ジュースは飲ませたくない…赤ちゃんにうまく白湯を飲ませるコツ

公開日: 

赤ちゃんの水分補給

新生児の水分補給には、白湯または麦茶を飲ませるのが最も理想です。

でも、赤ちゃんにも好き嫌いがありますから、当然、白湯や麦茶が嫌いな赤ちゃんもいて、中には、まだ生後間もないのに「ジュースしか飲んでくれない」なんていう子もいます。

そこで今回は、赤ちゃんがジュースばかりを欲しがってしまった時に、赤ちゃんに上手く白湯を飲ませるためのコツについてご紹介していきます!

スポンサードリンク

ジュースをやめさせるのは難しい

赤ちゃんの水分補給の悩みで、最も多いのは…

「赤ちゃんが麦茶よりもジュースを好きになってしまい、麦茶や白湯を飲んでくれなくなった」という悩みです。

赤ちゃん用のジュースというのは、基本的に赤ちゃんが好んで飲むように作られていますから、一度飲ませてしまうとやめさせるのがなかなか大変なんですよね。

赤ちゃんがジュースが好きになりすぎてしまい、赤ちゃんが麦茶を嫌がる… なんてこともよくあります。

「赤ちゃんが欲しがるので、つい、あげてしまった」というお母さんも多く、そうなると、赤ちゃんはますます麦茶や白湯を飲んでくれなくなります。

ジュースをきっぱりやめてしまおう

大人でさえ、ジュースを飲み過ぎて、骨が弱くなったり虫歯になったりと、様々な危険性が懸念されているくらいです。

たとえ、「添加物なし」「糖質ゼロ」と書いてあったとしても、市販のものに「依存してしまう」というのは健康面の心配もありますし、何より、お金がかかってしまいますよね。

やはり、赤ちゃんの健康のためにも、経済的にも、赤ちゃんには白湯を飲んでもらうのがベストです。

そのためにはまず、赤ちゃんには極力ジュースを与えないようにしなければなりません。

今与えている人も、心を鬼にして、「もう市販のジュースを与えない」と決める必要があります。

そこで次に、赤ちゃんに確実にジュースをやめさせて、白湯を飲んでもらうようにするための方法をご紹介します。

赤ちゃんにジュースをやめさせる方法

赤ちゃんにジュースをやめさせる最も確実な方法は…

「ジュースを飲ませるたびに、少しずつ薄めていく」という方法です。

ジュースを白湯で薄めて、少しずつ白湯の状態に近づけていって、最終的に完全な白湯を飲んでもらう… ということです。

まずは実験的に、2倍に薄めてみましょう。

例えば、今まで30ccのジュースを飲ませていた場合は、半分の15ccにして、残りは白湯を足します。

これで、単純にジュースの量を半分に減らすことができたわけです。

スポンサードリンク

また、結果的に、赤ちゃんに白湯を飲んでもらうことができます。

この調子で、少しずつ薄いジュースにしていくのが、赤ちゃんにジュースをやめさせる最も確実な方法です。

市販のジュースは香りが強い

「でも、ジュースをそんなに薄めたら、赤ちゃんも飲みたくないんじゃないの?」という心配もありますよね。

でも、その点は心配ありません。

市販のジュースには、かなり強い香料が使われているため、白湯で薄めても香りだけはしっかり残っています。

そのため、白湯を足して味が薄くなっても、赤ちゃんは匂いで大好きなジュースだと思って飲んでくれるんです。

そして、この後も、段階を見ながら少しずつ白湯の量を増やしていけば…

最終的に、赤ちゃんは白湯だけでもちゃんと飲めるようになります。

ペットボトルは再利用しよう

また、リンゴ果汁などのジュースをペットボトルで買った時、空になったペットボトルは捨てずに、赤ちゃん用の白湯を入れておくようにしましょう。

ペットボトルの匂いというのは案外とれないもので、こうすると白湯に香りがついて、赤ちゃんも白湯を飲みやすくなりますから、ぜひ、試してみてくださいね。

フルーツを食べさせる

ジュースをやめさせるためのもう1つの対策としては…

ジュースの代わりに、天然のフルーツを食べさせることです。

水分の多いフルーツの代表選手といえばスイカですが、スイカは90パーセント以上が水分なので、赤ちゃんの水分補給にはうってつけです。

赤ちゃんの月齢にもよりますが、離乳食を食べられる段階であれば、常温でシャーベット状につぶしたスイカの実を赤ちゃんは食べることができます。

また、オレンジなどの柑橘系も、85パーセント以上が水分なのでおすすめです。

「赤ちゃんの水分補給が心配…」というときには、スイカや柑橘類などのフルーツも、選択肢として覚えておくと何かと重宝しますよ!

まとめ

今回は、赤ちゃんにジュースをやめさせて、白湯を飲んでもらうための方法についてご紹介しました。

最も確実で効果的な方法は、ジュースを白湯で薄めて、それを赤ちゃんに与えることです。

赤ちゃんが「白湯で薄めた」とは気づかないほど、市販のジュースには強い香りがつけられています。

ジュースには少しずつ白湯を混ぜて、段階的にジュースを薄めていくようにしましょう。

完全に白湯だけ… とはいかないまでも、白湯で薄めたジュースを飲んでくれるようになれば、ジュースの割合は確実に減らしていくことができます。

その上で、赤ちゃんの水分補給には「自然のもの」、つまり「白湯・麦茶・フルーツ」…できるだけこの3つを与えるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑