Facebook鬱(うつ)の意味とは?友達の自慢話で凹まないための対策

公開日: 

Facebook鬱

2017年6月、Facebookの月間利用者が「20億人を突破した」と発表され、今やFacebookは世界を代表するSNSとなりました。

しかし、これに伴い、「Facebookの投稿を見ると鬱(うつ)になる」という、いわゆる「Facebook鬱」を訴える人が急増しています。

あなたも、Facebookで友人の投稿を見た後で凹んだり、落ち込んだりした経験があるのではないでしょうか。

せっかく、便利なはずの通信ツールが、鬱の原因になってしまっては非常に残念ですよね。

そこで今回は、Facebook鬱に陥ってしまう人の心理と、予防方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

Facebook鬱って何?

近年、アメリカのミズーリ大学やヒューストン大学などで、「Facebookが原因で鬱になる」という研究論文が発表され、これがきっかけとなり、「Facebook鬱」という言葉が、ネットを中心に知られていくようになりました。

Facebook鬱とは、その名の通り、Facebookで他人の投稿を読んだことによって、凹んだり、落ち込んだり、鬱状態になってしまうことを指します。

そして、同大学の研究では、このFacebook鬱に対する原因と対処方法もきちんと提示されています。

では、一体なぜ、Facebookが原因で鬱になってしまうのでしょうか。

他人の幸せな投稿を読むと悲しくなる

最大の原因は、他人のFacebookの投稿が引き金となって、自分の状況と比べてしまうためです。

あなたもこれまでに、他人の幸せな自慢話が書かれた投稿を読んで、気分が落ち込んだ経験はありませんか?

例えば、

「ネットビジネスで月収100万を突破しました!」

「理想の彼氏とラブラブです」

「子供が全国大会に出場しました」

「1食1万円のディナーに行ってきました」

…などです。

こんな例を挙げると、本当にキリがありません。

でも、こういう投稿をしてくる人って、ほぼ毎日のように目にしますよね。

ここで、「それにひきかえ自分は…」なんてことを考えて始めてしまうと、凹んで鬱状態になることがあります。

同じ土俵に入ろうとしない

他人の自慢話を聞いて落ち込んでしまうのは、あなたがその人と「同じ土俵」という意識がどこかにあるからです。

Facebookは、「同じ高校」「同じ大学」「同じ市内」というような繋がり方が可能であるため、どうしても近しい人と繋がりができてしまいます。

そのため、他人の自慢話を目にしたとき、ついつい自分の状態と比べてしまい、落ち込んでしまうんですよね。

これを防ぐには、「自分には無関係」と、スルーしてしまうのが一番です。

スポンサードリンク

例えば、ハリウッドの映画スターが、自分の豪邸を自慢していたとして、あなたはそれを「うらやましい」と考えるでしょうか。

おそらく、「雲の上の話」としてスルーするはずです。

自分と無関係なら、うらやんだり、凹んだりする必要もないですよね。

他人は他人と割り切る

他人の自慢話をスルーする上で大切なのは、「他人は他人」と割り切ることです。

赤の他人の自慢話を気にし始めしてしまうときりがありません。

それに、あなたの人生は、あなたがやろうと思った事しかできないんです。

他人の生活や自慢話をうらやむ必要は全くありませんし、うらやんで落ち込む必要もありません。

読みたくない人は非表示にしよう

一番いいのは、自慢話ばかり投稿する人とは、友達をやめてしまうことです。

大して親しくもない、「ちょっと知ってる」ぐらいの関係であれば、この際キッパリと友達をやめてしまいましょう。

しかし、ある程度身近で、「友達をやめるのはさすがに気まずい」と感じる相手に対しては、その人の投稿を非表示にすることもできます。

Facebookでは、友達になった人の投稿がすべてタイムライン上に逐一表示されていきます。

しかし、非表示にしておけば、「友達として繋がってはいるものの、その人の投稿は表示されない」という状態になりますから、くだらない自慢話ばかりしている友人に心を乱されずに済みます。

いっそのことFacebookをやめてしまう

もしも、日々の友達の自慢話を本当に苦痛だと感じているなら、いっそのこと、「Facebook自体をやめてしまう」という選択肢も想定してみましょう。

そもそもFacebookに限らず、TwitterやInstagramなどのSNSには、「向き不向き」というものがあります。

他人のくだらない自慢話を読まされてFacebook鬱に陥るぐらいなら、そんなものはキッパリやめてしまったほうがよっぽど健全ですよ!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、Facebookが原因で凹んだり気分が落ち込んだりする、「Facebook鬱」についてご紹介してきました。

最大の原因は、「他人の自慢話を読んで、自分の状態と比べてしまうこと」です。

これによって、気分が落ち込んだり、鬱状態に陥ってしまったりするわけです。

他人の自慢話を読まされることは、ただの苦痛でしかないですよね。そのため、対処方法としては…

●そもそも読まない
●友達をやめる
●非表示にする
●Facebookを退会する

…などが効果的です。

落ち込んでいるときには、自分の生活に集中することが大切です。

心が乱されるような自慢話ばかりの友人とは、極力距離を置くようにしましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑