3分でわかる!仮想通貨・ビットコインの意味とは?換金レートは?

公開日: 

仮想通貨,ビットコイン

「仮想通貨」や「ビットコイン」などの言葉を最近よく耳にしますよね。

でも、SNSなどで「仮想通貨やビットコインに関心はありませんか?」なんていうDM(ダイレクトメール)が送られてくると、「また新手の商法か…」なんて思っちゃいますよね。

でも、今回ご紹介する「仮想通貨」というのは、実はそうした詐欺商法まがいのものではなく…

むしろ「新たな通貨」として、今後ますます普及していく可能性が高いんです。

そのため、これらの言葉の意味を知っておかないと、若者との会話で、「えっ、仮想通貨って何?」と、話が通じなくなってしまう恐れがあります。

そこで今回は、「仮想通貨」や「ビットコイン」などに関する基礎知識が、3分で分かるよう大まかにまとめてみました!

スポンサードリンク

仮想通貨の意味とは?

仮想通貨というのは、ざっくり言うと、「ネット上のみで扱われている通貨」のことです。

普通、通貨というものは、国がそれを「通貨だ」と認めて、国の銀行が発行しますよね。

これはいわば、「リアルの通貨」です。

ネット上で使える通貨

「リアルの通貨」に対し、バーチャル、つまり仮想通貨は、民間の企業が「国の通貨」に関係なく独自に設定したものです。

ネット上の換金サイトで仮想通貨を入手をしたり、また、使用の際は「仮想通貨専用の通販サイト」だけでなく…

なんと、通販サイト最大手である「Amazon」でも、仮想通貨を使って買い物をすることができるんです。

「そんなに普及してたの?」って感じですよね。

そのため、仮想通貨を導入している通販サイトでは、ちゃんと「ビットコイン」での価格が表示されています。

「ビットコイン」の意味とは?

今回のテーマで、「仮想通貨」と並んでよく耳にするのが「ビットコイン」という用語です。

ビットコインというのは、仮想通貨の「単位」です。

「取引所」と呼ばれるサイトに登録すれば、誰でも「ビットコイン」を買えるようになっています。

BTCとは?

「ビットコイン」を実際にお金として使うときは、「1ビットコイン」と呼んだり、あるいは頭文字を取って「1BTC」と書くこともあります。

つまり、仮想通貨の世界では…

「ビットコインを取引所サイトで入手して、保有して、そのビットコインを使って、通販サイトで買い物をする」…ってことになります。

気になるお値段は?

2017年9月末現在、「1ビットコイン」は、48,000円前後で取引されています。

「えっ、そんなに高いの?」って思いますよね。

でも、仮想通貨ですから、小数点以下までしっかり管理されています。

そのため、「0.01BTC」というような非常に小さな単位であっても、「切り捨て」になったり「小さすぎてなくなる」なんてことはありません。

例えば、上記のレートで言えば、「0.01BTC」は、「約480円」ということになります。

相場は変動する?

先ほど、「1BTC=約48,000円」と書きましたが、実はこれ、2015年頃と比べると… 価値が「約2倍」にまで跳ね上がっているんです。

スポンサードリンク

2015年頃までは、1ビットコインは、2万円台を推移していました。

しかし、2017年を皮切りに、ビットコインが様々な業界で注目されるようになり、価値が急騰。

その後も右肩上がりが続いて、現在は、1BTCが約48,000円にまで上がっている… ということです。

この傾向はしばらく続くと見られており、ひょっとしたら、あなたがこれを読んでいる頃には、5万円台、6万円台になっている… なんてこともあるかもしれません。

投資は慎重に

ただしここで、「だからビットコインに投資しましょう!」というのではなく…

あくまでも、「それぐらい普及が進んでいる」…ってことです。

また、相場が変動する以上、バブルと同じですから、いつ何どき値崩れするかは分かりません。

くれぐれも、慎重に対応するようにしましょう!

仮想通貨は他にもあるの?

現在は、「ビットコイン」という用語が、まるで仮想通貨の『代名詞』のように使われていますが…

これは、「仮想通貨業界」の中で「ビットコイン」が最大手であるためです。

ビットコインのほかには…

・リップル
・ライトコイン
・モナー

などがあります。

仮想通貨は、現在アメリカなどの海外が主流ですが、このうち「モナー」は、日本で生まれた日本初の仮想通貨です。

また、日本円をビットコインに換金できるのと同様に…

「ビットコイン」を「モナー」などの別に仮想通貨に両替することもできます。

デメリットは?

仮想通貨の「現在の」デメリットは、円へ戻すことが困難である、という点です。

「取引所」と呼ばれるサイトで円に換金する手続きも可能ですが、手数料がかかります。

こうした手数料を逃れるため、「オークションで売る」「個人同士で売買する」などの方法もありますが…

いずれも、初心者には敷居が高い存在です。

それに、今のところ、リアルの店舗では「ビットコインで支払う」なんてことはできません。
(ただし今後、普及する可能性はあります)

そのため、「現在の」活用法としては、例えば…

「外であまり買い物をせず、生活用品のほとんどをAmazonで購入している」

というようなタイプの人は、ビットコインを保有するメリットは十分ある… と言えます。

今後は変わっていく?

先ほど、「現在のメリット/デメリット」という書き方をしましたが、これは、仮想通貨自体がまだ過渡期であるからです。

現在のところは、ビットコインの使用先は限られていて、しかも円への換金が困難ですから、「多額のビットコインを保有している」という状態は…

やはり「デメリットも大きい」と言わざるを得ません。

ただし、仮想通貨は日々進化を続けていますので、今後はこうしたデメリットがどんどん緩和され、さらなる普及が期待されています。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、近年急速に注目されている「仮想通貨」「ビットコイン」の意味について、駆け足でご紹介してきました。

今後、仮想通貨の普及が進めば…

若者との会話でも、これらの用語がどんどん登場してくるかもしれません。

ぜひ、覚えておくようにしましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑