せっかくの春休み…ママ友と花見に行きたくない!誘いを断る方法

公開日: 

ママ友からの花見の誘いを断る方法

ママ友から、休日のお花見に誘われて悩んでいませんか。

本来、春の行楽シーズンの休日は、家族のための貴重な時間です。

子供達も学校が春休みになり、パパが休みの日に一緒に過ごせるのを楽しみにしているのではないでしょうか。

それなのに、大して仲良くもない低俗なママ友たちと花見なんて… せっかくの春休みが台無しですよね。

そこで今回は、春休みにわざわざお花見を企画するママ友の心理と、誘われたときの対処法についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

インスタ映え

低俗なママ友が、こうしたお花見などのイベントを企画する最大の動機は…

「インスタ映え」です。

もちろん、「ママ友同士の親睦を深める」なんていう理由もあるでしょうが、そんなものは所詮あと付けです。

親睦を深めるだけなら、わざわざ花見で大混雑する時期に桜なんて見に行かなくてもいいですからね。

桜の写真を撮りたい

つまり、ママ友たちの心理は…

花見を企画することでお花見の写真を撮影し、インスタグラムなどのSNSに投稿したい… という願望です。

近年では、こうした「きれいな写真」全般を指して、「インスタ映え」なんていいますよね。

要は、花見のきれいな写真を撮影して投稿すれば、インスタグラムの自分のページが映える(きれいに見える)…

ただ、それだけのことなんです。

あなたは、「インスタ映え」なんていう、こんなくだらない動機のために、貴重な春休みの時間を割くべきではありません。

リア充アピール

でも、「インスタ映え」だけだったら、桜の写真だけ撮って投稿すれば済む話ですよね。

どうして彼女たちは、「ママ友同士のお花見」に、こうまでしてこだわるのでしょうか。

それは、「リア充アピール」です。

お花見は、彼女たちにとって…

「こんなにも多くの友だちに囲まれて、楽しそうにお花見をしている」

という、リア充アピールとしての目的もあるんです。

リア充アピールのためには、人数は少ないよりも多い方が圧倒的に「楽しそう」に見えます。

楽しそうなお花見なら、当然、「いいね」もたくさんもらえるでしょう。

そのため、ママ友たちは「頭数」確保のために、手当り次第声を掛けている可能性があります。

しかし、「リア充アピール」なんて、これまたあなたには何も関係のない事情ですよね。

あなたは、そんなものに付き合う必要は一切ありません。

つながりを確認したい

また、こうした幼稚なママ友たちは…

「ママ友同士のつながり」
「クラスの保護者の一体感」

スポンサードリンク

というものを求める傾向にあります。

しかし、幼稚園のママ友なんて、長くてもたかだか3年の付き合いです。

小学校に上がれば、そんなものは跡形もなく消し飛んでしまいます。

実際のところ、あなたの周囲で、「ママ友の中で一生の親友が見つかった」なんて言ってる人を見たことありますか?

おそらく、1人もいないのではないかと思います。

つまりは、それがママ友というものです。

子供が同じ園に通っている間だけの「期間限定」の関係です。

わざわざお花見なんて参加して、そんな薄っぺらいつながりを確認し合う必要なんてありません。

家族を優先しよう

特に、桜の時期というのは…

子供も春休みで、新入学や進級のお祝いなども必要になりますし、パパもせっかく仕事が休みなのですから、家族の時間を大切にしたいものです。

そんなときに、ママ友同士のイベントなんて、まさに無駄の極み。

参加する値打ちは、これっぽっちもありません。

ママ友同士のお花見なんてスルーして、あなたは大切な家族を優先するようにしましょう!

ママ友の花見の断り方は?

ママ友からのお花見の誘いを断る上で、重要なポイントは「たった2つ」です。

それは…

・「絶対断る」という軸をブレさせない
・あれこれ言い訳せず、理由だけを簡潔に述べる

この2点です。

「絶対に断る」と決める

まずは、あなたの中で「絶対に断る」という強い意思がなくてはいけません。

この軸がブレてしまうと、せっかくあなたが勇気を出して断ろうとしても…

「せっかく年1回の機会なんだから、参加してみようよ」

などと、ママ友から言われたときに、「説得」されてしまう恐れがあります。

ママ友からの説得に乗せられないよう、きちんと「断る意思」を強く持っておくようにしましょう。

理由をあれこれ言わない

「花見を断る意思」さえ定まっていれば、断るための理由をあれこれ話す必要はありません。

「その日は、夫の実家で用事がある」

と、一言できっぱりと断るようにしましょう。

理由や説明を長々と話してしまうと、狡猾なママ友は…

「そんなの、他の日にずらせないの?」

なんてことを言ってくる可能性があります。

また、相手にも無駄な期待を持たせてしまいます。

「○○だから、行けない」と、一言で断るのがベストです。

まとめ

いかがでしたか。

ママ友同士のお花見なんて、ハッキリ言って時間の無駄です。

どうせお花見に行くのなら、子供を連れてパパや祖父母と一緒に出かける方がよっぽど価値的です。

ママ友からお花見に強引に誘われそうになった時は、ぜひ、参考になさってみてくださいね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑