ドライブ中に助手席で寝るのは失礼か否かを判断する3つのポイント

公開日: 

助手席,寝る,失礼,ドライブ

「2人でドライブに出かけるとき、助手席の人は寝てもいいの?」

と、気になったことはありませんか。

しかし、これは完全にケースバイケースです。「寝るべき」「寝ないべき」と、一概に言うことはできません。

そこで今回は、助手席で「寝たほうがいい」理由と、「寝てはいけない」理由を、それぞれのケースごとに分類しながらご紹介していきます。

あなたも、ドライブの相手と、実際にドライブをする場面を想像しながら、「私たちの場合は、どっちの方がいいのかしら…」と考えてみてくださいね!

スポンサードリンク

「寝るべきか・寝ないべきか」を考えるポイント

助手席に座った人が、「寝るべきか・寝ないべきか」を考えるときには、3つのポイントがあります。それは…

●運転手の性格
●運転手と助手の関係
●運転のスケジュール

この3つです。では、1つずつ見ていきましょう。

運転手の性格

「運転手の性格」と一口に言ってもいろいろありますが、最も一般的なケースとしては…

やはり、「話し好きか、そうでないか」というのが最大のポイントになります。

話し好きな運転手なら、助手席の人と「おしゃべりしたい」と考えるでしょうから、助手席の人が寝てしまうと「失礼」にあたることがあります。

反対に、運転手の人が物静かで、普段からあまりお喋りをしないタイプなら…

助手席の人が起きていても寝ていても、お喋り自体をしないわけですから、「助手席の人は寝ててもいい」ということになります。

運転手が恩着せがましい性格?

また、運転手の性格として、「おしゃべり好きかどうか」の他に、「恩着せがましいかどうか」というのも重要なポイントになります。

「恩着せがましい」とは、要するに…「俺が、わざわざ、眠いのを我慢して運転してやってるのに、お前一人で気持ちよく寝てんじゃねえよ!」というタイプです。

こういうタイプの人は、自分が苦労しているときに相手が楽をするのは許せない… と考えますから、助手席の人に対しても、「同じように起きて、話し相手になること」を強要します。

はっきり言って、けっこう面倒くさいタイプです。笑

ですので、助手席に座る予定のあなたは、こうした運転手の性格を事前によく把握しておく必要があります。

あるいは、もしもすでに気心が知れた仲であれば、「私が助手席で寝たらどう思う?途中で寝てもいい?」と、率直に聞いておくようにしましょう。

運転手と助手の関係

また、運転手の「性格」以外にも、あなたと運転手との「関係」も重要なポイントになります。

ここで言う「関係」とは、友人同士、恋人同士…という意味ではありません。

そうではなくて、「普段、2人でいる時に、どういう風に過ごしているのか」…ってことです。

つまり、普段からおしゃべりをしているような関係なのか、それともあまり会話がないのか、会話がないと気まずいのか、会話がなくても自然な形でくつろげるのか… などなどです。

スポンサードリンク

こうした関係は、ドライブ中の過ごし方にも当然影響します。

普段からよくおしゃべりをしている?

例えば、あなたと運転手が、普段からおしゃべりが大好きで、よく話し合っている関係だとします。

この場合、運転手は、「おそらくドライブ中も、おしゃべりをするんだろう」と予測してますから、そこであなたが眠ってしまうと…

「せっかく、おしゃべりを楽しもうと思ったのに、なんて失礼や奴なんだ!」となってしまう恐れがある、ってことです。

反対に、あなたが普段から運転手の前でお昼寝をしたり、くつろいだりしている姿を見せているのであれば、ドライブ中にあなたが助手席で寝ていても、何も失礼なことはありませんから、「遠慮せずに寝てて良い」ということになります。

普段から、あなたが運転手の人と、「どのような過ごし方をしているのか」を思い出してみましょう。

あるいは、すでに親しい間柄なら、「私が助手席で寝てもいい?それとも、起きてた方がいい?」と、率直に聞いておくのがベターです。

運転のスケジュール

意外と重要なのが「運転のスケジュール」です。要は、「目的地まで何時間かかるのか」ってことです。

1~2時間で着く距離なら、あなたが寝ていても起きていても、大した問題ではありませんよね。

しかしこれが、「一晩中運転しなければならない」というようなケースだと、多少の計算が必要になります。

例えば…

「車で10時間かかる」という場合、2人で行くなら、やはり「5時間ごとに二交代」あるいは、「2.5時間ごとに四交代」というのが理想ですよね。

助手席の人が寝ておいて、運転手の人が少しでも疲れたら交代し、助手が運転して運転手が眠りにつく… というサイクルです。

こうなると、助手席の人は、「寝てもいいか」ではなく、むしろ寝なければなりません。

しかし反対に、「助手席の人が寝ると俺も眠くなるから、助手席の人には寝ないでほしい」と、考えるタイプもいますから、当然ケースバイケースです。

「交代で運転して交代で寝る?それとも2人でずっと起きておいて、寝るときは同時に寝る?」というのを、事前によく打ち合わせておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、ドライブ中に、助手席の人が「寝るべきか・寝ないべきか」を考える上でのポイントについてご紹介してきました。

以上をまとめると…

1.
寝ないほうがいいケース

●運転手が、運転中おしゃべりを楽しみたいタイプ
●運転手が、「俺が一生懸命運転してるんだから、気持ち良さそうに寝るな!」という恩着せがましいタイプ
●運転手が、助手席が寝ていると眠くなるタイプ

2.
寝てもいいケース

●上記の3タイプでなければ、助手席は寝ても構わない

3.
寝るべきケース

●運転手が疲れたら、助手席の人と運転を代わることを事前に打ち合わせているケース

あなたが助手席で眠ったことによって、運転手から「失礼だ!」と怒られてしまうことを防ぐためにも…

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ、運転の人と事前によく話し合っておくようにしましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑