ペットの中でも飼いやすいハムスター。その種類と必要なこと

公開日: 

ハムスター

ペットというと真っ先に思い浮かべるのがワンちゃんや猫ちゃんですよね。

で、ぜひ飼いたいと思っても、犬は散歩が大変とか、賃貸で猫が飼えないとか、障害は少なくありません。

それでも、何かどうしてもペットを飼いたいという人におススメなのがハムスターです。

というわけで、今日はハムスターのおはなしです。

スポンサードリンク

ペット初心者でも安心、比較的飼いやすいハムスター

ハムスターって、つまりネズミじゃね?って思う人もいないではありません、実はとても可愛い^^

一昔前に「とっとこハム太郎」なんてタイトルのアニメがありましたがご存知ですか?
あれはアニメだから必要以上に可愛く書かれていますが、実物もけっこうあんな感じでとても可愛い。

あのアニメはハムスターブームの後押しをしたと思うし、実際ハムスターを飼い始めた人も多かったはずです。
私もおねだりしたくらいですから(笑)

さらに昔でいうゲームボーイが流行ってた時代にもハムスター育成ゲームが存在しましたよね。
今でもスマホアプリにあるのでちょっと嬉しかったりしますけど。

それだけ、ハムスターはペットとして定着しているということです。
それもそのはず、ハムスターはまずお値段が手頃、子供のお小遣いやお年玉でも買えちゃいます。
ただ、飼うとなると他にケージやエサなどの費用も掛かりますが、それだってたかが知れてます。
なにしろ小さいので、食べる量も多くないことからランニングコストも低めです。
トイレさえきちんとできればこれといった問題行動もなく、よくなつくし本当に可愛くてペットに最適です。

ハムスターが人気なのは他にも理由があります。
それはハムスターは種類が多く、自分の好みの種を選べるということ。
どの子にしようかな?って選ぶ楽しみがあります。
もちろん一度飼い始めたら終生大切に面倒を見るのは言うまでもありません。

ここまでハムスターのいいところばかり書きましたが、まぁ、デメリットもないではなく、その辺も承知しておきましょう。
それは夜行性で人間の行動時間とずれているという点。
昼間は寝ていて夕方から活発に活動を始めるので夜の物音の原因は大概ハムスターだったりします。
ただ、それも布を被せたりケージを他の部屋に移動することで問題は解決できます!

というわけで、ハムスターは実に買いやすいことから初めてペットを飼う人にはオススメです♪
あの愛嬌のある顔とちょこまか動く姿にはとっても癒されるはずですよ!

どれにしよう!?ハムスターの種類

先述の通り、ハムスターはとっても種類が多い。
その中からあなたがビビット来た1匹を選びましょう。

全種類紹介するのもなになので、その中でも知名度が高く人懐っこいハムスターを厳選してご紹介。

まず知名度が高く人懐っこいゴールデンハムスターです。
大きさ的には手のひらにお饅頭とか大福を乗せたような感じですかね。
毛の色もゴールドっぽいけど、柔らかい感じのベージュ系。
構われるのが大好きな温和な性格。
でも、縄張り意識が強いため集団生活が苦手。飼うときは一匹ずつが理想です。

スポンサードリンク

次にゴールデンハムスターをベースに改良された品種のキンクマハムスター。
ゴールデンと同じくらいの大きさだけど、毛は長めなのでもふもふ感がたまりません。
ゴールデン以上におっとりとした性格なので人気です。
毛色はクリーム色と優しい感じですね♪

次は初心者でも飼いやすいと言われるジャンガリアンハムスター。
私も昔飼ったことがあるのですが、ジャンガリアンは毛色のバリエーションが多いのも人気。
ちなみに飼っていたのはジャンガリアンのパールホワイトという種類です。
真っ白い毛並みに惹かれました♪

他にもサファイアブルーやパールドワーフといった種類もいます。
ジャンガリアンはゴールデンより小さく、性格もそれぞれ。

飼うときには実際触れ合わせてもらってから決めるましょう!
とにかくこれから長く生活をともにするのだかから、相性の良い個体を選ぶ必要があります。

私のおすすめは以上ですが、他にも野性的なキャンベルハムスターや警戒心が強いロボロフスキー、臆病なチャイニーズなどがいます。

ハムスターを飼うのに必要な基本的なこと

さあ、家族の一員となるハムスターが決まったら、次は迎え入れる準備が必要です。
ハムスターだって安心できる居心地のいいお家に住みたいはずですからね!

基本的な必需品はこちら!

・ケージ
ハムスターが住むお家

・エサ
ひまわりの種やペレットなど色々あります

・トイレと砂場
トラブルを避けたいなら固まらない砂がおすすめ!

・ハウス
ハムスターが寝たりする場所です

・水飲み器
置くタイプではなくケージに引っかけるタイプがいいです!

・食器
ハムスターのエサを入れておくもの

・敷材
ハムスターのお布団用や床材などです

・回し車
運動をさせてあげるためのものです

以上が飼う際に揃えるべき必需品。

他にも、ハムスターは寒さに弱いのでヒーターがあるといいですね。
また、ハムスターはネズミやウサギと同じげっ歯類なので、かじり木も用意してあげたいものです。
毎日のお掃除に必要な小さいホウキとちりとりと細いブラシ、避難用のケージもあるといいかもしれません。
金銭的に余裕があればぜひ揃えてください。

さあ!ハムスターを迎え入れる準備は万端!
そこで基本的な飼育方法もざっくりとみていきましょう。

まずバランスのいい食事!
病気にならないためには人間と同じくバランスよく。

清潔さを保つために簡単な掃除は毎日、もしくは2日に1回はやること!
ハムスターは衛生状態が悪いと病気になってしまいます。
トイレの砂替えや水の取り替え、食べ残しを捨てたり、汚れた床材を替えること。
月に1回は大掃除を!

それと、お家に来た初日はそっとしておいてあげてください。
環境の変化はストレスになるので、新しい環境に慣れるまで少しの間そっとしておくのがベスト。
緊張したり、興奮ぎみになることもあるので、そんな時はケージに布を被せるか暗くて静かなところに置いてあげるといいですよ♪

まとめ

比較的初心者向けの可愛い手のりハムスター。
飼うとさらに愛着が湧いて可愛さも倍増します。

ホームセンターやペットショップでも手軽に買えるので、まずは下見してくるのもいいですね。
ハムスターのグッズも色々あるのでどんな感じにしようかな~ なんて選ぶ楽しみもあります♪

飼ってみたいという気持ちも大きくなること間違いなしですね♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑