大掃除で物を捨てられない理由と確実に断捨離で捨てる3つのコツ

公開日: 

断捨離

年末の大掃除を控え、「今年こそは、要らないものを全部捨てよう!」と考えていませんか。

家に大量の物があふれていると、せっかく掃除をしても、なかなか家の中がすっきりしないですよね。

スポンサードリンク

あなたの家が片付かないたった1つの理由

あなたの家が片付かない理由は、いたってシンプルです。
それは…

「捨てるべきもの」がいつまでも家に置いてあるからです。

あなたが捨てるべきものを的確に判断することができれば、あなたの家は劇的にきれいに片付けることができます。

「でも、捨てるべきものって具体的に何なの?」って思いますよね。

捨てる基準は?

ものを捨てるとき、あまり難しく考える必要はありません。

「捨てるべきか否か」を判断する基準はたった1つです。
それは…

「1年間、1度も使わなかったものは捨てる」ということです。

「必要かどうか」ではない

多くの人は、ものを捨てるべきかどうかを考えるとき、「必要かどうか」というのを基準にしてしまいがちです。

あなたもついつい、全く使いもしないものを、「これは要るものだから…」と言って、何年も保管しているのではないでしょうか。

でも、「必要かどうか」ということを考えてしまうと、ものが「捨てられなく」なってしまうんです。

なぜなら、どんな品物にしても「それが必要になる場面」というのは必ずあるからです。

ホットプレートは必要?

例えば、「ホットプレート」を例にとって考えてみましょう。

ホットプレートは、お好み焼きなどを作ったりするときには便利ですから、「お好み焼きの時に必要」ってことになりますよね。

でも、こういうことを言い出したら、全ての品物が「いつか必要になる…」わけですから…

「捨てられない!」という考えから、なかなか抜け出すことができないんです。

そこで次に、あなたの家で無駄にスペースをとっている、3つの「捨てるべき物」についてご紹介していきます!

1.一年間一度も使わなかった電化製品は捨てる

大掃除をするときは…

「この1年間で1回以上使ったかどうか」ということを基準にして考えるようにしましょう。

特に、一年間一度も使わなかった電化製品は、捨てるべき物のナンバーワンと言えます。

また、電化製品そのものだけでなく、取扱説明書や商品が入っていたパッケージ・ダンボールなども、一緒に保管してあることが多いですから…

こうなると、電化製品だけで大量のスペースを占領してしまいますよね。

今後も使わない可能性大

ですので、「いつか使う」と考えるのではなく…

「この1年間、1度も使わなかった」と考えて、この際そうした電化製品はすべて処分してしまいましょう。

先ほどの、ホットプレートの例で言えば、「この1年間、ホットプレートを使って何か料理をしたかどうか」と考えて…

1度も使っていないなら捨ててしまう、ということです。

実際のところ、この1年間で1度も使わなかったのなら、来年の1年間も「おそらく使わない」可能性の方が高いと思いませんか?

スポンサードリンク

ホットプレート以外にも、ミキサーや電気鍋、電気ストーブ、昔のゲーム機など、全く使っていない電化製品があなたの家の中に大量に眠っているはずです。

これらを全て処分すれば、家の中がかなりすっきりしますよ!

2.一年間一度も見なかったDVD・CD・本

また、意外と場所を取るのが、DVDやCD、書籍などです。

これらも、前項と同様、「1年以内に見たかどうか」と考えて、見ていないなら古本屋さんに売ってしまいましょう。

必要になった時に買えばいい

「でも、捨ててしまうなんて、もったいない」と考えるのは、ものが片付かない人の典型的な発想です。

「家に物があふれていない状態」というのは、本当にストレスのない清々しい状態です。

ですので、「使いもしない物で家が埋め尽くされている方がよっぽどもったいない」と考えるべきなんです。

いつでも買い直すことができる

また、電化製品などは家電量販店へ行けばかなり安く売っていますから…

捨ててしまったあと、どうしても必要になったときは安く買うこともできます。

DVDやCDなども同様で、「久しぶりに見たくなった」と思ったらレンタルすれば済む話です。

片付けをする上では、「ずっと保管しておく必要はない」という発想が非常に大切なんです。

3.一年間一度も着なかった服

特に女性の場合、収納スペースを最も占領してしまうのは服や靴です。

ここでも、「この1年間で、1回以上着用したかどうか」というのが捨てる基準になります。

「買った時に一度だけ着て、それ以来3年間着ていない」なんていう服がクローゼットの中に大量に眠っていませんか?

それらは全て古着屋に売ってしまって、「本当に着たい服や履きたい靴だけを買う」という風にすれば…

クローゼットの中は見違えるほどスッキリしますよ!

「まずは捨てる」という習慣を身に付ける

実際のところ、普段使うものなんてそんなにたくさんはないですよね。

衣類が2~3日分と、最低限の調理器具さえあれば生活は十分可能です。

それに、極端な話…

ある日突然、物が全部なくなって、あなたが普段使う物を全て買い直したとしても、そこまでの高額にはならないはずです。

買い直すことはいつでもできますから、「まずは捨てる」という発想が、片付けをするときには最も重要なんです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、あなたが大掃除の際に「捨てれば確実に家が片付く物」についてご紹介してきました。

捨てるときの基準は、「過去一年間に一回以上使ったかどうか」です。

この一年間に一度も使わなかった「電化製品、DVD/CD、本、服」は、この際きっぱりと捨ててしまうようにしましょう。

使わないものが家を占領していると、それだけで大きなストレスになります。

だったら、使っていないものは全て捨ててしまって、あなたが本当に使いたい物だけを所有するようにすれば…

家の中が片付くのはもちろん、「本当に好きな物だけに囲まれる、ストレスのない生活」を手に入れることができますよ!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑