プチ同窓会は必要?中学・高校の同級生から突然誘われた時の対処法

公開日: 

プチ同窓会

「卒業してから1度も連絡を取っていない同級生から、突然食事に誘われた」と、焦った経験はありませんか?

あまりにも長い間会っていない相手から急に連絡が来ると、メールの返し方や、誘われたときの対応など、どうしていいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、長年連絡を取っていない同級生から突然誘われた時、慌てずに対処するための方法について、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

同級生との再会で知っておくべきたった1つのこと

同級生との再会の対処法とはいっても、様々なケースがあります。

相手が同性なのか、異性なのかで対応はもちろん変わってきますし、異性なら、片思いだったのか、両思いだったのか、あるいは、仲の良い友人だったのか、などなど、実に様々なケースがあり、対処法は一様ではありません。

そうした様々なケースがあることを踏まえた上で、あなたに必ず知っておいてほしいことがあります。

それは、「人は時間が経てば必ず変わる」ということです。

あなたがかつて、相手に対して好意を持っていたとしても、今も相手が昔のままだとは、限らないんです。

あなたがその同級生と会うべきか会わないべきかを真剣に悩んでいる、ということは、おそらくあなたは、その同級生に対して、少なからず好意を抱いていたのではないでしょうか。

特に好意もなく、事務的な用事で出会うだけなら、そこまで悩む必要はありませんよね。お互い必要な用事だけを終えて、さっさと別れれば済む話です。

しかし好意があると、そうはいきません。

「実は私に気があるのかしら」「告白されたらどうしよう」と、読みに読みを重ねてしまい、頭がいっぱいになってしまいがちです。

5年も経てば人は変わる

そこで大切なのが、「人は必ず変わる」という認識です。

あなたを誘ってくれた彼は、きっと、あなたが知っている、かつての彼ではありません。

新しい彼女がいるかもしれないし、既に家庭を持っているかもしれない。

仕事で成功して大金持ちになっているかもしれないし、反対に借金にまみれているかもしれない。

人間が数年の間にどう変わるかなんて、誰にも分からないんです。

最悪の場合、宗教に勧誘されたり、怪しげなマルチ商法に勧誘される可能性だってあります。

「あの人に限ってそんなことはない」というのは、あなたの好意がもたらす錯覚に過ぎません。

ですのでこの場合は、最悪の事態を考慮して、「もしかしたら良からぬことに関わってしまうかもしれない」ということも、想定しておきましょう。

一方が独身でもう一方が既婚者の場合は要注意

また、あなたが独身者で、相手が既婚者というケースもあります。

あるいは反対に、相手が独身者であなたが既婚者というケースもあるでしょう。

こういう時、最悪の事態を想定するとどうなるか。

もう、お分かりですよね。

最悪の場合、もう片方の家庭が破綻します。

こうなると、両者の関係に一生消えないような禍根を残すことになりますから、くれぐれも、対応は慎重にしなくてはなりません。

慎重に慎重を重ねた上で、さらに保険をかけておくようにしましょう。

プチ同窓会~数年ぶりに異性の同級生に会うときは、必ず複数にする

二人きりになるのを避けるために、最も効果的なのは、複数の友人を呼んで、「プチ同窓会」にしてしまうことです。

相手から誘われたときに、「あっ、じゃあ、○○さんと△△さんも誘ってみようよ」と、それとなく切り出してみましょう。

ここで、もしも相手が二人きりで会うことにこだわるようなら、要警戒です。

何年も会っていない相手と、安易に二人きりで会うべきではありません。

スポンサードリンク

その場合は、断る勇気も必要です。

「せっかく誘ってくれたのに」と、惜しい気持ちになるかもしれませんが、最悪の事態に発展する可能性を考えると、突然の再会で二人きり、というシチュエーションは、極力避けるべきです。

スタートは必ずグループで

そこで、「二人きりはダメ」ということを、しっかりアピールしておきましょう。

こうしておけば、仮にあなたが断ったとしても、お互い傷つかずに済みます。

数年ぶりに同級生と再会するときは、2人きりではなく、必ず、複数人で会うようにしてください。

もしも相手が、心にやましいことがなく、本当にあなたとの再会を望んでいるなら、会うのは複数であっても問題ないはずです。

仮に、あなたも誘った相手も独身で、お互いが好意を持っているなら、グループで再会した後でも十分、話は発展するはずです。

2人きりで会うのは、それからでも全然遅くないと思いませんか?

無理はしない、深入りは禁物

これまでお話ししてきたように、旧友との再会では、深入りは禁物です。

「楽しく会えたらラッキー」ぐらいに考えておいて、無理はしないようにしましょう。

リズムやタイミングを重視する

あなたが旧友と数年ぶりに連絡がついて、交流が始まったとき、必ず覚えておくべきことがあります。

それは、「お互いのタイミングが合ってるかどうか」ということです。

旧友とのやり取りの中では、突然メールの返信がなくなったり、既読無視が続いたりすることがあります。

しかしこういうことを、あまり気にしてはいけません。

学校の同級生だった頃ならいら知らず、今は、職場の環境も全く違う、2人の大人なのですから、メールを出したからといって、すぐに返事をくれるわけではありません。

むしろ、2人のタイミングが合うことの方が、レアケースです。

ですので、仮に連絡が途切れてしまっても、「あー、タイミングが合っていないんだな」と、気楽に考えておくことも大切です。

逆に言えば、タイミングが合っている場合は、相手もそのように感じている可能性が高いですので、その後も良い関係が続きやすくなります。

間違っても、「既読無視が続いているのはどうして?」などと気に病んだりしてはいけません。

相手には相手の生活があり、あなたにはあなたの生活があります。

「お互いが自分の生活をきちんと全うした上で、タイミングが合う相手とだけつながっていくようにする」

と、決めておけば、あれこれと悩まずにすみます。

旧友と会うかどうかを考えるときの基準として、相手とのタイミングは、重視するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、中学や高校の同級生と、久しぶりに会うときに気をつけておくべきことして、

「人は、時間が経てば必ず変わる。相手は昔のままではない」という原則をお話ししました。

あなたも相手も、この数年間のあいだに、確実に変わってしまっていますから、「昔のように仲良く」というような過度の期待は禁物です。

その上で、最悪の事態を想定し、2人きりで会うことは協力避けなくてはなりません。

最悪の事態とは、

●宗教やマルチ商法などの勧誘、
●借金の申し込み、など。

また、特に相手が異性で既婚者の場合は、

●片方の家庭が崩壊する

という事態も、想定しておかなくてはなりません。

こうした事態を引き起こさないためにも、「安易に2人きりで会わない」ということを、心がけておいてください。

ほかの友人たちも誘って、プチ同窓会のようにするのが効果的です。

また、お互いのタイミングが合っているかどうか、という点は、重視しましょう。

タイミングが合わない相手に無理矢理合わせようとすると、ストレスになってしまいます。

あくまでも気楽に、「繋がればラッキー」ぐらいに考えて、今のあなたの生活を、優先するようにしてくださいね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑