BBQで必要な持ち物は?火のつけ方やオススメのレシピ

公開日: 

バーベキュー

もうすぐ夏本番!楽しみなイベントといえば海や河原などで皆でワイワイやるBBQですね♪

ちょっとしたポイントを押さえて準備しておけば、注目の的間違いなしです!

BBQを思いっきり楽しむために必要なことをまとめたので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

BBQで必要な持ち物

まずはBBQに必要な持ち物をピックアップしました!
定番の物から、あると便利な物までご紹介します。

・軍手

火をおこしたり熱い物を持つ時に必ず必要です。
何組かあると便利です。
必ず持っていきましょう!

・ウェットティッシュ&トイレットペーパー

BBQは何かと手が汚れます。
ウェットティッシュはお手拭き替わりにもなり、あると非常に役に立ちます。

また、トイレットペーパーは手を拭くだけでなく、油を拭いたりするのにも良いですね。
本来の使い方として、トイレにトイレットペーパーが無い時だって水に流せるのもポイントです。

・着火剤

ライターやマッチ、チャッカマン等、火がつけられるものはマストです。
マッチの場合は多めに用意しておくとよいでしょう。

・ビニール袋、ゴミ袋

ゴミをまとめたり、余った食材を持ち帰る用などにあると便利です。
ゴミを分別できるように、いくつか用意しておきましょう。

・紙皿、紙コップ、割りばし

意外と忘れがちなこの3点。持っていくと気が利く人アピールできますよ♪
100均で購入できるので、ぜひ準備しておきましょう。

・虫よけスプレー、日焼け止め

気が付いたら蚊に刺されていた!ということがないように、虫よけスプレーをしっかりしておきましょう!
日差しが強い場合は日焼け止めも忘れずに。
当日忘れた人にも貸せるように持って行ってあげましょう。

・マジックペン

大人数の場合、紙皿や紙コップが誰の物か分からなくなりがちですよね。
そんな時のためにペンで名前を書いておくと便利です。
ゴミを分別するときにもゴミ袋に書いておくとよいですよ。

スポンサードリンク

・冷えピタ

熱中症対策にもなりますし、飲みすぎて酔っぱらってしまった人にもよいですね♪
女の子は持っていくと女子力UPですよ♪

・ファブリーズ

焼いたお肉の臭いって、服に付いたらなかなか取れませんよね…
そんな時にファブリーズをシュッとひと吹きしちゃいましょう!
これで帰り道も臭くありません。

・携帯用スピーカー

音楽を流してもよい場所であれば、あらかじめスマホやタブレットなどに音楽を入れておけばスピーカーに繋いで音楽を楽しめます♪
カフェ風の曲を流せば、オシャレな雰囲気のBBQになること間違いなしです!

火のつけ方

BBQで苦戦しがちなのが火おこしですよね!
中々火がつかなくて困った経験はありませんか?

お肉が焼けないことにはBBQが始まりません!
次に紹介する方法なら、うちわが無くても簡単に火を起こすことが出来ますよ。

1.まずは屋外でコンロを設置します。
2.新聞紙を棒状にねじり、それを10本程用意します。
3.コンロに、小さめの炭を2~4つ程置きます。
4.その上に新聞紙を「♯」の形に置いていきます。
5.新聞紙の回りを囲うようにして、大きめの炭を置きます。
6.新聞紙に火をつけて、上から炭でフタをします。
7.5分ほどすると火が付きます。

この方法であれば割と簡単に火が付きますよ♪
ぜひTRYしてみて下さい。
火が付くまでは、炭をいじらないようにしましょう!

BBQにオススメのレシピ

BBQではお肉や野菜を焼くと思いますが、それだけではツマラナイので、ここでは一工夫したレシピをご紹介します。

・アヒージョ

<用意する物>
アルミの皿、エビ、野菜、オリーブオイル、市販のアヒージョの素

材料をすべて混ぜ、アルミの皿に入れて焼くだけ!簡単なのにオシャレで美味しいです。
パンを持っていけば、パンに付けて食べるのも良しですね。

・マシュマロ

<用意する物>
マシュマロ、くし

くしにマシュマロを差して焼くだけ!
こんがり焦げ目がついたらトロトロのマシュマロを楽しんで下さい!

・チーズフォンデュ

<用意する物>
アルミの皿、チーズ

アルミの皿にチーズをのせてぐつぐつするまで焼くだけです。
焼いた野菜やお肉につけても絶品です!

まとめ

いかがでしたか?
準備に一工夫するだけでBBQでの注目の的になれるかもしれません!
この季節にしか楽しめないイベントですので、ぜひ準備万端でいきましょうね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑