話し方が「頭悪そう」に見える理由&頭良さそうに話す3つのコツ

公開日: 

話し方が「頭悪そう」

「あなたの話し方、頭悪そうに見えるよ」

と、友人から指摘されたことはありませんか。

「頭悪そう」なんて言われると、やはり傷ついてしまいますし、「直したほうがいいのかな…」って思いますよね。

そこで今回は、「話し方が頭悪そう」って、人から思われてしまう「たった1つ」の原因。

そして、あなたが「頭良さそう」と言われるための、ちょっとした「3つのコツ」についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

頭悪そうな話し方とは?

まず、「こういう話し方をすると頭が悪そうに見える」

と、世間一般に思われている「話し方」というものがいくつかあります。

えっと…
なんか…
てゆうか…
だから〇〇なんだってば

…などです。

近年では、こうした言葉を一括りにして「JK言葉」なんて言ったりしますよね。

ですので、あえて、「極端な言い方」をすると…

「JK言葉を多用しすぎると、頭悪そうに見える」ということもできます。

言葉遣いを直すべき?

もちろんこうしたJK言葉は、会社や職場など、普通の大人の社会では通用しませんから…

直せるのであれば直すに越したことはありません。

でも、そんな「言葉遣い」なんかよりも、もっと重要なことがあります。

それは…

「話し方よりも、話の内容で頭が悪そうと判断される」

ということです。

内容の方が重要

ひょっとしたら、あなたの友達は…

「頭が悪そうな話し方」という言い方をしたかもしれませんが、それはむしろ「言葉のアヤ」だと考えるべきです。

言葉遣いよりも、もっと重要なのは「話の中身」です。

つまりあなたの友人は、言葉遣いではなく、あなたの話の中身を聞いて「頭が悪そう」と判断したのかもしれない…ってことです。

言葉遣いはそこまで気にならない

例えば、

テレビで有名な学者の人が、「現代の社会問題」について話していたとします。

その時、学者が「あー、なんか…」「ていうか…」というような言い回しを使っていたら…

あなたはその学者のことを「頭悪そう」と思うでしょうか。

おそらく、そこまで気にならないのではないかと思います。

なぜなら、その学者の話を聞いている人は「話の中身」に関心があるのであって…

言葉遣いというのは、あくまでも「二の次」だからです。

話し方は二の次

また、近年では、若くしてビジネスに成功した人や、有名ユーチューバーなどがテレビに出たりすることもありますよね。

彼らの中には、いわゆる「若者言葉」を普通に話す人もいます。

でも、話し方が若者言葉でも、視聴者は彼の「ビジネスのやり方」や「ビジネス哲学」に関心があるわけです。

そのため、話し方なんて、極論すれば「誰も気にしてない」…ってことなんです。

話し方だけを直しても効果は少ない

反対に、本当に「頭悪そう」だと言われている人が、言葉遣い「だけ」を丁寧にしたところで…

スポンサードリンク

その言葉を聞いた人は、やはり「頭悪そう」と感じるはずだということです。

これは、上記の例の逆で、「話し方は上品だけど、頭悪そうな女優」を考えてみれば分かります。

その女優が、いくら丁寧な話し方をしていたとしても…

視聴者は、「話の内容」を聞いて、「この女優、頭悪そうだ」って考えますよね。

つまり、頭が悪そうに見える人というのは「話し方云々」よりも…

「話の内容や中身」に問題がある、と言えます。

では次に、あなたの「話の内容」を「頭良さそう」に見せる、ちょっとした「3つのコツ」をご紹介していきます。

読書をする

まずは、本を一冊買って読書の習慣をつけましょう。

本を読む人は、読まない人よりも確実に頭が良くなります。

「頭悪そう」と言われないためにも、通勤電車の中などではスマホを見るのではなく「本」を読んでみることをオススメします。

本の内容を引用してみる

本を読む生活に慣れてきたら、次は友人との会話などで本の内容を引用してみましょう。

「フランスの〇〇っていう作家が言ってたんだけど…」

なんて言って話し始めたら、それだけで「頭良さそう」って思いませんか?笑

自分で考えたことを話す

話すときには、頭の中で一旦考えてから話すようにしてみましょう。

初めのうちは、「考えを話す」ことに慣れないかもしれませんが、意識して考えてから話すことを心がけていれば…

「あぁ、この人はちゃんと考えているんだな」

ということが相手にも必ず伝わります。

「何も考えてなさそう」と思われる

逆に言えば、「考えてなさそう」という印象を与える人は…

往々にして、「頭悪そう」と言われがちです。

「この人、『うけるー』とか言ってるけど、本当に面白いと思って言ってるのかしら…」みたいな。

このように思われてしまうのは、相手が言ったことに対して、すぐに「だよねー」「受けるー」という風に…

何も考えず『反射的』にフレーズだけを返してしまうからです。

でも、相手の声に対して、「反射的に発声するだけ」というのでは、動物の会話と変わりませんよね。

やはり、人間同士の会話である以上…

「自分の頭で考えたことをコメントする」
という癖をつけるようにしてみましょう。

たったこれだけで、あなたの話し方は劇的に「頭良さそう」に見えますよ!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、「話し方が頭悪そう」と言われないための対処方法として…

1.
本を読む習慣をつける

2.
会話中に、本の内容を引用してみる

3.
自分の頭で考える癖をつけ、「自分が考えたこと」を話すようにする

以上、3つの方法についてご紹介してきました。

もちろん、「話し方」も大切ですが、それはむしろ「サブ・補助的」な要素です。

「頭悪そう」と言われないためには、まず、「話の中身」を充実させるように心がけてみましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑