赤ちゃん便秘の4つの解消法~綿棒浣腸は必要ないと言える理由

公開日: 

赤ちゃん便秘の4つの解消法

赤ちゃんの便秘で悩んでいませんか?

泣きながら、必死になって便をいきんでいる赤ちゃんを見ていると、なんだかとても可哀想になりますよね。

近年は、ネット記事などの影響もあり、赤ちゃんのうんちが出ないと、すぐに浣腸をしようとするお母さんが増えています。

でも、便秘のたびに浣腸だと、根本的な解決にならず、またすぐに便秘になってしまいます。

そこで今回は、赤ちゃんの便秘を抜本的に改善するための、効果的な対処法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

綿棒浣腸は必要?

最近は、綿棒浣腸が有名になり、赤ちゃんのうんちが出ないと、すぐに綿棒で浣腸をしようとする風潮があります。

綿棒浣腸を知らない人のために、簡単に説明しておくと…

綿棒の先に、オリーブオイルなどの潤滑油をつけておき、綿棒で肛門の周りをちょこちょこっとなでたり、少し中に入れたりして、溜まった便を出しやすくする…

これが「綿棒浣腸」です。

綿棒浣腸は、非常手段

しかし、浣腸をあまりし過ぎると、肝心の「自力排便」の練習ができません。

そうなると、赤ちゃんは、その後も便がちょっと固くなるたびに、便秘で苦しまなければいけなくなります。

また、浣腸をあまり頻繁に行うと、肛門の粘膜を傷つけたり、便が緩くなって漏れやすくなったり、という恐れもあります。

・綿棒浣腸は、あくまでも非常手段

そのように覚えておきましょう。

それでは次に、赤ちゃんの便秘解消に効果的な4つの対処方をご紹介します。

1.白湯

お手軽な便秘の解消法として、昔からよく知られているのは白湯(さゆ)です。

白湯とは、何も入れないただのお湯ですが、白湯を飲むことで便秘は大幅に改善されます。

白湯は、赤ちゃんだけでなく大人の便秘にも効果的なので、もしもあなたも便秘気味で悩んでいるのなら、ぜひ試してみてください。

白湯を飲むタイミング

大人の場合、一番いい便秘解消法は、朝起きた直後に1杯の白湯を飲むことです。

白湯が腸を温め、腸が活性化して、便秘を解消してくれるからです。

理想は、朝起きた直後と夜寝る前の1日2回ですが、朝1杯の白湯だけでもかまいません。

以上は、大人の場合ですが、次は本題の赤ちゃんの場合。

赤ちゃんはご存知のように1日に何度も寝ますよね。大人のように、夜寝て朝起きるというのとは違います。

したがって、白湯を飲ませるタイミングを特に決める必要はありません。

ミルクをあげるタイミングで、白湯だけを入れた哺乳瓶を赤ちゃんに渡して、ミルクのつもりで飲ませると飲ませやすくなります。

白湯のメリット

白湯の最大のメリットは、簡単でお金がかからないことです。

たった1杯のお湯で、

・赤ちゃんの腸の働きが活性化され
・便秘を解消し
・水分補給もできる

まさに良いことずくめだと思いませんか。

スポンサードリンク

白湯は、赤ちゃんの便秘が解消された後でも、毎日哺乳瓶に入れて、継続して飲ませることをおすすめします。

便秘の原因は?

赤ちゃんが便秘になるのは、腸内で水分が吸収されるときに、便の水分がなくなって固くなりすぎるからです。

そのため、粉ミルクをメインで育てている赤ちゃんは要注意です。

実際、便秘がちの赤ちゃんのほとんどが、粉ミルクがメインの赤ちゃんです。

粉ミルクは、水と粉を混ぜたものですから、水が吸収されると「粉」だけが腸内に残ります。

いわば、べちゃっとした粘土のような状態ですが、赤ちゃんの腸内が絶えずこの状態だとやがて便秘になってしまいます。

また、粉ミルクに限らず、ココアやコーンスープなど、粉系のものは腸内で固まりやすく、便秘になりやすいんです。

2.母乳の割合を多くしてみる

もしも赤ちゃんが頻繁に便秘になるようなら、粉ミルクを減らして母乳の割合を多くしてみましょう。

これだけでも、腸内に滞留する粉末の割合が減りますから、便秘解消には効果があります。

また、母乳には、お母さんが食べた様々な栄養分や、食物繊維なども含まれていますから、母乳を飲ませるだけでも、便はその分だけ柔らかくなって出やすくなるんです。

3.オリゴ糖を混ぜてみる

便秘解消には、母乳が最も効果的ですが、どうしても粉ミルクをメインにしなければならない、という事情ももちろんありますよね。

そういうときは、粉ミルクにオリゴ糖を混ぜてみましょう。

オリゴ糖には、整腸作用があることが知られていて、大人の健康食品としても有名です。

体に優しいものですから、赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませても問題ありません。

ただしこのときは、できるだけ添加物のない、純度の高いものを選ぶようにしましょう。

4.バナナと大根

もしも、離乳食を始めている段階であれば、バナナと大根の割合を増やしてみましょう。

バナナと大根は、いずれも食物繊維が豊富で、適度に甘みがあり、離乳食で使われる定番の食材です。

大根を食べさせただけで便秘が治った、というお母さんもいるほどですから、赤ちゃんが食べられそうなら、ぜひ食べさせてみましょう。

赤ちゃんが離乳食を食べない場合は…

お母さんが朝バナナと大根を食べて、その日に母乳を飲ませるだけでも効果があります。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、赤ちゃんの便秘の原因と、その対処法についてご紹介してきました。

便秘の原因は食事ですから、綿棒浣腸だけをやり続けても、根本的な解決にはなりません。

効果的な対処法としては…

1.白湯を飲ませる

2.母乳の割合を増やす

3.粉ミルクにオリゴ糖を混ぜる

4.バナナと大根を食べさせる、またはお母さんが食べて母乳をあげる

などがあり、いずれも食事から改善していく方法です。

これが最も効果的で、理にかなっています。

ウンチが出なくて苦しんでいる赤ちゃんを見るのは本当につらいですよね。

食事内容を改善して、1日も早く赤ちゃんの便秘を解消してあげてくださいね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑