地元の成人式のメリットとは?新成人の子供に帰省させるべき理由

公開日: 

地元の成人式のメリット

新成人、おめでとうございます!

新成人の子供が、県外で進学・就職をしている場合…

「子供には、成人式に帰省させるべきか否か」というのは、けっこう悩みどころですよね。

成人式には、人生の節目のセレモニーという側面と、もう1つ、子供にとっては「同窓会」という側面があります。

今回は、県外に出ている我が子に、「成人式のために帰省をさせるべきか否か」を考える際に重要となる「3つのポイント」についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

選択肢は3つある

まず、他県に住んでいるあなたの子が成人式を迎えるにあたり、その選択肢は大きく3つあります。

1.
帰省はさせず、現在の住所で成人式に出席させる。

2.
帰省させて、地元の成人式に出席させる。

3.
そもそも成人式に出席させない。

この3つです。
では、1つずつ見ていきましょう。

現在の住所で成人式

例えば、あなたの子が東京で進学又は就職しているとしましょう。

こういうとき、親はついつい…

長期休暇ってわけでもないし、成人式のためだけにわざわざ帰省してとんぼ返りしたら何万円もかかる。

だったら、今住んでる東京で成人式に出席すれば?

と、考えがちです。

実際のところ、「成人式は現在の住所で出席する」と考えている新成人も多く、一見するとかなり合理的な考えのようにも見えます。

しかし、実は…

「地元以外で成人式」というのは、ほとんどの人があとで「後悔する」ケースなんです。

「同窓会」という側面

「帰省しないと子供は後悔する」と言える理由は…

成人式には、「同窓会」という側面があるからです。

ですので、成人式なんて「ただのセレモニー」かもしれませんが…

むしろ、新成人の我が子にとっては、成人式それ自体よりも「同窓会に出席する」ということの方が重要だったりします。

現住所での成人式は後悔する

こうなると、もしもあなたの子が、地元ではなく東京など現在の住所で成人式に参加した場合…

あなたの子は、「せっかくの地元の同窓会に行けなかった」ってことになります。

「中学高校の友人が、みんな大はしゃぎで成人式の同窓会を楽しんだのに、自分は帰省できなくて同窓会に参加できなかった…」

これ、20歳の子供にとってはかなりショックです。

その後の人生に影響を及ぼすほどのトラウマになる可能性だって十分あります。

現住所の成人式には楽しみがない

もしもあなたの子が、地元ではなく現在の住所で成人式に出席してしまった場合…

新成人を祝い合う親友もいないわけですから、成人式はそれこそ「ただのセレモニー」になってしまいます。

現在の住所に「同い年の友人が多数いる」というような状況は、むしろ「レアケース」です。

地元以外の場所で成人式に出席してしまうと、多くの場合…

「誰ひとり友達がいなくて、寂しい思いをする」ことになります。

ですので、

子供が成人式に出たいなら、帰省させて「地元」で出席させる。

帰省できないなら、そもそも成人式には出席しなくていい。

スポンサードリンク

というスタンスが、一般的です。

現在の住所の方がいいケース

ただし、上記はあくまでも「一般的」なケースです。

あなたの子が、地元で「良くない思い出が多い」というような場合は…

成人式だからと言って、子供に帰省を強要するべきではありません。

例えば、あなたの子が…

中学時代にいじめられていたり、地元で友達がいなかったり、親が転勤を繰り返していて、そもそも地元がない… というようなケースです。

この場合はむしろ、子供の現在の住所で出席させる… ということになります。

高校の時の住所

「高校の時の友人が一番親しい」というケースもあります。

この場合、「高校の時の住所で成人式に出席したい」と考える人も近年は増えてきています。

学区外の市町村でも出席できる?

たとえば、あなたの子が学区外の高校に在籍していた場合…

その高校の市町村は、出生地でも現住所でもなく、「全く関係のない市町村」ってことになりますよね。

でも、これは問題ありません。

ほとんどすべての自治体は、「一人でも多くの新成人に参加して欲しい」と考えているからです。

ですので、高校のあった市の市役所に事前に問い合わせて、状況を説明してみましょう。

きっと、「歓迎ムード」で対応してくれるはずです。

結局は同窓会?

以上のケースをまとめると、成人式というのは、子供にとっては「結局は同窓会が楽しみ」ってことになります。

つまり、県外に出ているあなたの子が、「成人式で昔の友人たちに会いたい!」と考えているのであれば…

やはり、親が交通費を多少負担してでも、子供に帰省をさせてあげたほうがいい…ってことになります。

子供にとっては、人生で一度きりの「新成人の同窓会」だからです。

同窓会に興味がなければいく必要なし

反対に、あなたの子が、地元に良い印象を持っていなくて、「地元の同窓会」というものに何の関心も持っていないなら…

セレモニーのためだけの成人式なんて、はっきり言って行く意味はほとんどありません。

あなたも、「だったら、成人式なんて無理に行かなくてもいいよ」と、子供に言ってあげるようにしましょう。

せめて写真だけ…

成人式の、最も大きなメリットは「同窓会」と、もう1つは…

「写真」です。

子供が着物姿で写真を撮る機会というのは、大人になるとそうそうありませんから、「成人式が最後のチャンス」ってことになります。

やはり、成人式の時ぐらい、着物姿の写真を残しておきたいものです。

ですので、仮にあなたの子が「成人式なんて行かない!」と言った場合は…

「じゃあ、スタジオで写真だけでも撮ってみようよ」と、勧めてみるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、「子供を成人式に出席させるべきか、否か」というテーマでお話をしてきました。

結局のところ、成人式のメリットは「同窓会」と「写真」…この2つだけと言っても過言ではありません。

成人式そのものは「ただの」セレモニーなので、ほとんど何の意味もありません。

あなたは、親として…

「昔の友達に会いたいなら帰省しなさい。でも、同窓会に興味がないなら、せめて写真だけでもとっておきなさい。」

これくらいのスタンスがちょうど良いですよ!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑