彼氏が誘ってくれない!他人を誘わない人の心理と的確な対処法

公開日: 

彼氏が誘ってくれない!

「誘うのはいつも私のほうから」
「彼氏から誘ってもらったことが一度もない」

と、不満に感じていませんか。

恋人同士に限らず、同性の友人関係であっても、「自分からは誘わない」という性格の人がいます。

ある程度関係が慣れて、あなたの方から毎回誘うようにしていれば、特に問題はないのですが、

やはり、付き合い始めの頃や、仲良くなったばかりの頃は、「どうして全然誘ってくれないの?」と、あなたも不安になってしまいますよね。

そこで今回は、他人を誘おうとしない人の心理と、そういう相手と付き合うための対処方法について、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

基本は照れ屋さん

他人を誘おうとしない人というのは、単純に、ただの照れ屋であるケースがほとんどです。

彼は何に照れているのか

彼が照れているのは、「誘う」という行為そのものに対してです。

こういう人は基本的に、人を誘うということ自体を恥ずかしいことだと考えているんです。

そのため、彼氏があなたのことを一度も誘ったことがないからといって、気に病む必要はありません。

あなたが誘って、ちゃんと来てくれるということは、あなたに対しては確実に好意を抱いています。

彼氏はただ「自分から誘うのは恥ずかしい」と考えているだけなんです。

誘わないけど付き合いは良い

人を誘わない人の多くは、「実は付き合いがいい」という共通点があります。

つまり、「誘われたら基本どこへでも行くよ」というスタンスなので、自分からあえて誘う必要性を感じていないんです。

あなたの彼氏や友人も、きっとそういうタイプではないでしょうか。

あなたが誘ったとき、彼氏は表情には出さなくても内心では必ず楽しんでいます。

少なくとも、彼が不満そうな表情をしていないのであれば、「楽しんでいる」と判断して、あなたの自由なチョイスで、彼を誘ってあげるようにしましょう。

自己主張しないタイプ

人を誘わない人というのは、自己主張をしないタイプであることがほとんどです。

つまり、自己主張をしないため、「○○へ行かないか?」と自分から切り出すことに抵抗を感じてしまうんです。

「自己主張をしない」という性格は、前項の「付き合いがいい」という性格と表裏一体です。

自分からの希望が特にない代わりに、「相手からの誘いに対しては、だいたい何でも付き合う」というスタンスなんです。

自己主張することを苦痛と感じている

そして、自己主張しない人というのは往々にして、「もっと自己主張しなさい!」と他人から言われることを、苦痛に感じています。

つまり、彼の性格をまとめると…

●誘うのは嫌だけど誘われたい
●誘われたら楽しいし、付き合いは良い
●なんで誘ってくれないの?という質問は苦痛に感じる

ということなんです。

もしもあなたの彼氏が、「自己主張をせず、自分からは決して人を誘わない」という性格であるなら…

あなたは彼氏のこうした性格を、よく熟知して、正しく対処していく必要があります。

スポンサードリンク

そこで次の章では、具体的な対処方法について、ご紹介していきます。

相手からの誘いを求めてはいけない

「自分からは人を誘おうとしない」というタイプの人と付き合うときは、基本的にあなたが誘う側、相手が誘われる側、というように役割分担がかなり明確になりやすいです。

相手は基本的に、人を誘うことに抵抗を感じています。

そのため、「たまにはあなたの方から私を誘ってよ!」などと、相手にねだることは、NGです。

相手への要求が膨らむと、双方がストレスになる

「たまにはあなたの方から誘ってよ」とあなたに言われた男性は、あなたの言葉を負担に感じるようになります。

こうなると、双方にとってストレスになってしまいます。

あなたは、「なんで私を誘ってくれないの!」というストレス。

そして相手にとっては、「人を誘うのはキライだ。いつでも付き合うって言ってるんだから、そっちの都合で勝手に誘ってくれよ!」というストレスです。

こうしたストレスがあると、あなたも相手も楽しくありませんよね。

最悪の場合、2人の間の溝が深まって、破局を迎える恐れもあります。

あなたは誘う側に徹したほうがいい

以上を踏まえ、誘わないタイプと男性と付き合うときは…

「この人はこういう人」と割り切って、あなたがひたすら誘う側に徹したほうが、得策です。

相手はあなたに誘われたら嬉しいと感じている

人を誘おうとしない性格の男性と付き合うとき、「本当は私のこと好きじゃないんじゃないの?」と勘ぐるのは、NGです。

もしも彼氏が、あなたのことを好きでないなら、そもそもあなたからの誘いにも応じないはずだからです。

あなたからの誘いは断らない、という時点で、彼氏はあなたに対して十分愛情を感じています。

あなたが相手をリードする

大切なのは、あなたが相手をしっかりリードしてあげることです。

もしもあなたが、「これからもずっと相手をリードしていける」という自信があるなら、2人の関係はきっとうまくいきますよ!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、「誘われたら付き合うのに、自分からは人を誘おうとしない」という人の心理として、

●誘うのは嫌だけど誘われたい
●誘われたら楽しいし、付き合いは良い
●なんで誘ってくれないの?という質問は苦痛に感じる

などの特徴を、ご紹介してきました。

こういう性格は、生まれつきのものですから、変えようとするのは困難です。

ですので、「どうして私を誘ってくれないの?」と、相手に対して不満を抱くべきではありません。

その不満は、相手にストレスを与えてしまいます。

大切なことは、あなたが相手をリードして、誘う側に徹することです。

あなたは誘う側、相手は誘われる側、のように役割分担が明確になっていたほうが、うまくいく可能性ははるかに高いですよ!

また、「人を誘わない性格」というのは、「聞かれない限り自分からは話さない」という、秘密主義の性格にも、通じるものがあります。

男性の秘密主義については、こちらの記事も参考にしてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑