアイからも目を保護、また紫外線をカットするUVカットレンズ採用で、花粉の時期以外にも使えます。外出先で丸洗いできるものや、普段かけているメガネの上からかけられるものなど、種類も豊富。

以上、マスク三種類とメガネ二種類をご紹介しましたが、他にも花粉症対策グッズは色々あります。
中でも、花粉そのものをブロックするというコンセプトの商品が最近ずいぶんと開発されていて、中にはなかなかの優れものも。

【 花粉ブロック 】
・アレルブロック花粉ガードplusスプレー
一日一回、外出前に髪や顔全体にスプレーするだけ!お化粧が気になる人にも使えます。
帯電ブロックコートで静電気の発生を抑えてくれるので、花粉が静電気によって引き寄せられるのを未然に防いでくれます。

・花粉ガードEX
鼻の中に直接塗るタイプの花粉ガード。塗ることで鼻の中に保護被膜を作り、花粉やハウスダストの侵入を防いでくれます。妊娠中でも安心して使え、子供さんもOK。1本で4か月ほど使えることからコスパも良いと評判!

・ハナスイ
顔や鼻の周りにスプレーして使用する花粉ガード。マスク着用時にはマスクにもスプレーすることで、花粉をダブルでガード!
男性向けの「HANASUI for Men」も販売あります。

・マスクっと!
使い捨てマスクの形状を、自分の顔にぴったり合わせるためのグッズ。これにより、花粉の侵入をより防ぐことが可能に!
マスクのズレやメガネの曇りも同時に解消。

・鼻しっとりジェル
ムズムズして不快な鼻をスッキリやわらげてくれるジェルスプレー。鼻の粘膜の乾燥を防ぎ、花粉やウイルスの吸着を防いでくれます。

・アレルシャット 鼻シャワーミストタイプ
鼻に入れて軽く押すだけで、鼻の内部を洗い流すことができる画期的なアイテム。これで花粉も洗い流せます。成分が体液に近いため、水で洗うみたいにツーンと痛くなることもありません。

・ウイルスブロッカー
ウイルスブロッカーは、ネックレスみたいに首にかけておくだけで空気中のウイルスや花粉をシャットアウトしてくれるという優れもの。
有効面積が自分の周り約1メートルと広いので、何人かで使用すればけっこう無敵空間を作れるかも(笑)
首から下げるほかに、上着のポケットなどに入れておいてもOK。仕事などでマスクがかけられないときなんかはとっても重宝。

また、最近は花粉症対策にヨーグルトが注目を集めていますが、ヨーグルトというよりも、正しくは乳酸菌の力で免疫力を上げて、花粉症にも打ち勝ちましょうね!というもの。
だったら、直接的に乳酸菌を摂取るのも悪くないのでは?ということで、乳酸菌サプリも、一応は花粉症対策グッズとしてご紹介。

でも、これらも即効性を期待するのではなく、前々から、あるいは普段から摂取して免疫力を上げることが大事なので、花粉症対策なら少なくても2~3か月前からは摂取しないと効果は感じられないかもしれませんね。

・ネイチャーメイド Acidophilus Probiotics

・ラクトバチルス・ガセリ(ガセリ菌)
以上はいずれも、菌活。

・ザ ガードコーワ整腸錠PC 160錠

まとめ

今や国民病ともいわれる花粉症。
花粉症対策グッズを賢く利用して、花粉症のつらいシーズンを乗り切りましょう。
また、免疫力を上げることも大切なのでヨーグルトも効果があるそうですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑