唇がカサカサじゃ色気がない!唇の乾燥を防ぎ色艶をよくしたい!

公開日: 

唇

冬は空気が乾燥しているせいか、唇がカサカサ。

これじゃ、ちょっと色気もないなぁ…
ということでリップ塗ってケアしますが、本当はもっとプリップリのセクシーな唇を目指したいですよね(笑)

リップを塗ると、その時は渇きも収まり、ちょっと艶やかになりますが、もっと積極的に唇をケアする方法はないものかしら。

それに年齢を重ねるとともに、唇の色が悪くなった気もして、そうすると顔色もなんだかくすんで悪く見えちゃいます。
それだけ唇って大事なパーツなんですよね。

ということで、今日は唇を乾燥から守り、ハリのある色艶の良い唇を目指すにはどうすればよいか考えていきましょう。

スポンサードリンク

唇が乾燥する理由と治し方は?

唇が乾いてカサカサするのは、単なる乾燥が原因だけのような気もしますが、実はその他にもいくつか理由があります。

以下は唇が乾燥してしまう理由ですが、不可抗力なものもあれば、自分で改善できそうなものもあります。

・皮脂腺
唇は正確には皮膚ではなく粘膜です。粘膜には皮脂腺が少ないので乾燥しやすいんですね。保湿に気を付け、室内では加湿器を使うなど湿度も気にしてください。

・呼吸
口呼吸をしている人は唇が乾燥しやすくなります。空気の流れが口に集中するので、唇はどうしても乾燥しがちです。鼻呼吸を心掛けましょう。

・化粧品
口紅やリップクリームの成分が唇に合わなかったり、口紅を落とす際の摩擦が刺激となって唇が乾燥しやすくなります。

・湿度
空気が乾燥していると唇が乾燥しやすくなります。加湿器を使うなどして適正な湿度を保つよう心掛けたいものです。

・加齢
年齢を重ねると共に体内の相対的な水分量が減り、そのため唇も乾燥しやすくなります。

・疾患
消化器系の疾患がある場合、唇が乾燥します。消化器系疾患はその他の弊害も多いので、一度医師に診察してもらう方がいいでしょう。

・舐める
唇が乾くとつい舐めたくなりますよね?舐めた結果、よけいに乾燥しちゃったなんて経験ありませんか?唇を舐めることで逆に唇の水分が失われるので、余計に唇が乾いちゃうんです。

・紫外線
唇に紫外線があたるとで唇が荒れて乾燥しやすくなります。紫外線はお肌の大敵ですが、唇も例外ではありません。

・栄養バランス
栄養バランスのとれた食事は健康の基本ですが、唇も例外ではありません。バランスの良い食事を心掛けないと唇が乾燥してきますよ。

唇がカサカサするのは、主に以上の理由が考えられますが、唇が乾燥しているなと感じた時には、唇が乾燥する原因と逆のことをするようにしましょう。
そうすることで、案外改善できたりするものです。

唇の色を良くするには?

口紅をしている時はもちろん色艶いいのですが、化粧を落とした時に唇の色が悪いと言われた経験ありませんか?
唇の色が悪いと体調が悪いのかと思われちゃうので、すっぴんの時にも健康的な唇でいたいですよね。

唇の色を良くする方法は以下のような感じです。

・口紅は拭き取らない
メイク落としシートやティッシュで口紅を拭き取ると、摩擦が生じてそれが刺激となって唇には悪影響です。クレンジングで汚れを浮かせて落とすようにする方がベターです。

スポンサードリンク

・唇を舐めない
唇を舐めるとかえって乾燥してしまうのは先述の通り。乾いて違和感があっても極力舐めないようにします。

・マッサージ
唇の血行を良くするためにマッサージをします。人差し指、中指、薬指でピアノを弾くように唇を優しくマッサージします。人前ではやめましょうね(笑)

・唇パック
唇の荒れが気になる時は、唇にハチミツを塗ってラップピタッと貼ってしばらく置くと潤います。

・正しいクレンジング
化粧を落としきれていないと唇の色が悪くなってしまうので、きちんとしたクレンジング法で化粧を落とすようにします。

・リップを正しくつける
リップクリームを横に塗っていませんか?正しくは唇の縦シワに沿って縦に塗り込みます。慣れないとはみ出しちゃうけど、横に塗っては効果半減です。

・禁煙
タバコに含まれるニコチンやタールは、血管を細くする他、ビタミンも奪われるので、できれば禁煙を。それにフィルターを通して唇にニコチンやタールが付着するもの芳しくありません。

・お風呂に浸かる
シャワーだけで済ませず、湯船にしっかり浸かるようにします。こうすることで、体の芯から温まり血行が良くなると唇だって健康的な色になります。

以上のような方法で唇の色は少なからず良くなるはずです。唇の色が気になる人は是非試してみてね。

手作りの唇パック

ツヤツヤ、プリプリの唇にするには、唇パックが良いと聞きます。ということで、さっそく手作り唇パックを作ろうと思います。
唇パックにはどんなものがあるのかな… って調べてみると、意外に種類があるんですね。

・ハチミツ
唇にハチミツを塗ってラップで覆って10分ほどそのまま置きます。

・オリーブオイル
蒸しタオルで唇を温めて十分に湿らせてから、綿棒を使ってオリーブオイルを唇の縦シワに沿って塗り、ラップで覆って10分ほど置きます。
唇が温かくなってきたら、オリーブオイルを拭き取ります。
もし、オリーブオイルの臭いが気になるようなら、ハチミツを混ぜるとほとんど場合気にならなくなります。

・シュガースクラブ
砂糖に水を加えてペースト状にしたら唇に優しく塗って水で洗い流します。その後はリップクリームでケアします。

・ワセリン
蒸しタオルで唇を温めて十分湿らせてから、ワセリンを多めに唇に塗って円を描くようにしてマッサージします。
唇の角質が取れてきたらタオルで拭き取り、更にワセリンを塗った後ラップで覆って、その上に蒸しタオルを5分程乗せます。

・卵白
卵白を泡立ててメレンゲを作り、それを唇に薄く塗ります。乾いてきたらぬるま湯で洗い流します。

・ヨーグルト
砂糖の入っていないヨーグルトにオリーブオイルを2~3滴加えて唇に塗ってから乾かします。
その上に更に塗り重ね10分ほど放置してからぬるま湯で洗い流します。

・緑茶
緑茶の粉1に対し小麦粉2の割合で混ぜ、水を加えてペースト状にしたものを唇に塗ります。緑茶は粉末になっているものが売っていますのでそれが便利。
5分程放置してから完全に乾ききる前にぬるま湯で洗い流します。

以上のように唇のケアができるパックには色んなものがあります。
ほとんどのお宅にあるような普通のもので唇パックは作れるので、こまめにケアしてツヤツヤ、プリプリ唇を手に入れましょう♪ 

まとめ

唇がカサカサになる理由は空気の乾燥だけではなく、他にも色々と原因があるんですね。
唇の色が悪いと不健康に見えちゃうので、しっかりケアしていつも健康的でセクシーな唇でいたいものです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑