夫婦で温泉・旅行に行ったことがない…旅行嫌いな夫への対処法

公開日: 

夫婦で旅行

「そういえば、新婚旅行以来、もう何年も夫婦で旅行に行ってないなぁ…」と、悩んでいませんか。

夫婦水入らずの旅行なんて憧れますよね。

でも、40代50代の男性の中には「旅行が好きではない」という人も多く、その結果「夫婦でほとんど旅行に行ったことがない…」と悩む女性は意外と多いんです。

そこで今回は、旅行が嫌いな夫との付き合い方と、夫を旅行に誘う方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

2泊でも長い?

「ほとんど一緒に旅行したことがない」という夫婦にありがちなのは…

夫の側が「旅行なんて日帰りで十分。長くても1泊2日。2泊なんて長すぎる!」と考えているケースです。

そのため、こういう男性と旅行の話題になったときに一番もめるのは、行き先もさることながら、「旅行日程の長さ」なんです。

あなたが、最低でも2泊以上、できれば「4~5日はゆっくりしたい!」と思っていても…

夫の側が「長い旅行はしたくない」と考えるタイプだと、行き先が限られてしまい、妻が行きたいところに行けない…ってことになってしまうんです。

日帰りで行けるところなんて限られていますし、それより何より全然ゆっくりできませんよね。

結果として、「だったら今回は旅行はやめておきましょうか…」となり、結局行かずじまいというパターンです。

予定がエスカレートするとキレる夫もいる

こういう「旅行嫌い」な男性にとって、「旅行の日数を長くする」というのは基本的にはNGです。

例えばあなたが「1泊2日の旅行」を夫と計画していたとします。

でも、こういう計画を考えるのってすごく楽しいので、パンフレット見ながら、ついつい…

「じゃあ、2日目もここに泊まって、いっそのこと2泊しちゃいましょうよ!」なんてことを言ってしまったとします。

しかしその一言が、旅行嫌いの男性にとっては「キレる」スイッチになることもあるんです。

夫にしてみれば、「無理やり我慢して日帰りではなく1泊2日にしてやってるのに、『2泊でもいいでしょ』とは何事か!」…ってなもんです。

そのため、原則として、旅行嫌いな夫とは、やはり「1泊2日以内」にしておくようにしましょう。

その上で、「でも、もっと長く旅行したいのに…」と思ったときの対処方法について、次に紹介していきます。

いっそのこと友達と行く

あなたのご主人が、「長い日程の旅行に付き合ってくれない」とき、たった1つの対処法があります。それは…

「いっそのこと、友達と旅行に行く」ことです。

これが、最も効果的で、皆が喜ぶ方法です。

旅行嫌いなご主人を無理やり誘っても、ご主人も楽しくありませんし、あなたも旅の間ずっとご主人に気を使い続けなければならなくなりますよね。

そうなると、2人とも旅行を心から楽しめません。

それなら、夫との旅行そのものをあきらめて、「旅行に行きたい時は友達と行く」という選択肢も、十分「あり」だということです。

この方法なら、あなたは心から旅行を楽しむことができ、ご主人も家で一人でゆっくりと過ごすことができます。

こうすれば、お互いが最もストレスなく休日を楽しむことができますので、夫婦双方にとってメリットがあります。

スポンサードリンク

留守番中の夫のケアを忘れないように

ただし、あなたのご主人にしてみれば、友達との旅行は許したものの「俺のことを放っておくな!」という、複雑な「男心」があります。

このときのポイントは、旅行中はまめに夫に電話をしたりメールを送ったりなど、夫へのケアを忘れないことです。

「私は旅行へ行っているけれど、あなたのことはいつも心配しているわよ」

…という気持ちを、旅先からご主人に伝えるようにしましょう。

夫はどこへ行くのが楽しいのかを把握しておく

ただし、あなたが何度も何度も友達とばかり旅行へ行っていると、ご主人としても面白くありません。

そのため、「夫と行くための旅行先」というのを常時ピックアップしておく必要があります。

あなたが友達と旅行に行くことで、あなたの「旅行への欲求」は解消されるわけですから、夫と出かけるときは、100パーセント夫の希望に合わせることができますよね。

ご主人も、内心では「実は地元の植物園に遊びに行ってみたかった…」というようなことを考えているかもしれません。

そこへ、あなたがついて来てくれれば、ご主人もきっと嬉しいはずです。

あなたは、友達と旅行を楽しんだ分、ご主人と出かけるときはご主人の希望の行き先に合わせてあげるようにしましょう。

夫が「温泉嫌い」というケースも…

また、夫婦旅行の定番と言えば「温泉」ですが、これまた「温泉が嫌いだ」っていう男性も世の中にはいるんですよね。

温泉の嫌いな人にとってみれば、「何が楽しくて、わざわざ遠いところまで行ってお風呂に入るの?」ってなもんです。

そのため、もしも夫が「温泉嫌い」なのであれば、無理に夫を誘おうとせず、温泉には友達と行くのが無難です。

夫もいずれ興味を覚えるかもしれない

また、「旅行に行きたい時は友達と出かける」というやり方には、もう1つ大きなメリットがあります。それは…

「あなたが旅を楽しんでいる様子を見て、夫も旅行に対して興味を覚えるかもしれない」ということです。

なぜなら、あなたのご主人が旅行や温泉を嫌っているのは、ただの「食わず嫌い」である可能性もあるからです。

そこで、あなたが友人たちと旅行を楽しんでいる様子を写真に撮ったりメールで送ったりしていれば…

次第にご主人も、旅行に対する興味が湧いてくるかもしれません。

そうなったらしめたもの! そのときに改めて「夫婦水入らず」で旅行ができれば… それが「最高」だと思いませんか?

まとめ

いかがでしたか。

今回は、「旅行嫌いな夫」というテーマでお話をしてきました。

「2泊以上の長めの旅行に行きたい時は、夫と行くのを諦めて友人と行く」

というのがポイントです。

こうすれば、あなたは好きなところへ旅行に行くことができ、夫も休日をゆっくり過ごすことができます。

それに、もしかしたらあなたのご主人は、自分が旅行へ行くよりも、あなたの旅行の話を聞いている方が楽しいかもしれません。

ですので、あなたのご主人が旅行や温泉にほとんど興味がないタイプなら…

旅行は友人と行くようにして、ご主人に対しては旅先からのケアを忘れず、帰宅後にあなたの旅の楽しい話を聞かせてあげるようにしましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑