海外旅行で友人と喧嘩になるのはなぜ?別々の部屋を予約すべき理由

公開日: 

海外旅行,友人,喧嘩

友人との初めての海外旅行を目前に控え、

「旅行の間ずっと一緒にいたら、喧嘩をしてしまわないかしら」と、心配になっていませんか。

特に女子同士の場合、友人との海外旅行で、喧嘩をしてしまうケースが非常に多いんです。

せっかく大枚はたいて旅行へ行くのに、喧嘩でずっと気まずかった、なんていう状況は避けたいところですよね。

そこで今回は、海外旅行先で友人と喧嘩になりやすい理由と、その対処法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

友人は家族ではない

まず初めに、覚えておかなければならないのは、「友人は家族ではない」ということです。

家族であれば、旅行先で多少のいざこざがあっても、家に戻って毎日顔を合わせているうちに、自然と関係は修復できるものです。

そのため、家族間では、旅行中の喧嘩が深刻になるケースはほとんどありません。

しかし、友人の場合は、そうはいきません。一度関係が崩れてしまうと、帰国後の修復が困難です。

あなたは友人のことをすべて知っているわけではない

なぜならあなたは、友人のほんの一面しか知らないからです。

「3年間部活で苦楽を共にした」「中学からの親友」といった間柄かもしれません。

しかし、そうだったとしても、所詮は部活や学校だけの付き合いです。生まれてからずっと一緒にいる家族とは根本的に違います。

友人が実はどういう性格で、どういう点があなたとぶつかるのか、これは実際に旅行をしてみないと分かりません。

ですので、友人と旅行へ行く際は…

「友人は家族ではない。自分は友人のほんの一面しか知らない。」この点を、よく認識しておく必要があります。

絶交のリスクも想定しておく

そして、喧嘩がエスカレートしてしまった場合、「帰国後、絶交状態になる」という悲しい事態も十分にあり得ます。

何しろ、一昔前まで「成田離婚」という言葉があったくらいです。

成田離婚とは、新婚旅行に出かけたカップルが、旅先で喧嘩をして、帰国した成田空港で離婚してしまうケースのことです。

この「成田離婚」という言葉は、「他人同士が一緒に旅行することが、いかに難しいか」ということを如実に示しています。

これらを踏まえた上で、あなたが旅行前に友人と必ず打ち合わせをしておくべき、2つの最も基本となるポイントについてご紹介していきます。

「移動派」と「滞在派」、あなたはどっち?

海外旅行をするとき、人は移動派と滞在派の2つに分かれます。

移動派は、「旅先では毎日アクティブに動きたい」と考え、例えば3泊4日のスケジュールで、都市を4つも5つも回る、というのが好きなタイプです。

一方、滞在派は、同じく3泊4日の間に、訪問するのはせいぜい1都市から2都市に押さえておいて、その都市の中でをゆっくり滞在を楽しみたい、というタイプです。

スポンサードリンク

友人の旅のタイプを事前に把握しておく

あなたと友人は、「移動派」か「滞在派」か。最低限、この点だけは、必ず事前に打ち合わせをしておくようにしましょう。

例えば、海外旅行に女子2人だけで行く場合、片方が移動派で、もう片方が滞在派だと、旅行中、かなりの高確率で深刻な喧嘩になります。

したがって、タイプが分かれてしまった場合、残念ですが一緒に旅行をすべきではないでしょう。

あなたと友人が「移動派」と「滞在派」のどちらに属しているのか、事前にしっかり把握しておくようにしたいものです。

部屋は人数分予約する

グループ旅行で、代理店を通してホテルを手配する場合、グループ全員が大部屋でひと部屋にされることがありますが、これはNGです。

そのため、例えば2人旅の場合は、1人1部屋ずつ、2部屋を予約してもらうようにしましょう。

「でも、どうせ夜は一緒に寝るし、部屋代が1つ分ムダになるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、これはいわば、喧嘩をしたときのための「保険」です。

2人が朝まで仲良く盛り上がっていれば、それに越したことはありませんから、一緒に寝れば済む話です。

喧嘩をすることが前提

友人との海外旅行では、喧嘩が起きることを前提にして考えなければなりません。

つまり、「もしも喧嘩をしたらこうする」という予防策を事前に講じておく、ということです。

同じ部屋で深刻な喧嘩をしてしまった場合、朝起きて、「相手の顔見るのもイヤ」という状態になってしまうのは、はっきり言って「地獄」です。

部屋を別にしておけば、「万が一喧嘩になったら、寝るときは別々の部屋で寝られる」という保険になり、このことが、お互いの安心感にもつながります。

もしも仮に、旅先で本当に喧嘩をしてしまっても、寝室が別であれば、お互いがワンクッション置くことができ、翌朝に仲直りすることも十分可能です。

2人旅なら2部屋、3人旅なら3部屋、というように、必ず人数分の部屋を予約しておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、友人と海外旅行に行くときの心構えとして、

●友人は家族ではない。

●一度絶交状態になったら、修復できない恐れがある。

の2つのポイントをご紹介しました。

そして、こうした旅先でのトラブルを未然に防ぐために、

●あなたと友人が、「移動派」か「滞在派」かで一致しているかどうか。
 もしも不一致なら、一緒に旅行は難しい。

●万が一、喧嘩になることを想定して、部屋は人数分予約しておく。

この2点について、お互いが事前によく相談しておかなければなりません。

せっかく大金を使って大切な友人と旅行に行くのですから、「旅行が原因で絶交してしまう」という悲しい事態は避けなければなりません。

また、もしも「喧嘩するかも」という不安材料があるなら、「いっそのこと旅行には行かない」という選択肢も想定しておきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑