電子ピアノを選ぶポイント!選び方次第でピアノさながらの満足感

公開日: 

電子ピアノ

昔から親が子供に習わせたいものの一つにピアノがありますね。
これはいつの時代も変わらず、ピアノは人気のお稽古事です。

また、小さい頃は習えなかったものの、大人になった今、ピアノを始めたいと思う人もいれば、子供の頃習ってたけど、その後やめちゃって、ブランクはあるけどもう一度弾いてみたいな… って人も少なくないでしょう。

と、このようにピアノを始めたい理由は様々ですが、それには必ず必要なものがあります。

それは・・・

そう、ピアノです。
ピアノがないとはじまりません。

とはいえ、楽器店に見に行ったことがあれば分かりますが、本物のピアノは… でかい、重い、そして高価です。
住宅事情を鑑みて二の足を踏む人も少なくないだろうし、ご近所の手前、夜間は練習できないというご家庭がほとんどでしょう。
そう考えると、ピアノを買うことをためらってしまうかもしれません…。

そんな時、代わりになるものとして電子ピアノがあります。

でも、電子ピアノって本物のピアノの代わりになるのかな?って疑問もあると思うので、今日は電子ピアノのメリットやデメリットを押さえながら、電子ピアノを購入する場合注目しておきたいポイントなどを解説します。

スポンサードリンク

電子ピアノのメリットは?

電子ピアノのメリットは何でしょう…。
色々ありますが、以下に四点ほど電子ピアノのメリットを掲載しますね。

【 価格 】
まず一つ目は、本物のピアノと比べると値段が安いということです。
もちろん、電子ピアノもピンキリで価格の幅はありますが、比較的安価なものでも、練習や趣味で使うなら十分にピアノの代わりを果たしてくれます。

【 大きさ 】
二つ目は、軽くて小さいこと。
鍵盤の数が本物のピアノと同じでも、電子ピアノの方がはるかに軽量で、しかもサイズが小さく、場所をあまり必要としません。

【 様々な機能 】
三つ目は、本物のピアノにはない様々な機能が付いていること。
押さえるべき鍵盤が光って、運指を教えてくれるものや、録音機能が付いているもの、さらにはメトロノームや音を選べる機能などもあります。
これらは、当然のことながら本物のピアノにはない機能です。

【 調律不要 】
四つ目は調律が要らないことです。
これは大きなメリットですね。
本物のピアノは定期的に調律を行なう必要がありますが、電子ピアノは電子的に音を出すので、楽器としての調律が必要ありません。

スポンサードリンク

電子ピアノのデメリットは?

では逆に電子ピアノのデメリットは何でしょう…。

まず一つ目は、本物のピアノより壊れやすいということです。
基本的に本物のピアノは調律は必要ですが、よほどのことがない限り壊れることはありません。

しかし、電子ピアノは電子楽器なので壊れることがあります。しかも、耐久年数は長くても20年程度です。

二つ目は、電子ピアノは本物に比べると音が悪いということです。
もちろん、電子ピアノの音質も技術の進歩で年々良くはなってきているのですが、やはり本物のピアノの音色にはかないません。
それはそうですよね、片や本物の弦をフェルトで覆われたハンマーでたたいて朗々と鳴らすのに対し、電子ピアノは電子的に音を出しているのだからそもそも比べようもありません。

こういったデメリットにどう折り合いをつけるかで、あなたにとっての電子ピアノの価値が決まるでしょう。

電子ピアノを選ぶときに注目したいポイントは?

電子ピアノを選ぶ際のポイントも押さえておきましょう。

まず、重要なのが、音質です。
前章で、電子ピアノは本物のピアノに比べて音が悪いと書きましたが、あくまでも「本物と比べると」ということなので、電子ピアノが総じて音が悪いということとは違います。
また、電子的に音を出しているとはいえ、電子ピアノによって音質はかなり異なるんです。

限りなくグランドピアノの音に似せている電子ピアノもあれば、子供のおもちゃ程度にしかならない音質の悪いものもあります。
なので、電子ピアノを購入する際には、実際に一度音を出して確認するようにしてくださいね。

もう一つ重要なポイントはタッチ感です。
鍵盤がとても軽い電子ピアノもあれば、ピアノのタッチ感に似ているものもあります。
また、押さえ方でしっかりと音の強弱をつけれるタイプの電子ピアノもあります。
より本格的にピアノを弾いてる感覚を味わうなら、タッチが重く、押さえ方次第で音の強弱がつけられるものが良いでしょう。

その他のポイントとしては、付属機能が挙げられます。
鍵盤が光るタイプのものや、録音機能があるもの、音楽が内蔵されているタイプのものなど多種多様です。
これらの付属機能に関しては、自分にとって必要なものか否かを良く見極め、必要な機能ならそれがきちんと入っているかを確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。
本物のピアノを購入するのはちょっと難しいかな?って思う場合でも、しっかりと電子ピアノを選べば満足のいくものを見つけることができます。
ぜひとも、自分に合った電子ピアノを選んで楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑