七夕の由来や笹飾りの作り方は?七夕に食べたい料理レシピなど!

公開日: 

七夕

7月7日は「七夕」ですね!
毎年、笹を飾り短冊に願い事を書いている人も多いと思います。

しかし、七夕について実はあんまり詳しくない人も多いのではないでしょうか?
七夕の由来や意味、なぜ笹の葉を飾るのか?
等々・・・

ここでは、改めて七夕の行事について詳しく確認してみたいと思います。
七夕の意味を再度よく知ることで、より七夕のイベントを楽しむことが出来ますよ♪

スポンサードリンク

七夕の由来

七夕は、皆さんご存知の通り7月7日に行われているイベントです。

笹の葉を飾って短冊に願い事を書いて結んだり、織姫と彦星が1年に1度だけ会える日等のイメージがあると思います。
地域によっては、願い事をつるした笹を燃やしたり、あるいは海に流したりする場所もあります。

七夕の由来には3つの説があるといわれています。

「棚機(たなばた)」の由来

1つ目は日本で昔からの風習であった「棚機津女(たなばたつめ)」という信仰による由来です。

棚機は神事でつかう着物を織るための折り機の名前です。
棚機を使うのは、その時に選ばれた乙女のみとされており、その乙女のことを棚機女と呼んでいました。

棚機女は、着物を折り、神様にお供えしていました。
この行事はお盆の一貫として7月7日に行われるよう日に変化していき、棚機からの当て字で「七夕」と呼ばれるようになったと言われています。

「織姫と彦星」の由来

2つ目は七夕の季節になると一番キレイに輝く、天の川を挟んで並ぶ2つの星「織姫と彦星」にちなんだ由来です。

神様の娘である織女は、神様である父の計らいで彦星と結婚しました。
織姫と彦星はとっても仲が良く、毎日遊んでばかりいました。
そのうち、全く仕事をしなくなったことで、見かねた神様は2人を離れ離れにしてしまいます。

しかし、彦星に会えないことで泣いてばかりいる織姫を不憫に思い、神様は年に1度だけ彦星に会う許可をしたというおとぎ話があります。
この2人が会える日を7月7日とした事が「七夕」のはじまりという説になります。

「乞巧奠(きこうでん)」の由来

最後は乞巧奠(きこうでん)という中国の風習に関係した由来です。

スポンサードリンク

中国の女性が手芸や裁縫の上達をお祈りするという行事でした。
日本には奈良時代に伝わり、7月7日の織女星が一番キレイに輝く夜にお供え物をしてお祈りをしたそうです。

七夕の笹飾りの作り方

笹が出来る竹は、まっすぐと成長し天にむかって育っていく植物です。
笹の葉は天の近くで風に揺られサラサラと音を出しますが、この音がご先祖様の霊を呼ぶとされているんです。

願いがちゃんとご先祖様に届く様にと、笹の葉が七夕に使われるようになりました。
笹に願い事を書いて結びつけるのは、日本独自の文化で、江戸時代には庶民に広まったと言われています。

笹は、最近では時期になると手軽に手に入るようになりました。
本物の笹は、お花屋さん、ホームセンター、スーパー等で手に入ります。

笹を長持ちさせるためには、霧吹きなどで水分を与えたり、根本をバケツに張った水につけたりするなど、水分を保つことがポイントとなります。
家に置く場所が無かったり、もっと手軽に楽しみたい場合は、最近では100均にプラスチック製の小さい笹も売っていますよ。

短冊に願い事を書いて吊るすのはもちろん、折り紙でわっか綴りを作るのも華やかでオススメです。
わっか綴りは折り紙を縦に8当分ぐらいに切って、1本ずつ輪っかにしてのりで止めて、いくつも輪を繋げれば完成です。

七夕に食べたい料理レシピ

七夕と言えば、そうめんを食べるご家庭が多いかと思います。
もともと中国で食べられていた説もありますし、そうめんを天の川に見立てていたりする説もあります。

日本では、全国乾麺協同組合連合会によって「七夕・そうめんの日」と定められてもいるんですよ!
七夕の時期は、スーパーでそうめんをたくさん見かけるはずなので、ぜひ美味しく食べましょう!

そうめんを普通にめんつゆで食べても美味しいですが、ここではオススメのそうめんレシピをご紹介しちゃいます!

・サラダ風そうめん

茹でたそうめんの上に、色とりどりの野菜や、星形に型抜きした人参やハムをのせていただきましょう!
見た目も華やかで皆でワイワイシェアしながら食べられるのでオススメです♪

・めんつゆジュレでさわやかそうめん

ストレートのめんつゆを粉寒天でジュレ状にし(硬さはお好みで)そうめんと一緒に盛り付けるだけで完成です。
星形のガラスの器なんかに入れると、とっても七夕っぽくなりますよ。

まとめ

いかがでしたか?
七夕について、詳しく知らい人にはぜひ教えてあげて下さいね。
ロマンティックな七夕というイベントを、ぜひ楽しんじゃいましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑