プレゼント代高過ぎ…ママ友クリスマスパーティーを欠席すべき理由

公開日:  最終更新日:2017/08/10

ママ友クリスマスパーティーの会費が高い

「ママ友からクリスマスパーティーに誘われたけれど、できれば行きたくないなぁ…」と、悩んでいませんか。

こうしたパーティーで、最も頭を悩ませるのは、なんといっても「参加費用」ですよね。

特に最近は、プレゼント交換にお金をかけたり、「パパもプレゼント交換」なんていう、意味不明なイベントもあったりして、無駄にお金がかかってしまいます。

年末年始で特にお金が必要な時期に、付き合いのために何千円も使ってられませんよね。

そこで今回は、ママ友の自宅でのクリスマスパーティの会費がこんなにも高い本当の理由と、参加を断る方法についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

なんでこんなに高いの?

まずは、次のクリスマスパーティーの招待内容を見てみてください。

会費:1家族千円。
プレゼント:交換用のプレゼントは、1つ千円以上。
パパ友同士の交換会も行うので、パパ用のプレゼントも持参すること。
兄弟がいる場合は、兄弟も1人1つずつ、プレゼントを持参すること。

これは、「高すぎる参加費」として、実際にネット上に掲載されたものです。

パッと見ただけで、「高すぎる!」って思いませんか?

しかもこれ、レストランとかじゃなくて、ママ友の自宅でのホームパーティーなんです。

プレゼントが高すぎる

上記の招待内容では、1つ1つの項目は「千円」かもしれませんが、よくよく計算してみると… かなりの高額にのぼる!?ってことに気がつきますよね。

それは、「交換用のプレゼントは1人千円」となっている点です。

これだと、父・母・子の3人家族でも、プレゼント代だけで3千円、会費が+千円で…「計4千円が必要」ということになります。

5人家族だと、6千円もかかってしまいます。

これは、保育園のママ友たちによるクリスマスパーティーの招待内容なんですが、はっきり言って、保育園児のパーティーにしては参加費用が高すぎますよね。

1年間で最もお金が必要な時期なのに…

また、クリスマスの季節というのは、その後に子供の冬休みを控え、お正月やお年玉、旅行、帰省などで、1年間で最もお金が必要になる時期です。

そんなときに、くだらないママ友たち(失礼!)との付き合いのために、数千円を使わされるというのは…正直、痛すぎますよね。

プレゼント交換なんていらない!

第一に、「高額なプレゼント交換」なんていうのは、子供同士のパーティーで本来あってはならないんです。

子供のプレゼント交換(しかも保育園児)なら、プレゼントの値段の「上限」は、せいぜい200~300円までです。

それぐらいなら、プレゼントで失敗しても痛くありませんし、掘り出し物が当たる喜びもあります。

これは、「上限」が決まってる場合です。

見栄の張り合いが起こる可能性も…

しかし、冒頭にご紹介した招待内容では…

プレゼントは千円以上

なんと、「下限」が決まっているんです。これって、おかしくないですか?

普通、こういう子供のためのパーティーであれば、下限ではなくて上限を定めるものでしょう? それが下限が決まっているという不可解。

スポンサードリンク

こうなると、見栄っぱりなママ友によっては、2~3千円相当のプレゼントを買ってくる可能性もあり、そういうのがエスカレートすると、プレゼント価格の上限も引き上げられてしまう恐れがあります。

また、そもそも「何が当たるか分からない」プレゼント交換のために、1,000円も使わされるのは、はっきり言って無駄すぎますよね。

それなら、その千円を子供が欲しいもののために使った方がよっぽど価値があると思いませんか?

「親用のプレゼント」という愚行

また、近年ネット上で特に批判されているのは、「親用のプレゼント交換」というイベントです。

これがもう、本当に「無駄の極致」なんです。

パパ友、ママ友なんて、所詮は保育園・幼稚園の間だけの付き合いです。

「一生の親友」には絶対になり得ない関係です。

そんな人たちと、わざわざプレゼントを交換するメリットもなければ、そのために出費を強いられる義理もありません。

なぜ「親のプレゼント交換」をしたがるのか

心理学的な見地から言えば、「親のプレゼント交換」を求めるママ友というのは、「日常生活の欲求不満が溜まっている人」だと言えます。

つまり、普段の生活で、他人から大事にされた経験がなく、職場や家庭内がギスギスしている人ほど、「こんな時ぐらいご褒美が欲しい!」って考えて、プレゼントにこだわろうとするんです。

パパは、パパ友用のプレゼント持参のこと。

という但し書きが、それを物語っています。

大の大人が、「プレゼント欲しい!」なんて、普通は思わないですよね。特に「男親同士がプレゼントを交換し合う」なんて論外です。

要は、そのママ友は、「プレゼント交換」というイベントによって、自身の日頃の欲求不満を発散しようとしているだけなんです。

なんとも、くだらない話です。

そんなくだらない欲求不満のはけ口に、プレゼント代として千円も使う必要はありません。

こんな招待状が来たら、早々に断ってしまいましょう!

断り方は?

まず、LINEやメールでの連絡であれば…

「お誘いありがとうございます。今年のクリスマスは家族で先約があるため、すみませんが、パーティーは不参加でお願いします」…と、一言返信すれば、それで済みます。

問題は、口頭で強く誘われてしまったときですが、これも基本は同じです。

あれこれ言い訳をせずに、「予定があるので無理です」とキッパリ言い切ってしまうことです。

下手に言い訳をしてしまうと、口八丁手八丁で参加を「説得」されてしまいますから、LINEでも口頭でも、とにかく「一言で」切り上げるのが最も有効です。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、ムダに会費が高い、ママ友のクリスマスパーティーへの参加を断るべき理由と、対処方法について、ご紹介してきました。

親同士、特にパパ友同士のプレゼント交換なんて、普通はあり得ないですよね。

そんな非常識な企画をする低俗なママ友とは、無理をして付き合う必要なんてありませんから、遠慮せずきっぱりと参加を断ってしまいましょう!

その分のお金を、あなたの家族のために使った方が、よっぽど有意義で価値もあるってもんですよ!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑