再婚相手が子を虐待する3つの理由~子連れ再婚で後悔しないために

公開日: 

子連れ再婚,児童虐待

「もしも子供が、再婚相手から虐待をされたらどうすればいいの?」

と、悩んでいませんか。

シングルマザーであるあなたは、子連れ再婚が抱えるリスクを、十分に認識しておく必要があります。

あなたの大切な子供が、再婚相手の男性によって虐待される、というような悲しい事態は避けなくてはなりません。

そこで今回は、なぜ子連れ再婚が、児童虐待の温床となりやすいのか、その3つの原因と、あなたの大切な子を再婚相手の虐待から守る方法について、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

再婚で最も警戒すべきこと

新しい恋人との再婚を考える上で、あなたが最も警戒すべきことがあります。

それは…

家庭内暴力、虐待です。

児童虐待は、母親の再婚相手によって行なわれることが多い、という事実をご存知でしょうか。

現に、家庭内で虐待を受けて、施設に保護された児童の多くが、片親あるいは親の再婚相手からの虐待行為だった、というショッキングなデータがあります。

再婚相手が、子供に暴力を振るうかどうか。
こればかりは、事前に判断できません。

子供を虐待しそうな素振りなんて、普通は見せないからです。

そこで次に、再婚相手の男性が、女性の連れ子に暴力を振るってしまう、3つの原因をご紹介します。

理由1:男性が他人の子を愛することは難しい

あなたはまず、生物のオスとメスに備わっている本能について、知っておかなければなりません。

オスにとって、ほかのオスの子供というのは、自分の存在を脅かすものです。

ライオンやツバメの子 殺 しは、よく知られている習性です。

つまり動物のオスは、自分の子ではない個体を、「自分の存在を脅かす敵だ」と見なす習性があるんです。

「人間はそうとは限らない」というのは、あくまでも、あなたの希望的観測に過ぎません。

オスの防衛本能を知っておくこと

たとえ、あなたの再婚相手が、最初はあなたの子を可愛がってくれていたとしても、いつ何時、オスの防衛本能のスイッチが入って、子への攻撃を始めてしまうか、誰にも分からないんです。

これは、相手が優しい、優しくないという性格以前の問題で、ヒトを含むすべてのオスに本来備わっている習性です。

ですので、あなたは再婚にあたり、こうしたオスの習性を、よく知っておかなければなりません。

理由2:再婚相手との間に子が生まれる

「再婚相手が急に連れ子を愛さなくなった」というケースで最も多いのは、「再婚相手の子が生まれる」というケースです。

再婚をしたばかりの頃は、妻の連れ子を我が子のように可愛がっていた男性でも、自分の子が生まれた瞬間、途端に連れ子への愛情が冷めてしまう、ということがよくあります。

これは、前項でご紹介した、オスの防衛本能によるものです。

父親としては、まず自分の子を守らなければなりませんから、他人の子である連れ子は、その瞬間から、ある意味「敵」になってしまうんです。

「子が生まれたらどうなるか」は予測できない

このケースが厄介なのは、再婚する前には全く予測できない、ということです。

再婚相手の男性にとっては、自分の子を持ったことがありませんから、「自分の子が生まれたらどうなるか」ということを、結婚前に予測することができません。

たとえ口では…

スポンサードリンク

「君の子を、我が子のように愛するよ」
「自分の子を持つつもりはない」
「もしも自分の子が生まれても、ひいきはしない」

のようなことを言っていたとしても、いざ自分の子が生まれると豹変してしまう、というケースはよくあります。

そのため、あなたが子連れ再婚を考えているのであれば、「再婚相手との間に子供が生まれたらどうするか」ということを、事前にしっかりと想定して、相手とよく相談しておく必要があります。

理由3:怒りにブレーキがかからない

子供が何か悪さをして、つい子供を叩いてしまったとしても、普通は、ある一定のところでブレーキがかかります。

それは、「自分の子なんだから、我慢しなければいけない」という、ブレーキが掛かるからです。

これはあなたにも、経験があるのではないでしょうか。

しかし、自分の子でない場合は違います。カッとなったときに、ブレーキが掛かりません。

それどころか、「なぜ自分の子でない子供に対して、我慢しなければいけないのか」という感情さえ沸き起こってしまうんです。

「連れ子への怒りに、ブレーキが掛からない」という傾向も、前項と同様、事前に知ることができません。

はじめは再婚相手が温厚なように見えても、再婚生活が1年、2年と経過するにつれて、小さな怒りは蓄積されていくからです。

「虐待したら別れる」という書面を残しておく

これまで見てきたように、再婚相手からの児童虐待は、予測が非常に困難です。

そのため、事前の予防策としては…

「もしも私の子を虐待したら、すぐに別れる」ということを、恋人に対し、必ず事前に伝えておきましょう。

あらかじめ離婚届に判を押させておくなど、書面で残しておくのも有効です。

児童虐待が始まると、なかなか夫婦間のこうした会話は難しくなりますから、再婚する前に、互いの愛情が最も深いタイミングで、「絶対に虐待はさせない」ということをきちんと話しておくことが必要です。

失敗しない子連れ再婚のポイントについては、こちらの記事も、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、再婚相手が子供を虐待してしまう主な原因として…

1.
男性が他人の子を愛することは、基本的に難しい

2.
再婚相手との間に子が生まれると、連れ子への愛情が薄れる

3.
自分の子でないため、怒りにブレーキがかからない

以上3つのケースについて、ご紹介してきました。

では最後に、子連れ再婚における永遠のテーマ、「子供と恋人はどちらを優先すべきか」という問題を、考えてみましょう。

答えは、もうお分かりですよね。

それは、子供です。
再婚にあたっては、子供の幸福を優先するようにしてください。

あなたにふさわしい男性が、「目の前の彼1人だけ」と考えるのは、あなたの錯覚に過ぎません。昔から、「恋は盲目」と言います。

あなたが毎日の生活をきちんと精一杯続けていれば、たとえ目の前の彼氏がいなくなっても、あなたにふさわしい人は、その後も現れ続けます。

でも、あなたの子は、世界にただ1人だけです。代わりはいません。

あなたの子が幸せになれるなら、あなたもきっと幸せになれます。

反対に、もしもあなたの再婚が、子供の人格を完全に無視する形で行われたなら、再婚は絶対にうまくいかない、と断言できます。

あなたがこのことを理解して、彼氏と子供にもちゃんと伝えることができるなら、あなたの再婚生活は、きっとうまくいきますよ!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑