同じ質問を繰り返すのは発達障害?同じことを何度も聞く人の心理

公開日: 

同じ質問を繰り返すのは発達障害?

夫や彼氏が、「同じ質問を何度も繰り返し聞いてくる…」と、悩んでいませんか。

「同じ質問を繰り返す」をネットで検索すると、『発達障害』というキーワードがずらっと並んでいますよね。

でも、発達障害でなくても、特に男性の場合、妻や家族に対して同じ質問を繰り返すことはよくあります。

今回は、そんな「同じことを何度も聞いてしまう」男性の心理についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

発達障害なの?

まず、今回のテーマで大切なことは…

「発達障害かもしれない」という考えは、すぐに捨ててしまったほうが良いということです。

近年は、生活上のほんのちょっとした行為でも、すぐに「発達障害の可能性があります」なんて書いているネット記事があまりにも多すぎるからです。

今回の「同じ質問を繰り返す」というのもそうです。

あなたもこれまでに「同じことを何度も聞いてくるのは発達障害の人の特徴」と書いてある記事を既に数件見かけたのではないでしょうか。

何でも、発達障害にしようとする

「何でも、発達障害にしようとする」…これは、近年のネット社会の非常によくない傾向の1つです。

育児関連のサイトなどは特にそうです。

話すのが遅い、立ち上がるのが遅い…

そういったことも、一昔前なら「赤ちゃんの発達には個人差がある」という見解がほとんどで、それはあながち間違いでもありませんでした。

それなのに、「発達障害の可能性があります」なんて書かれていると、それを読んだお母さんたちは焦ってしまいますよね。

でも、実際のところ、「話すのが遅い」と言って心配していた赤ちゃんの90%以上は正常に成長しているわけですから…

「ここまで発達障害を煽っていたのは、一体何だったの?」ってことになります。

男にはよくあること

さて、前置きが長くなってしまいましたが、「同じことを何度も聞く」というのも、基本的にはよくあることなんです。

大切なのは、あなたがご主人の心理を知って、どのようにすれば、今後ご主人とうまく接していけるのか、という点です。

逆に言えば、たとえご主人があなたに同じ質問を繰り返したとしても、あなたとご主人との関係が円滑であるなら…

「発達障害かどうか」なんてことを心配するのは、無駄なことだと思いませんか?

ですので、ご主人の心理を知ることが「まず先決」ってことなんです。

では次に、同じことを何度も聞いてくる男性の心理を見ていきましょう。

1. 安心したい

「出発は10時でいいの?」「10時でいいんだよね?」こんなことを繰り返して質問する裏には…

「安心したい」という心理があります。

つまり、夫の頭では「10時だ」ということが分かっていても、あなたから「ええ、そうよ」と言われると安心できるんです。

ですので、面倒臭がらず「夫に安心を与える」ことをまずは心がけましょう。

2. 責任を恐れる

何度も同じ質問してくる人の心理として、「自分の責任にされることを恐れる」という心理があります。

極端な例で言うと、例えば夫が鍋を片付けてくれたあと…

スポンサードリンク

「鍋はこの棚でいいの?ここに入れておけばいいんだね?棚に入れておいたよ」という風に、何度も同じ質問や確認を繰り返す…というようなケースです。

このときの心理はつまり、「『鍋を片付ける』という俺の義務はもう終わったから、俺に鍋の場所を聞かないでくれよ」…ってことです。

要は、相手にとっとと任せて自分の責任を早く終わらせたい、という心理の表れなんです。

3. 変更を恐れる

また、「本当に明日行くのか?」というように、日時などを何度も聞き返す人がいます。

これは、基本的には、先ほどの「安心できない」という強迫観念とも共通するのですが、もう1つ…

「変更を恐れる」という心理があります。

せっかく立てた予定が変更になってしまうと、準備が無駄になったり損害が発生しますよね。

日時を何度も質問したり確認したりするのは、「変更しないでくれよ」ということの裏返しなんです。

あなたは夫に対して、「明日の予定はもう確定したから大丈夫よ」と答えておけば十分です。

4. 会話のきっかけ

同じ質問を何度もする人というのは、上記でご紹介した心理的な理由の他に…

「ただ単に会話のきっかけ」なんていうケースもあります。

要は、あなたと会話がしたいだけなんです。

でも、器用に振る舞えなくて、結果的に、「質問や確認」というスタイルになってしまう…というわけです。

5. 褒めてほしい

また、夫が同じことを何度もあなたに確認するとき、夫は「あなたに褒めてほしい」と考えている可能性もあります。

例えば、次のようなケースです。

夫と買い物へ行って、夫が野菜の袋を持ってくれたとします。

帰宅して、「じゃあ、野菜ここに置いておくよ」「もう置いたよ」「野菜はここに置いたからね」…

これらの確認はつまり、「野菜を持ってくれてありがとう」ってあなたに言ってほしいんです。

こういうときは、素直にお礼を言った方が夫婦の関係は円滑になりますから、もしも夫が二度三度同じことを確認してきたときは…

「ひょっとして、私にお礼を言ってほしいのかな?」と、考えてみましょう。

「さっきも聞いたでしょ!」はNG

夫が何度も同じことを質問してきたとき、あなたが「さっきも聞いたでしょ!」と言って、夫を叱ってしまうのはNGです。

夫を頭ごなしに叱ってしまうと、夫が深く傷ついて、あなたに心を閉ざしてしまう恐れがあります。

これまでご紹介してきたように、同じことを繰り返し質問したり確認したりするのには、本人の中でそうするだけの理由があるんです。

あなたに褒めてほしいのかもしれないし、あなたと会話したいのかもしれない。

ですので、まずは夫の立場に立ってみて、夫の気持ちを考えてあげるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、同じことを何度も繰り返し聞いてくる人の心理として…

  1. 安心したい

  2. 責任を恐れる

  3. 変更を恐れる

  4. 会話のきっかけ

  5. 褒めてほしい

以上5つのポイントをご紹介してきました。

「夫って、発達障害かも…」なんて疑ってみたところで、夫婦におけるメリットは全くありません。

そんなことよりも、大切なのは、あなた方ご夫婦が円満に関係を築いていくこと… たったそれだけなんです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑